ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「事故」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「事故」に関する情報が集まったページです。

2台のクルマが事故……と思いきや トヨタ製ピックアップトラックが起こした事故がえげつない 米コロラド
きれいにキャビンだけ取れてしまっています……。(2020/3/29)

消費者庁、ワイヤレスイヤフォンの火災事故で注意喚起 過去5年で25件、ワイヤレススピーカーも16件
消費者庁がワイヤレスイヤフォンなどの火災事故について注意喚起。バッテリーからの発火や発煙といった報告が増加傾向にあるという。(2020/3/27)

ワイヤレスイヤホン及びスピーカーの発火・発煙事故にご注意! 消費者庁が8つの注意点を公開
正しい使用方法を心掛けたいですね。(2020/3/26)

自動運転技術:
避けられるのに事故になる現実的なシナリオを検出、自動運転の経路計画で
国立情報学研究所は2020年3月23日、自動運転システムの経路計画プログラムから危険動作を自動検出する手法を開発したと発表した。(2020/3/26)

ドラレコ映像から事故状況をAIで再現 東京海上日動が導入
東京海上日動火災保険とALBERTは、ドライブレコーダーの映像などからAIが事故状況を再現し、自動車事故の責任割合を自動算出する新機能を導入した。(2020/3/25)

一時停止を無視した「プリウス」を避けたクルマが「86」に乗り上げる 米シアトルで起きた交通事故が「どうしてこうなった」と話題に
巻き込まれた86が一番かわいそう……。(2020/3/24)

AIがドライバーの事故リスクを推定 低ければ最大30%返金 ソニー損保の自動車保険
ソニーとソニー損害保険、ソニーネットワークコミュニケーションズは、AIを活用した運転特性連動型自動車保険を共同開発した。スマートフォンの専用アプリで計測した運転特性データから事故リスクを推定し、リスクが低いドライバーに保険料を最大30%返金する。(2020/3/19)

自動車事故の責任割合、AIがドラレコから自動判定――東京海上日動が導入
東京海上日動火災保険は、事故対応などをサポートする自動車保険の特約サービスに、ドライブレコーダーの映像などを基にAIが自動車事故の責任割合を自動判定する「事故状況再現システム」を導入する。事故の迅速な解決と保険金の支払いにつなげられるという。(2020/3/18)

皆はお風呂で熱々のうどんを食べる時どうしてる? うどんが引き起こした不幸な事故に「なぜやったし」
あるある……なのか……?(2020/3/18)

コネクテッドカーから得たビッグデータで踏み間違い事故防止機能を開発 トヨタが目指す未来
トヨタは、高齢ドライバーに多いペダルの踏み間違い事故を防止するため、コネクテッドカーから得られたビッグデータを解析して開発した「急加速抑制機能」を2020年夏に導入する。研究の一部は他社にも公開し、安全な車作りに向けた各社の協調を促す姿勢を見せている。(2020/3/13)

踏み間違え事故、“つながるクルマ”でなくせるか
トヨタ自動車が、通信機能を備えた「コネクテッドカー(つながる車)」を生かした交通事故撲滅に本格的に乗り出した。(2020/3/12)

mineo、2月11日に発生した通信障害の原因と対策を発表
オプテージが、MVNOサービス「mineo」で2月11日に発生した通信障害の原因と対策を発表した。キャリアのネットワークに接続する装置で偶発的な異常が2件同時に発生したことが原因。今回の通信障害は、総務省令で定められている「重大な事故」に該当する。(2020/3/11)

研究開発の最前線:
二次電池搭載機器の試験サービスをワンストップ提供、OKIエンジが新規事業展開
OKIエンジニアリングは、リチウムイオン電池を中心とする「二次電池搭載機器向け信頼性試験・評価ワンストップ受託サービス」の提供を始める。耐充放電、耐振動、耐衝撃、耐塵(じん)などの環境試験と、構造解析・事故製品調査、性能評価を含めた44項目の試験・評価サービスをワンストップで提供する。(2020/3/11)

