ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「自動車」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
誠Style:クルマ・バイク
質問!車→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で車関連の質問をチェック
「自動車」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

車載情報機器:
インフォテインメントは乗員みんなで使う、日産が進めるナビとスマホアプリの連携
日産自動車は、「インテリジェントモビリティ」の要素の1つで、つながる便利さを提供する「インテリジェントインテグレーション」の取り組みの一環で、出発前から到着後まで、車内外の体験をシームレスにつなげるパーソナルサービスの開発を進める。その例が「コネクテッドアプリコンセプト」だ。(2019/11/15)

シンプルだけど画期的かも 14歳の少女が考案したクルマの意外な死角を解消する方法がすごい
ウェブカメラとプロジェクターを組み合わせた発想。(2019/11/15)

製造マネジメント インタビュー:
急速な合従連衡と混迷極まる地政学的リスク、自動車業界のゆくえを聞く
自動車業界の再編が加速している。直近の動きを振り返ると、2019年10月30日には日立オートモティブシステムズ、ケーヒン、ショーワ、日信工業が経営統合を発表。続く同月31日にはFCAとGroupe PSAが、さらに続く11月1日にはアイシン精機とアイシン・エィ・ダブリュが経営統合に向けて基本合意したことを相次ぎ発表した。(2019/11/14)

日産はテクノロジー部門も:
日産「デイズ」、三菱「eKワゴン」が受賞 RJCカーオブザイヤー
日本自動車研究者ジャーナリスト会議(RJC)が主催する、2020年次「RJCカーオブザイヤー」に、日産自動車と三菱自動車が共同開発した軽自動車「デイズ」(日産)と「eKワゴン」(三菱)が選ばれた。(2019/11/13)

FAニュース:
最大リーチ2951mmの中空スポット溶接ロボット、自動車ボディーや部品溶接に活用
安川電機は、スポット溶接用途のロボット「MOTOMAN-SP」シリーズの新製品「MOTOMAN-SP225H-135」を発売した。最大リーチが2951mmとなり、より広範囲の溶接が必要な工程に対応した。(2019/11/13)

電車の帰宅ラッシュを避けて新型「スカイライン」で家に帰ろう 日産自動車がユニークな試乗体験会を限定開催
高速道路に乗れば、手放し運転も体験できます。(2019/11/12)

東京モーターショー2019:
ベンチャーの駆動系にエアレスタイヤ、3Dプリントシャシー、未来のトラックの形は
日野自動車はモビリティプラットフォーム「Flat Former(フラットフォーマー)」を「第46回東京モーターショー2019」(会期:2019年10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)で披露した。現時点では実際に動く車両ではないが、将来的に実現可能性の高い技術を取り入れて未来のトラックの形を示した。(2019/11/12)

CAEニュース:
自動車用照明設計ソフトウェアの最新バージョンを提供開始
サイバネットシステムは、自動車用照明設計ソフトウェアの最新バージョン「LucidShape 2019.09」の提供を開始した。リフレクターの光利用効率を最大限にする「自由曲面設計機能」などを追加した。(2019/11/12)

スマホで撮影、AIが約30秒で自動車修理費を自動見積もり――損保ジャパン、自動車保険の補償額見積もりサービスを開始
損害保険ジャパン日本興亜は、自動車保険契約者向けの事故対応サービスとして、スマホで撮影した事故車両の画像からAIが概算修理金額を見積もりする「SOMPO AI修理見積」を公式LINEアカウント内で開始した。約30秒で修理金額が分かり、保険金支払い手続きも30分程度に短縮できる。(2019/11/11)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ヤリスとトヨタのとんでもない総合力
これまで、Bセグメントで何を買うかと聞かれたら、マツダ・デミオ(Mazda2)かスズキ・スイフトと答えてきたし、正直なところそれ以外は多少の差はあれど「止めておいたら?」という水準だった。しかしその中でもトヨタはどん尻を争う体たらくだったのだ。しかし、「もっといいクルマ」の掛け声の下、心を入れ替えたトヨタが本気で作ったTNGAになったヤリスは、出来のレベルが別物だ。(2019/11/11)

モノづくり業界転職トレンド(14):
ベンチャーに転職するメリットとデメリット
新規参入が難しいとされてきた自動車業界だが、CASEやMaaSなど新しい概念による変革の波とともにベンチャーも台頭してきている。今回は自動車業界におけるベンチャーへの転職のメリット、デメリットなどについて、転職コンサルタントに話を聞いた。(2019/11/11)

