ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「事故」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「事故」に関する情報が集まったページです。

「プリウスの事故が多いが大丈夫?」株主の質問にトヨタ役員の回答は
トヨタ自動車は13日、定時株主総会を愛知県豊田市の本社で開いた。出席株主数は5546人と過去最高。「高齢者が運転する車が暴走している。事故を起こした車に、プリウスが頻繁に登場する。運転ミスだと思うが大丈夫か」という質問も。(2019/6/14)

申し訳ない:
「プリウスの事故が多いが大丈夫?」株主の質問に、トヨタ役員は
トヨタ自動車は13日、定時株主総会を愛知県豊田市の本社で開いた。株主と、豊田章男社長ら役員との質疑では、「CASE」と言われる電動化や自動運転などの次世代技術・サービスや株主還元のあり方、働き方改革などについて幅広い質問が出た。(2019/6/14)

ロードキル現場で目撃されたアナグマの親子のつらい別れに反響 「ただただ悲しい」「運転気をつけよう」
野生動物との交通事故が引き起こした悲しい現実。(2019/6/13)

あなたのスマホにも発火リスク? 「水」「使用過多」などで危ないリチウムイオン電池
スマホやモバイルバッテリー、パソコン、電気自動車など、多種多様な製品に利用されるリチウムイオン電池。いまや大半の人が持ち歩いたり家庭で使ったりしている状態だが、突然発火するなど重大な事故につながりかねない例もある。使用上のNG行為や、処分方法など、今一度注意しておきたい。(2019/6/12)

アマゾンジャパン、国民生活センターと連携 アマゾンで扱う製品の安全情報伝達で
アマゾンジャパンはこのほど、同社の通販サイトで顧客が購入した商品による事故を未然に防ぐことを目的に、製品安全に関する情報発信について国民生活センターと合意した。(2019/6/10)

シーサイドライン逆走は「システム欠陥」 断線未検知、ブレーキ作動せず 同様事故に懸念も
横浜市の新交通システム「シーサイドライン」の新杉田駅で無人自動運転の車両が逆走、車止めに衝突して14人が重軽傷を負った事故は8日で発生から1週間。事故は運行制御の回路断線が原因との見方が強まり、システム欠陥も明らかになった。自動運転の路線は全国にあり、同様のトラブルが懸念される中、国は事故原因や実態調査を急ぐ。(2019/6/10)

「逆走、急発進の恐れは?」 シーサイドライン事故で新交通システム各社を直撃
逆走事故を起こした新交通システム「金沢シーサイドライン」は全線運休が続き、利用者に大きな影響が出ている。新交通システムは各地で導入されており、緊急の対応策を進める運用会社もある。逆走や急発進などの事故は起きないのか。各社を直撃した。(2019/6/5)

DeNAが「AIドラレコ」発表 運転傾向をスコア化 まずは商用車向けに
DeNAが、クルマに取り付けたカメラを通してドライバーや道路の状況を自動認識し、運転状況を可視化することで商用車両の事故を削減するサービス「DRIVE CHART」の提供を開始。実証実験ではトラックの追突事故件数がゼロになったという。(2019/6/4)

半径300メートルのIT:
バグにも負けずデータ消失にも負ケズ Windowsアップデート“適用タイミング”の見極め方
OSのアップデートはなるだけ早く適用したいもの。とはいえ、最近のWindows Updateの不具合を含め「そうは問屋が卸さない」事情も分かります。事故やマルウェアを防ぎ、OSを最善の状態に保つ“タイミング”を考えてみました。(2019/6/4)

なぜ逆走、新交通システム事故 「ゆりかもめ」など全国の路線にもリスク?
二重三重に安全対策が施されたはずの新交通システムで、なぜ逆走事故が起きたのか。何らかのシステム上のトラブルがあった可能性もあり、専門家は「人員輸送の安全の根幹に関わる」と重要視。全国各地の同種路線でもリスクをはらんでおり、徹底的な原因の究明が求められる。(2019/6/3)

事故時に自動通報、自動車各社が相次ぎシステム対応 救命率向上へ 
交通事故を起こした車から自動送信されるデータを分析し、救急車やドクターヘリの早期出動を要請するシステムが、事故による死者を減らす新たな取り組みとして注目されている。(2019/5/31)