半径300メートルのIT:
手口や経緯を知れば、百戦危うからず――セキュリティ事故の先行事例に学ぼう
なんとなく「怪しいな」と思っていたSNSでの詐欺や、なんとなく「聞いたことがあるな」と思っていた過去のセキュリティインシデントには、内情の報告があるものです。犯罪に対抗する最大の武器は「知識」。キャッチアップをしてみましょう。(2020/3/10)

第2回 資源リサイクルEXPO:
施設内の火災を瞬時に発見し、PCやスマホに高精細な映像で即時配信する新システム
近年各地のクリーンセンターなどで、ごみの中に紛れ込んだリチウムイオン電池が、処理中に発火する事故が多発している。富士通特機システムは、こ問題打開のため、施設内の火災発見に有効な発火監視通報システムを開発した。(2020/3/5)

「スバルの正規ディーラーに車預けたら営業時間外に持ち出されて交通事故起こされた」 担当者が顧客の車を無断使用し、出勤時に事故を起こしたのでは?と物議
これはつらい……。(2020/2/28)

お前が異世界に行くんかい! トラック事故から始まる異世界漫画が斜め上の展開
一瞬「?」ってなって「なるほど」ってなる。(2020/2/28)

危うく配信事故! 柏木由紀、“街を歩いてもバレない”説を自ら検証、脅威のステルス性能を発揮してしまう
特に変装していないのに無人の野を行くかのように誰にも声を掛けられないまま竹下通り往復を成し遂げてしまう柏木さん。(2020/2/27)

吹き飛んだ自動車のエンジンが民家を直撃!? 米ルイジアナで起きた交通事故が「恐ろしい」と話題に
スピード超過によるものと予想されています。(2020/2/25)

カセットボンベ・スプレー缶製品の事故にご注意! 国民生活センターが衝撃のテスト動画を公開し防止策を紹介
【動画】簡単にできる対応策ばかり……!(2020/2/23)

法制度・規制:
低圧太陽光発電に事故報告を義務化、速報は「24時間以内」の報告が必須に
経産省は低圧分野の事業用太陽光発電にも報告徴収と事故報告を義務化する方針を固めた。速報は24時間以内、詳報は30日以内の提出が必須となる見通しだ。(2020/2/21)

建設業のICT労働災害防止策:
人が近づけば建機を自動停止、アクティオの後付け安全システム
総合建設機械レンタル業のアクティオは、建設現場で建機と作業員の接触事故を防ぐ、後付け可能なシステム「フォーエスバックホー」を開発し、2020年2月12日に発売した。(2020/2/14)

責任はマンション住人が負う可能性〜逗子斜面崩落・女子高生死亡事故
民法上、「責任」はマンションの住人が負う可能性。(2020/2/14)

2万ドルのアート作品が粉々に壊れてしまう事故 美術評論家の行動に非難集まる
評論家は作品を批判するために、すぐ近くにソーダ缶を置いて撮影していました。(2020/2/11)

新型コロナで、クルーズ船の人気“沈没”危機 
新型コロナウイルスの集団感染が起きたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」。日本人のクルーズ人口が過去最多を更新するなど人気の豪華な船旅だが、過去にも集団感染の例があるほか、事故やトラブルも生じているという。(2020/2/11)

踏切内への立ち入りをAIで検知、事故を未然に防止 小田急電鉄が都内で実験
小田急電鉄が、踏切内への人立ち入りをAIで検知する実証実験を始める。監視カメラで撮影した映像をクラウド上に自動送信し、AIが解析。異常時にアラートを発する。事故を未然に防ぐ狙い。(2020/2/7)

それは“愛の敗北”である 映画「キャッツ」を見たら酷評は“不幸な事故”によるものな気がしたので感想などをつづる
われわれ人類は、いまだ「映画化」の最適解を見つけられていない。(2020/2/4)