スタートアップの勢いにも期待:
戦いの火ぶたが切られたエッジAI市場
人工知能(AI)は過去2年間で、世界的なメガトレンドへと変化した。機械学習は、消費者や自動車、産業、エレクトロニクス全般など、ほぼ全てに何らかの形で影響をもたらしている。さらに、私たちがまだ、うかがい知れない方法で社会や生活に影響を与えると思われる。(2019/11/11)

電子ブックレット(オートモーティブ):
東京モーターショー2019会場レポート【自動車メーカー編】
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、「東京モーターショー2019会場レポート(自動車メーカー編)」をお送りします。(2019/11/11)

12月6日に最終選考:
今年のクルマ、トップ10台が決定 日本カー・オブ・ザ・イヤー
「2019-2020 日本カー・オブ・ザ・イヤー」の最終選考に進む「10ベストカー」が発表された。12月6日の最終選考会を経て、“今年の1台”が決定する。(2019/11/8)

自動車のキズ、へこみをAIが解析 30秒で修理費用を見積もるサービス開始
損保ジャパン日本興亜とイードリーマーが、損傷を受けた自動車の画像をAIが解析して修理費用を見積もるサービス「SOMPO AI修理見積」始めた。キズやへこみの画像をAIで解析し、30秒で修理費用を自動見積もりする。(2019/11/8)

製造マネジメントニュース:
仕入れ先にトヨタの保全マンを派遣、「原価は一緒に作り込む」
トヨタ自動車は2019年11月7日、東京都内で記者会見を開き、2020年3月期第2四半期(2019年4〜9月期)の決算を発表した。売上高は前年同期比4.2%増の15兆2855億円、営業利益は同11.3%増の1兆4043億円、当期純利益は同2.6%増の1兆2749億円となった。営業利益率は前年同期から0.6ポイント改善して9.2%だった。(2019/11/8)

「本田のおやっさん、ありがとう」 昔、日本では「赤いクルマ」が禁止だった
そのままだったら、真っ赤なポルシェ様やフェラーリ様はどうなっていたのでしょうね。(2019/11/8)

WP29サイバーセキュリティ最新動向:
自動車メーカーに選ばれるのは、セキュリティを理解したサプライヤーだ
本連載では、2019年9月の改訂案をベースにOEMに課されるWP.29 CS Regulationsのポイントを解説し、OEMならびにサプライヤーが取り組むべき対応について概説する。今回は自動車のサイバーセキュリティに必要な組織づくりや、開発フェーズでのプロセス構築について説明していく。(2019/11/5)

全体は25%マイナス:
消費増税でも新型「カローラ」好発進、「N-BOX」は首位維持するも苦戦 10月の新車販売ランキング
10月の国内新車販売は、消費税率引き上げの影響で冷え込む中、9月にフルモデルチェンジしたトヨタ自動車の「カローラ」が、前年同月と比べて約3割増加した。ホンダの軽自動車「N-BOX」は26カ月連続トップと強いが、販売台数は2割以上減らした。(2019/11/7)

MONOist×AUTOMOTIVE JOBS:
【2019年版】役員報酬ランキング―日産元会長がダントツ1位【自動車メーカー】
上場企業は、年間で1億円を超える報酬を得た役員の名前と金額の開示が義務付けられています。2018年度の有価証券報告書をもとに国内自動車メーカー9社を対象に調査したところ、1億円以上の役員報酬を受けた役員は19名でした。(2019/11/7)

東京モーターショー2019 インタビュー:
トヨタの未来の愛車づくりは、「愛車」が伝わらないところから始まった
AIエージェントはどのように人を理解し、クルマを愛する気持ちを喚起するのか。AIエージェント「YUI」を搭載したコンセプトカー「LQ」の開発責任者であるトヨタ自動車 トヨタZEVファクトリー ZEV B&D Lab グループ長の井戸大介氏に話を聞いた。(2019/11/7)

「技術の日産」の魂は、死んでいない アライアンスの行方は?
日産自動車経営陣の新体制が固まった。3頭体制への期待は高いが、その周囲の役員の間にはさまざまな思惑がうごめいているという情報もある。日本とフランスの国策企業というプライドが、足を引っ張りあっていくなら、良いクルマやサービスも生まれない。(2019/11/7)

電気自動車:
電気自動車の蓄電池を遠隔から充放電、VPPに活用するV2G実証
東北電力、日産自動車、三井物産、三菱地所、リコージャパンは、電気自動車の蓄電池を電力系統に接続して充放電を行う技術(V2G)の実用化を目指し、2018年度に引き続き共同で実証プロジェクトを行うと発表した。(2019/11/6)

車載情報機器:
日産インテリジェントルームミラーが2020年春に次世代版、夜間の見え方改善
日産自動車は2020年春から次世代版の「インテリジェントルームミラー」を展開する。カメラの高画質化やディスプレイの画素密度向上、4枚の画像を合成するハイダイナミックレンジ(HDR)によって、夜間の視認性を特に高めた。(2019/11/6)