安全システム:
2018年度の日本車現行モデルでアセスメント、歩行者対応自動ブレーキに大差
国土交通省は2019年5月30日、平成30年度(2018年度)の自動車アセスメントの評価結果を発表した。衝突安全性能評価と予防安全性能評価に分けて実施されており、事故の未然防止に関わる予防安全性能評価では、トヨタ自動車「アルファード/ヴェルファイア」が満点を獲得し、大賞を受賞した。また、評価を実施した21車種のうち、15車種が最高評価の「ASV+++」を獲得した。(2019/5/31)

クルマに後付け「踏み間違い加速抑制システム」、トヨタが対象車種を拡大 高齢者の事故防ぐ
トヨタ自動車は、クルマに後付けできる「踏み間違い加速抑制システム」の対象車種を拡大する。社会問題化している高齢者のペダル踏み間違い事故を防ぐ狙い。(2019/5/29)

エスカレーターの片側歩行 なぜやめられないのか
通勤・通学ラッシュの時間帯になると、混雑する駅や、週末の百貨店のエスカレーター。どんなに混んでいても、歩いて昇る人のために片側を空ける場合が多い。だが、歩いて昇る人が追い抜きざまに他の人と接触して転落などの事故が起きる危険が大きい。鉄道各社などは2列で立ち止まって乗るように呼びかけているが、あまり定着していない。なぜだろうか。(2019/5/24)

人とくるまのテクノロジー展2019:
「自動車技術はもっと異業種と連携を」、交通事故が起きた後にいかに早く助けるか
自動車技術会は2019年5月22日、「人とくるまのテクノロジー展 2019 横浜」(2019年5月22〜24日、パシフィコ横浜)の開催に合わせて記者説明会を開いた。自動車技術会 会長の坂本秀行氏(日産自動車)が出席し、救急自動通報システム(D-Call Net)と、死亡重症確率推定アルゴリズムの標準化の取り組みについて説明した。(2019/5/23)

建設×VR/AR/MR:
リアルなVR体験に新シミュレーション追加、バックホーでの4つの事故を体験
アクティオは、2018年から展開している建設現場の事故0を目指すVRレンタルサービスに、バックホーによる不安全行動を体験できるシミュレーションを2019年8月に追加する。バックホーによる横転、旋回での巻き込みなどの4つの事故を体験できる。(2019/5/23)

「これはこれで非常にレア」 三浦春馬、長澤まさみが撮影した事故ショットで“半目”を味方にしてしまう
ただしイケメンに限るやつだこれ。(2019/5/22)

茨城ダッシュ、名古屋走り、伊予の早曲がり……危ない「ローカル交通ルール」、現地教習所に聞いた
自動車の暴走や交差点での事故が大きく報じられているが、運転のマナーや習慣をめぐり、地域独自の「ローカルルール」が存在する。当然ながら本来の交通ルール通りに教えている地元の自動車教習所も頭を悩ませるが、解決策はあるのか。(2019/5/21)

現場管理:
地下の建設現場で、火災発生時に避難誘導させる「火災報知システム」を開発
戸田建設は、地下階の建設現場で火災があった際に、作業員をいち早く避難誘導するシステム「TO-FAS(TODA FIRE ALARM SYSTEM)」を開発した。地下階の建設現場で、火災が発生し停電した場合は、避難が困難なため、人命を損なう重大事故につながる可能性が少なくない。TO-FASはUPSを備えるため、停電後の電力供給も確保され、地下から地上への迅速な避難が可能になる。(2019/5/14)

「どうしよう、脳が目覚めた」―― 作者の衝撃体験描いた実話漫画「交通事故で頭を強打したらどうなるか?」が壮絶【1〜3話試し読み】
「ああーーこの世界は“健常者用”にできているのだ」(2019/5/18)

ハッシュタグ「保育士さんありがとう」に感謝と理解を呼びかける声集まる 大津市での園児死亡事故を受けて
一部報道への反感が広がっています。(2019/5/9)

つるの剛士、園児死亡事故の記者会見に言及 現役保育士から感謝の声「すごい救われます」
つらい記者会見だった。(2019/5/9)

こんなかわいい当て逃げ見たことない……! 赤ちゃん当て逃げニャンコ、犯行の一部始終が目撃される
平和な事故。(2019/5/5)

「命を奪ってしまってからでは遅すぎる」 ダンカン、池袋事故を受けて“70歳”での運転免許返納を決意
ダンカンさん「10年間真剣に運転を楽しむことにしたー!」。(2019/4/25)