情報化施工:
鹿島建設がシールド掘進工事の事故を予測するシステムを開発
シールド工事は、機械化や自動化により、少人数の施工体制が確立されつつあるが、掘削する地山の性状によっては、事故のリスクが依然高いのが現状だ。特に近年、シールド工事は大断面や大深度、長距離化ならびに既設構造物との近接施工といった技術難度が高い工事が増加しており、施工中のトラブルや災害の発生が懸念されている。鹿島建設はこういった状況を考慮し、施工中の事故を未然に防ぐシステムを開発した。(2020/1/28)

iPS細胞から作った軟骨の移植手術、厚労省が了承 京大が実施へ
厚生労働省は、iPS細胞から作った軟骨組織を患者に移植して治療する臨床研究について、計画の実施を了承した。近く、交通事故やスポーツで膝の軟骨を損傷するなどした患者を対象に手術を行う。(2020/1/27)

【経営者目線】ゴーン被告の「ポルシェ」から違和感があった 尊敬する経営者と、見直されるオーナー経営
 レバノンに逃亡した日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告だが、「経営理念」の角度で経営者を見る私にとっては、過去にゴーン被告が、バイクと接触事故を起こした際、ポルシェに乗っていたことを知って以来、違和感を覚えていた。日産車を愛用するのが普通ではなかろうか。(2020/1/23)

FORUM8デザイン フェスティバル2019:
建機の自動運転技術開発スピードを加速するVR活用術
建設業界では加速する人手不足を解決するために、建設機械を自動で運転する技術の開発を進めている。自動運転技術が完成することで、1人で複数の建設機械を操縦したり、遠隔地からテレワークで操作することが容易になるため、省人化を実現する。また、人と建設機械の接触回数を減らせるため、事故発生件数も削減できると見込まれている。大成建設では、自動運転技術の開発速度を上げるVRを用いた新ワークフローを構築した。(2020/1/21)

ヤマハ「理由については触れませんが、不幸な事故が起きてからでは遅いので」 大型楽器ケースに人が入ることを注意喚起
ケースに入ることをネタにする行為には「音楽を奏でる楽器に対する冒涜」という声も。(2020/1/12)

母猫を不幸な事故で亡くした子猫たち、全員無事に救助されとっても元気に!
きっとママが天国から見守っているよ。(2020/1/12)

路面電車に再評価の流れ クルマ社会からの脱却で
環境や渋滞、事故、公共交通機関の必要性などの観点から、路面電車が再評価されている。マイカーの普及で一度は廃れたが、クルマ社会からの脱却で注目を集めている。(2020/1/6)

VR:
建築業の実写VR安全研修を共同開発、ジョリーグッドとメッド
ジョリーグッドとメッドコミュニケーションズは、建築現場における安全教育を実写VRで行える「建設業向けVR安全研修ソリューション」を開発した。作業現場の危険箇所や不安全行動に対する作業員の意識を醸成し、事故防止へつなげるコンテンツとして、元請け企業などに向けて販売していく。(2020/1/6)

路面電車が再評価されている、なぜ?
路面電車が再評価されている。モータリゼーションで廃れていったが、近年、環境面や交通渋滞・事故、公共交通機関の必要性といった観点から、自動車社会からの脱却で注目を集めているのだ。(2019/12/27)

「自動運転車の開発」支える:
トヨタ、ホンダも頼るVR技術会社 「極限の条件」を作り出してきた社長が自動車教習所に商機見いだす理由
自動運転車の開発や安全運転の実現に不可欠で、実用化が見込まれているシミュレーター装置を開発し、トヨタやホンダから重宝されているVR会社がある。建設・土木向けにコンピュータを使ったシミュレーターを開発し、VR技術を培ってきたフォーラムエイトの伊藤裕二社長に今後の展望を聞いた。現状は自動車教習所や病院、海外の交通事故対策などに商機を見いだしている――。(2019/12/28)

違和感仕事して! 三菱「エクリプス」をベースにランボルギーニ「ガヤルド」を再現した猛者がすごい
事故車両のエクリプスをベースに手作り。(2019/12/26)

“サポカー限定免許”導入へ 事故歴のある高齢者には免許更新時に実車試験も
警視庁の有識者分科会は高齢運転者の事故防止対策として、安全運転サポート車のみの運転を認める限定免許制度や、事故歴や特定の違反歴がある高齢者を対象にに免許更新時の実車試験を導入する方針を示した。(2019/12/20)