メトロサークは、材料開発から立ち返って改良:
MLCC市場「全体的に回復が遅れている」村田製作所
村田製作所は2019年10月31日、東京都内で2020年3月期(2019年度)第2四半期の決算説明会を行った。同社の2019年度第2四半期累計(4月〜9月)売上高は前年同期比3.5%減の7609億円、営業利益は同12.9%減の1214億円、純利益は同16.2%減の907億円となった。中国を中心とした世界景気の減速による自動車やスマートフォンの生産台数減が影響した。同社の専務執行役員コンポーネント事業本部長、井上亨氏は、主力のMLCC(積層セラミックコンデンサー)について、「全体的に市場回復が遅れている。特に車載向けは想定以上に長引いており、回復までもう少し時間がかかる」と話していた。(2019/11/5)

クルマのワイパー稼働から降雨状況を把握、ウェザーニューズとトヨタが実証実験
低い位置の雲が降らせる雨や霧のように細かい雨など、一般的な雨雲レーダーでは捉えられない降雨を、ワイパーの稼働状況から把握する。(2019/11/5)

EVの蓄電池を再利用してVPP構築、再エネの出力変動対策や需給調整に活用
中国電力、明電舎、マツダの3社は、電気自動車の駆動用バッテリーをリユースした定置型蓄電池システムを活用したバーチャルパワープラント(VPP)実証試験に共同で取り組むと発表した。(2019/11/5)

日産が新車で反転攻勢へ 成否のカギはラグビー日本代表にあり
新車発売の遅れが指摘されてきた日産自動車が令和2年以降、新車攻勢で反撃に打って出る。(2019/11/5)

車載半導体:
粗悪な交換部品がクルマに使われないようにする、ICでセキュア認証
Maxim Integrated Products(マキシム)は2019年10月31日(現地時間)、セキュア認証用車載ICの新製品「DS28C40」を発表した。(2019/11/1)

東京モーターショー2019:
EV・自動運転時代でブレーキはどうなる? 新たな「止まる」の在り方
「第46回東京モーターショー2019」(会期:2019年10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)に出展した自動車部品メーカーの展示から、機械式ブレーキ(摩擦によるブレーキ)の電動化を支える技術や次世代の摩擦を用いないブレーキなど、これからのクルマを支えるブレーキの姿を紹介する。(2019/11/1)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
東京モーターショーで見ておくべきものは?
海外メーカーの撤退が相次いだ東京モーターショー。しかしユーザーとして、あるいは自動車産業に何らかのつながりを持つビジネスパーソンにとっては、多くのメーカーがこぞって商品を持ち寄る場であり、普段なかなか確認できない業界動向を直接観察するチャンスであることは変わりない。見どころを一気に紹介する。(2019/11/1)

製造マネジメントニュース:
アイシン精機とアイシンAWが経営統合、トヨタも合意済み
アイシン精機とアイシン・エィ・ダブリュは2019年10月31日、経営統合することに基本合意したと発表した。トヨタ自動車が保有するアイシン・エィ・ダブリュ株式全数を自己株式取得した後、アイシン精機とアイシン・エィ・ダブリュが合併する。(2019/11/1)

な、なんだコレは!? 東京モーターショー2019で出会った「輝きまくるド派手なクルマ」たち【写真56枚】
ピンクに金ピカ、ギンギラギンとか、魔改造とか痛車とか〜♪(2019/10/31)

実は多様な用途に使える?:
指でも動かせる空中映像、自動車からの引き合い多く
空中映像システムの開発を手掛けるパリティ・イノベーションズは「CEATEC 2019」(2019年10月15〜18日、幕張メッセ)で、空中に映像を表示するシステムのデモを展示した。(2019/10/31)

日立・ホンダが自動車部品メーカー統合を発表
電動化や自動運転などの次世代技術への対応を迫られる中、合併で各社の強みを統合。相乗効果を発揮させ、世界で激化する開発競争での生き残りを図る。(2019/10/31)

製造マネジメントニュース:
「電動化ナンバーワン」のメガサプライヤー誕生、日立AMSとホンダ系3社で
日立製作所と日立オートモティブシステムズ、ホンダ、ケーヒン、ショーワ、日信工業は2019年10月30日、東京都内で会見を開き、サプライヤー4社を経営統合すると発表した。経営統合により、自動車の電動化や自動運転技術の分野で競争力の高いソリューションを提供すべく、リソースを確保する。(2019/10/31)