世界を読み解くニュース・サロン:
海外でも議論噴出 なぜ「高齢ドライバー」の運転を止められないのか
東京・池袋で発生した高齢ドライバーによる死亡事故。ドライバーは運転能力低下を認識していたのに、なぜ運転を続けてしまったのか。私たち自身が責任を持って、高齢ドライバーへの向き合い方を考える必要がある。(2019/4/25)

池袋暴走事故、「加害者と現執行役員に縁戚関係等はありません」 クボタが公式声明でデマを否定
加害者についてコメントは控える。(2019/4/23)

「池袋暴走、加害者の息子はクボタ執行役員」デマ拡散 クボタ「親戚関係等はない」
池袋の暴走事故で、車を運転していた飯塚幸三さんの息子がクボタの役員だといううわさがネットで拡散。クボタはプレスリリースでうわさを否定し、息子と名指しされた同社役員について「親戚関係等はない」と説明した。(2019/4/23)

「凍天」で知られる福島県の「木乃幡」が自己破産へ 震災・原発事故で苦境、東電の補償はわずか……「苦渋の決断」
「実損8億円に対して、東電の和解額は1600万円」だったとのことです。(2019/4/22)

単なる従業員監視ツールか
ウェアラブル技術の業務利用が引き起こすデータ保護法との摩擦
ウェアラブル技術によって従業員のパフォーマンスを監視したりミスや事故を防いだりすることができるようになった。だが、従業員のプライバシーを侵害する恐れもある。(2019/4/22)

落ちそうで落ちない奇跡のバランス 高級車「レクサス」が立体駐車場から転落しかける珍事故が話題に
バランスが絶妙すぎる。(2019/4/16)

米Fisher-Priceがベビーベッド470万台をリコール 乳児の死亡事故30件以上
日本でも並行輸入品として販売された可能性。(2019/4/15)

ドライバーは機械ではなく人間:
レベル5の自動運転よりも現実的? “車内運転支援”
UberやTeslaの事故など、自動走行モードにおける交通事故では、共通する1つの真実がある。「現実世界の状況の中で、人間のドライバーを機械のドライバーに置き換えることは、極めて難しいということが実証された」ということだ。(2019/4/15)

「生きてるから何だって出来る」 仮面女子・猪狩ともか、“事故からの1年”を回顧する姿がファンの心打つ
4月からはNHKの番組にレギュラー出演。(2019/4/12)

レノボ・ジャパン株式会社提供Webキャスト
働き方改革のセキュリティリスクを解消、動画で分かる「テレワーク保険」の実力
テレワーク導入の障壁の1つである、情報漏えいなどセキュリティ面でのリスク。PC紛失やウイルス感染などによる事故が減らない現状にあって、ますます必要性が高まっているのが、損害賠償金などを補償する「テレワーク保険」だ。(2019/4/11)

芸人が番組の企画で事故物件に住んだら…… 恐怖体験描く漫画『ゼロから始める事故物件生活』書籍化
事故物件に住み続けられるメンタルの強さがすごい……。(2019/4/6)

山岳トンネル工事の「出来形管理」に測量の“SfM技術”を活用、リアルタイムに掘削の過不足を把握
福田組、NEC、NECソリューションイノベータ、演算工房は、山岳トンネル工事の施工管理の効率化を目的に、ドローン測量などで使われるSfM(Structure from Motion)技術を用いた「Te-S(ティーエス)アシスタント」を開発した。掘削面を撮影した複数の画像から、SfMソフトウェアで点群データを生成することにより、現場作業員はタブレットPCで崩落事故の危険性にさらされることも無く、安全に出来形を確認することができる。(2019/4/5)

安全体験VRで重篤災害の多発する“トンネル掘削工”のコンテンツを開発、戸田建設
戸田建設は、VR技術を活用したトンネル工事を対象にした安全教育ツール「バーチャルNATM」を開発した。HMD(ヘッドマウントディスプレイ)に投影した空間内を、専用のコントローラーを使って自由に行動し、安全巡視を体感する。さらに、臨場感のあるVRの中で事故を発生させる不安全行動や不安全状態、トンネル内で想定される災害に巻き込まれた状況も体験でき、危険予知能力や安全意識の向上を図ることができる。(2019/4/5)

「パンクしない自転車」、タイヤが外れる事故 カインズが自主回収、返金へ
直ちに使用を中止するよう呼び掛けています。(2019/4/4)

