ニュース
» 2015年10月07日 14時49分 UPDATE

トヨタ、2020年めどに自動運転を実用化へ

トヨタは10月6日、開発中の自動運転実験車(Highway Teammate)のデモ走行を首都高で実施した結果を明らかにした。合流や車線維持、レーンチェンジ、分流を自動運転で実現したという。2020年ごろの実用化を目標に、研究開発を加速する。

[ITmedia]

 トヨタは10月6日、開発中の自動運転実験車(Highway Teammate)のデモ走行を首都高で実施した結果を明らかにした。合流や車線維持、レーンチェンジ、分流を自動運転で実現したという。2020年ごろの実用化を目標に、研究開発を加速する。

photo 自動運転実験車(Highway Teammate)

 車載システムが地図情報との照合により自車の位置を高い精度で把握するという。また、車両に搭載した複数のセンサーにより、周辺障害物や周辺車両の状況を認識し、目的地に応じたルート選択やレーン選択を実行。「認知・判断・操作」という自動運転の重要プロセスを高い次元で行い、人間が運転しているかのように自動で操作することを可能にしたという。

photo 2020年頃の実用化を目指す

 今後、自動運転の実現に向け、高度な認識・予測判断を行う「運転知能」(Driving Intelligence)、車車間・路車間通信を活用し、安全運転を支援する「つながる」(Connected Intelligence)、ドライバーの状態認識、ドライバーとクルマの運転の受け渡しなどを行う「人とクルマの協調」(Interactive Intelligence)──の3領域に注目していく。

photo
photo
photo

関連キーワード

自動走行車 | 自動車 | 研究開発 | 車載 | 安全


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -