ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「事故」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「事故」に関する情報が集まったページです。

ヤマハ「理由については触れませんが、不幸な事故が起きてからでは遅いので」 大型楽器ケースに人が入ることを注意喚起
ケースに入ることをネタにする行為には「音楽を奏でる楽器に対する冒涜」という声も。(2020/1/12)

母猫を不幸な事故で亡くした子猫たち、全員無事に救助されとっても元気に!
きっとママが天国から見守っているよ。(2020/1/12)

路面電車に再評価の流れ クルマ社会からの脱却で
環境や渋滞、事故、公共交通機関の必要性などの観点から、路面電車が再評価されている。マイカーの普及で一度は廃れたが、クルマ社会からの脱却で注目を集めている。(2020/1/6)

VR:
建築業の実写VR安全研修を共同開発、ジョリーグッドとメッド
ジョリーグッドとメッドコミュニケーションズは、建築現場における安全教育を実写VRで行える「建設業向けVR安全研修ソリューション」を開発した。作業現場の危険箇所や不安全行動に対する作業員の意識を醸成し、事故防止へつなげるコンテンツとして、元請け企業などに向けて販売していく。(2020/1/6)

路面電車が再評価されている、なぜ?
路面電車が再評価されている。モータリゼーションで廃れていったが、近年、環境面や交通渋滞・事故、公共交通機関の必要性といった観点から、自動車社会からの脱却で注目を集めているのだ。(2019/12/27)

「自動運転車の開発」支える:
トヨタ、ホンダも頼るVR技術会社 「極限の条件」を作り出してきた社長が自動車教習所に商機見いだす理由
自動運転車の開発や安全運転の実現に不可欠で、実用化が見込まれているシミュレーター装置を開発し、トヨタやホンダから重宝されているVR会社がある。建設・土木向けにコンピュータを使ったシミュレーターを開発し、VR技術を培ってきたフォーラムエイトの伊藤裕二社長に今後の展望を聞いた。現状は自動車教習所や病院、海外の交通事故対策などに商機を見いだしている――。(2019/12/28)

違和感仕事して! 三菱「エクリプス」をベースにランボルギーニ「ガヤルド」を再現した猛者がすごい
事故車両のエクリプスをベースに手作り。(2019/12/26)

“サポカー限定免許”導入へ 事故歴のある高齢者には免許更新時に実車試験も
警視庁の有識者分科会は高齢運転者の事故防止対策として、安全運転サポート車のみの運転を認める限定免許制度や、事故歴や特定の違反歴がある高齢者を対象にに免許更新時の実車試験を導入する方針を示した。(2019/12/20)

自動ブレーキ義務化 高齢者の事故対策で世界に先駆け
国土交通省は、2021年11月から乗用車や軽自動車に自動ブレーキを搭載するよう義務付けると発表した。自動ブレーキの義務化は世界初だという。(2019/12/17)

通学路のカメラ映像からAI活用で交通事故の危険度を推定――沖縄電力とNEC、沖縄県うるま市で実証実験を開始
沖縄電力とNECは、通学路にある交差点付近の電柱に設置したカメラ映像から、AIを用いて交通事故の危険度を推定する実証実験を開始した。人や普通車、大型車などを識別しながら、台数や速度、歩行者交通量といった交通流データを収集、分析し、時間帯ごとに危険度を推定する。(2019/12/17)

AIが交通事故の危険度を推定、カメラ映像から交通量など分析 NECと沖縄電力が実験
NECと沖縄電力が、AIを用いて交通事故の危険度を推定する実験を始めた。電柱に設置したカメラでクルマや歩行者などを撮影し、時間帯ごとに交通事故が起きる確率を算出する。実験は沖縄県うるま市内の通学路で、2020年2月まで行う。(2019/12/16)

ハンドルに荷物をかけたことによるベビーカーの転倒に国民生活センターが注意喚起
バランスを崩し、乳幼児がけがをする事故が発生している。(2019/12/15)

運転手は後部座席で犬の世話 テスラ「モデル3」オートパイロット走行中に事故、停車中のパトカー後部に突っ込む
テスラの「オートパイロット」使用中に停車中のパトカーに追突、運転手は後部座席で犬のお世話(2019/12/12)

「ながら運転」の罰則強化など政府も本腰:
高齢者の自動車暴走事故はなぜ起きるのか ボルボの「世界的第一人者」に聞いた
池袋の自動車暴走事故から7カ月あまり。政府も「ながら運転」の罰則を強化など自動車事故への対策に本腰を入れている状況だ。高齢者の自動車事故はなぜ起きるのだろうか。ボルボで「Mr.セーフティ」と呼ばれてきたセーフティ部門の責任者ヤン・イヴァーソン(Jan Ivarsson)氏にインタビューした。(2019/12/11)

AI搭載のドラレコアプリ登場 周囲の歩行者など検知、車間距離を測定 危険時に自動アラート
ドライブレコーダーの無料アプリ「スマートくん」(iOSのみ)が登場。前方の映像を録画・再生できる機能に加え、AIが周囲の状況などをリアルタイムで分析し、危険時などにアラートを発する機能を持つ。事故やあおり運転の被害を防止する狙い。(2019/12/5)

5年間で108人死亡 ストーブやヒーターの事故に関する注意喚起 石油暖房は特に気を付けて!
灯油をこぼす、間違えてガソリンを給油するなど、人的要因による事故が多いそうです。(2019/12/3)