「密接さ」に懸念:
米ボーイング機、半年で2機の墜落事故 FAAと業界の関係にメス
米航空機大手ボーイングの新型旅客機が半年で2機の墜落事故を起こし、「航空王国アメリカ」に対する信頼が揺らいでいる。2件の事故原因は調査中だが、新型機に導入された「MCAS」と呼ばれる失速防止装置が墜落を誘発した可能性が浮上している。ボーイングと米連邦航空局(FAA)は、機体の安全性や新型機の認可の過程に問題はないとしているが、「世界一」を自任する米航空当局と業界との緊密な関係にメスが入ろうとしている。(2019/4/3)

デル株式会社提供ホワイトペーパー
SNSの投稿を瞬時に解析、“ニュース革新”を支えるディープラーニング運用基盤
SNSに投稿された事件・事故・災害の動画や画像を収集/解析し、ニュース素材として配信するサービスを提供するSpectee。膨大なデータを瞬時に解析し、カテゴライズするその技術を支える、同社のディープラーニング運用基盤とは?(2019/4/2)

工具不要で緊急時に移動ができる中央分離帯の“ガードレール”を開発、NEXCO中日本
NEXCO中日本は、神鋼建材工業と共同で、中央分離帯のガードレールを交通事故などの緊急時に、工具を使用せず移動できるタイプの「レーンオープナー」を開発した。(2019/3/29)

基礎から学ぶ太陽光発電所の雑草対策(9):
事故があれば太陽光発電オーナーに責任も、注意したい雑草対策業務の「安全管理」
日本でも稼働から数年が経過する太陽光発電所が増える中、課題の一つとなっている雑草対策について解説する本連載。今回は草刈りや農薬散布などの雑草対策業務における「安全管理」について解説する。事故などが発生した場合、業務を発注した発電事業者側の責任が問われる場合もあるため、注意したいポイントだ。(2019/3/25)

MySpace、「12年分のユーザ−コンテンツが事故で消失した」と告知
MySpaceが、「サーバ移行の過程で3年以上前にアップロードされたコンテンツができなくなった」とサイト上で告知した。(2019/3/19)

オムロン オートモーティブエレクトロニクス:
子どもやペットの車内置き去り事故の低減に貢献する「呼吸時体動検知センサー」
オムロン オートモーティブエレクトロニクスは、自動車内における乗員の存在をより正確に検知できる「呼吸時体動検知センサー」を開発した。(2019/3/11)

酸を使ったフットケア商品の使い方に注意! やけどや痛みの報告も 国民生活センターが注意喚起
約5年間で26件の事故情報が寄せられていました。(2019/3/8)

「時速100キロでスマホ漫画見ながら運転」 女性はねて死なせた元会社員の公判
スマホアプリで漫画を見ながら車を運転し、バイクの女性をはねて死亡させたとして、過失運転致死の罪に問われた元会社員の2回目の公判が開かれ、検察側は下山被告が事故の前から日常的にスマホを操作しながら車を運転する「ながら運転」をしていたと指摘した。(2019/3/5)

品質保証の本質とIoTの融合(1):
日本製造業の品質保証が抱える問題、解決の方向性を示す
2017年後半から検査不正問題や製造不良による事故の発生が相次ぎ、高品質をウリとする日本製造業ブランドを揺るがしかねない状況です。そこで本連載では、これまで日本製造業では品質保証をどう行ってきたのか、品質保証における問題は何かといった点に注目し、問題解決の方策について各種手法や最新技術の活用、組織マネジメント論の面から取り上げます。(2019/2/26)

「スノーボードのリーシュコードは絶対に装着して」 無人板接触事故で指切断のスノーボーダーが注意呼びかけ
リーシュコードをつけてさえいれば防げる事故でした。(2019/2/23)

「チャイルドシートを使わない人に絶対読んで欲しい」 警察漫画『ハコヅメ』が痛々しい交通事故のエピソードを特別公開
チャイルドシートで守れた命かもしれない。(2019/2/20)

VRニュース:
VRでフォークリフトの接触事故を体験、安全教育ソリューション第1弾として
ビーライズは、VRを利用した安全教育ソリューション第1弾としてフォークリフト「接触事故編」を発表した。HMDを装着して実際にフォークリフト操縦者となり、接触事故を体験することで事故防止教育を行える。(2019/2/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。