自動ブレーキ義務化 高齢者の事故対策で世界に先駆け
国土交通省は、2021年11月から乗用車や軽自動車に自動ブレーキを搭載するよう義務付けると発表した。自動ブレーキの義務化は世界初だという。(2019/12/17)

通学路のカメラ映像からAI活用で交通事故の危険度を推定――沖縄電力とNEC、沖縄県うるま市で実証実験を開始
沖縄電力とNECは、通学路にある交差点付近の電柱に設置したカメラ映像から、AIを用いて交通事故の危険度を推定する実証実験を開始した。人や普通車、大型車などを識別しながら、台数や速度、歩行者交通量といった交通流データを収集、分析し、時間帯ごとに危険度を推定する。(2019/12/17)

AIが交通事故の危険度を推定、カメラ映像から交通量など分析 NECと沖縄電力が実験
NECと沖縄電力が、AIを用いて交通事故の危険度を推定する実験を始めた。電柱に設置したカメラでクルマや歩行者などを撮影し、時間帯ごとに交通事故が起きる確率を算出する。実験は沖縄県うるま市内の通学路で、2020年2月まで行う。(2019/12/16)

ハンドルに荷物をかけたことによるベビーカーの転倒に国民生活センターが注意喚起
バランスを崩し、乳幼児がけがをする事故が発生している。(2019/12/15)

運転手は後部座席で犬の世話 テスラ「モデル3」オートパイロット走行中に事故、停車中のパトカー後部に突っ込む
テスラの「オートパイロット」使用中に停車中のパトカーに追突、運転手は後部座席で犬のお世話(2019/12/12)

「ながら運転」の罰則強化など政府も本腰:
高齢者の自動車暴走事故はなぜ起きるのか ボルボの「世界的第一人者」に聞いた
池袋の自動車暴走事故から7カ月あまり。政府も「ながら運転」の罰則を強化など自動車事故への対策に本腰を入れている状況だ。高齢者の自動車事故はなぜ起きるのだろうか。ボルボで「Mr.セーフティ」と呼ばれてきたセーフティ部門の責任者ヤン・イヴァーソン(Jan Ivarsson)氏にインタビューした。(2019/12/11)

AI搭載のドラレコアプリ登場 周囲の歩行者など検知、車間距離を測定 危険時に自動アラート
ドライブレコーダーの無料アプリ「スマートくん」(iOSのみ)が登場。前方の映像を録画・再生できる機能に加え、AIが周囲の状況などをリアルタイムで分析し、危険時などにアラートを発する機能を持つ。事故やあおり運転の被害を防止する狙い。(2019/12/5)

5年間で108人死亡 ストーブやヒーターの事故に関する注意喚起 石油暖房は特に気を付けて!
灯油をこぼす、間違えてガソリンを給油するなど、人的要因による事故が多いそうです。(2019/12/3)

法制度・規制:
小型太陽光・風力に事故報告を義務化、住宅太陽光は立ち入り検査対象に
経済産業省が小型の太陽光発電や風力発電に対する保安規制を強化する方針を公表。50kW未満の太陽光発電、20kW未満についても、報告徴収や事故報告の対象とする方針だ。(2019/11/28)

どうしてこうなった ポルシェが民家の2階に突っ込む珍事故 スピード超過で縁石に乗り上げ大ジャンプするバッドミラクル
珍しい事故です(2019/11/20)

1万人を対象に実験:
運転データから運転手を特定、機械学習で交通事故を予防できるか
損害保険ジャパン日本興亜(以下、損保ジャパン日本興亜)と理化学研究所の革新知能統合研究センターは共同で、「運転データによる大規模ドライバー識別技術」と「多重比較補正を利用した統計的軌跡マイニング技術」を開発した。交通事故予測のための研究成果だ。事故リスク評価モデルなどを支える基盤アルゴリズムとして実用化する。(2019/11/15)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。