車載ソフトウェア:
車載LinuxオープンソースプロジェクトにSAICが加入、中国自動車メーカーとして初
Automotive Grade Linuxに、中国のSAIC Motorなど7社が新たに加盟した。中国の自動車メーカーの参加は初となる。(2019/10/31)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
スバルはこれからもAWD+ターボ+ワゴン
スバルは東京モーターショーで新型レヴォーグを出品した。レヴォーグはそもそも日本国内マーケットを象徴するクルマである。スバルは、日本の自動車史を代表するザ・ワゴンとして、レヴォーグはGTワゴンという形を死守する覚悟に見える。(2019/10/31)

東京モーターショー2019:
EV向け2モーター4WDや大型ディスプレイの統合HMI、コンセプトカーの外へ
日産自動車が「第46回東京モーターショー2019」(会期:2019年10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)で披露したコンセプトカーの1つが、クロスオーバーSUVタイプの電気自動車(EV)「アリア コンセプト」だ。アリア コンセプトでは、駆動システムやインテリアに最新技術を搭載するとうたう。これらの技術は単なるコンセプトではなく、現実的に開発が進められているものもある。(2019/10/30)

狙うは親子連れ、“テーマパーク化”した東京モーターショー 背景に「危機感」
10月25日から一般公開が始まった第46回東京モーターショー。見どころの一つは、従来の自動車見本市から、「親子で楽しめるテーマパーク」へと大きく舵を切ったことだ。(2019/10/30)

PR:新型RAV4やセレナがもらえるかも!? オートバックスで豪華賞品が当たる「45周年感謝祭」開催
賞品のクルマには“オートバックスおすすめ”の充実装備付き。(2019/10/31)

「ほんま、おおきに」関西弁をしゃべるロボットつき ダイハツ、自動運転コンセプトカー「ICOICO」発表
関西弁ロボットがサポートしてくれる未来のクルマ。(2019/10/29)

東京モーターショー2019:
ドライバーモニタリング用カメラの用途さまざま、脈拍測定から音声認識まで
三菱電機は「第46回東京モーターショー2019」(会期:2019年10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)において、MaaS(Mobility-as-a-Service、自動車などの移動手段をサービスとして利用すること)用の車両向けの乗員センシング技術を発表した。(2019/10/29)

東京モーターショー2019:
日野のコンセプト「FlatFormer」のエアレスタイヤ製作を支えた3Dプリント技術
日野自動車が「第46回東京モーターショー2019」に参考出品したモビリティコンセプト「FlatFormer」のエアレスタイヤのモデル製作に、ストラタシスの産業用3Dプリンタ「Stratasys F900」が採用された。(2019/10/29)

東京モーターショー2019、“そこそこ現実的”な「近未来のクルマ・乗り物」まとめ【写真26枚】
「お子さまも多分ワクワク」。いつかはこれらが普通になりそうです。(2019/10/29)

東京モーターショーがテーマパークへ変貌 100万人来場のカギ握る親子連れ
見どころの一つは、従来の自動車見本市から、「親子で楽しめるテーマパーク」へと大きく舵を切ったことだ。(2019/10/29)

東京モーターショー2019:
未来の大型トラックはサメになる!? ウォークスルーできるEVトラックも
いすゞ自動車は、「第46回東京モーターショー2019」(会期:2019年10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)において、大型トラック「ギガ」の最新モデルや電動小型配送車「エルフEV ウォークスルーバン」、次世代の大型トラックをモチーフとしたショーモデル「FL-IR」を参考出品として世界初披露した。(2019/10/29)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
東京モーターショー“過去最大”の野心、そしてマツダは高級車メーカーに!?
いろいろ厳しい声もありますが、けっこう野心的なのではないかと。(2019/10/29)

東京モーターショー2019:
木から生まれたエコで軽くて丈夫なスポーツカーがクルマづくりの未来を示す
環境省は「第46回東京モーターショー2019」に出展し、植物由来の次世代素材「CNF(Cellulose Nano Fiber)」を用いて製作されたスポーツタイプのコンセプトカー「NCV(Nano Cellulose Vehicle)」を初出品した。(2019/10/29)

VINAS Users Conference 2019:
仮想実験室からデジタルツインへ、富岳が実現する自動車業界のCAEの形とは
ヴァイナスのユーザーイベント「VINAS Users Conference 2019」で、理化学研究所 計算科学研究センター・神戸大学大学院システム情報学研究科 計算科学専攻 チームリーダー・教授/博士(工学)の坪倉誠氏が登壇し、「HPCシミュレーションとデータ科学の融合による新たな自動車空力について」をテーマに講演を行った。(2019/10/29)

PR:車査定のアップル オリコン顧客満足度1位の中古車買取サービス



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。