法制度・規制:
小型太陽光・風力に事故報告を義務化、住宅太陽光は立ち入り検査対象に
経済産業省が小型の太陽光発電や風力発電に対する保安規制を強化する方針を公表。50kW未満の太陽光発電、20kW未満についても、報告徴収や事故報告の対象とする方針だ。(2019/11/28)

どうしてこうなった ポルシェが民家の2階に突っ込む珍事故 スピード超過で縁石に乗り上げ大ジャンプするバッドミラクル
珍しい事故です(2019/11/20)

1万人を対象に実験:
運転データから運転手を特定、機械学習で交通事故を予防できるか
損害保険ジャパン日本興亜(以下、損保ジャパン日本興亜)と理化学研究所の革新知能統合研究センターは共同で、「運転データによる大規模ドライバー識別技術」と「多重比較補正を利用した統計的軌跡マイニング技術」を開発した。交通事故予測のための研究成果だ。事故リスク評価モデルなどを支える基盤アルゴリズムとして実用化する。(2019/11/15)

“VR労災”登場 カッター作業での出血、コンベヤーの巻き込み事故など再現 製造現場の安全啓発
凸版印刷が、製造現場での労働災害を再現したVRコンテンツ「安全道場VR」をリリースした。安全手袋を着用しないままカッターナイフを使用し、手をけがする様子など、7種類の映像から構成される。現場の注意を喚起し、労災を未然に防ぐ狙い。社員研修などでの利用を見込む。(2019/11/14)

「池袋暴走」後、免許返納が急増 高齢ドライバー対策に「限定免許」検討も
池袋の車両暴走事故が発生した今年4月以降、東京都内で運転免許証を自主返納するドライバーが急増している。9割超が65歳以上の高齢者で、警視庁は「事故を契機に安全運転の意識が高まっている」と分析。運転できる条件を安全機能搭載車などとする限定免許の導入も検討されており、高齢ドライバー対策は大きな転換点を迎えている。(2019/11/13)

飛行機が1300リットルの水を放出して墜落 赤ちゃんの性別披露イベントで事故
搭乗者は命に別状はないとされています。(2019/11/12)

スマホで撮影、AIが約30秒で自動車修理費を自動見積もり――損保ジャパン、自動車保険の補償額見積もりサービスを開始
損害保険ジャパン日本興亜は、自動車保険契約者向けの事故対応サービスとして、スマホで撮影した事故車両の画像からAIが概算修理金額を見積もりする「SOMPO AI修理見積」を公式LINEアカウント内で開始した。約30秒で修理金額が分かり、保険金支払い手続きも30分程度に短縮できる。(2019/11/11)

デザインの力で子どもたちを守りたい 「肩にかけるおまわりさん」コンセプトのトートバッグがTwitterで話題に
悲しい事故を少しでも減らしたいという願いが詰まってます。(2019/11/8)

「富士山はやさしい山ではない」──ニコ生主滑落、山梨知事が注意喚起
ニコニコ生放送でライブ配信しながら富士山に登っていた男性が滑落し、この男性とみられる遺体が見つかった事故について、山梨県の長崎幸太郎知事は「富士山は決して(登山が)やさしい山ではない」と注意喚起した。(2019/11/7)

失敗の共有が業界にもたらすメリット
マサチューセッツ総合病院(MGH)の情報漏えい事故から得られる教訓、足りない透明性
セキュリティ専門家は、マサチューセッツ総合病院(MGH)で2019年6月に発生したデータ漏えいについて「詳細を開示すべきだ」と指摘する。詳細の開示は他の医療機関の役に立つからだ。(2019/11/7)

「富士山はやさしい山ではない」ニコ生滑落で山梨知事
 インターネットで動画をライブ配信しながら富士山に登っていた男性が滑落し、この男性とみられる遺体が見つかった事故について、山梨県の長崎幸太郎知事は6日の定例記者会見で「富士山は決して(登山が)やさしい山ではない」と注意喚起した。(2019/11/6)

「楽しいけど危ないよ」 “バイクで事故ったオタク”のレポ漫画がドキドキする
みなさんも気を付けて。(2019/11/3)

交通事故で死んだ野生動物を食料に 米カリフォルニア州で「ロードキル」の食肉を合法に
事故に巻き込まれた動物を食べることを申請により許可する法案です。(2019/10/30)

生活不安1位は「高齢者ドライバーによる交通事故」 7割超がニュースで話題の社会問題に強い不安
自分が対策できないものは不安だよね。(2019/10/24)

Sigfoxが変える建設現場の維持管理(1):
乾電池のみで数年間も稼働するLPWAネットワーク「Sigfox」
近年、建設業界では、事故の発生を防ぐことを目的に、構造物などの状況を可視化するIoT機器やシステムの導入が広がっている。例えば、橋梁(きょうりょう)などにセンサーを取り付け、損傷具合を遠隔地で確認可能なシステムなどが挙げられる。こういった状況の中、IoT機器を低コストで運用できるネットワーク「Sigfox」に関心が集まっている。本連載では、京セラコミュニケーションシステム LPWAソリューション事業部 LPWAソリューション部 LPWAソリューション1課の海野晃平氏が、Sigfoxの概要や現場での活用事例などを説明する。(2019/10/23)

事故現場へかけつけた消防隊員の爪が紫色に!? その理由にネットで称賛の声
消防隊員の神対応。(2019/10/19)

航空法、道交法、規制法、条例…… ドローン飛行、ルール守って
 手軽に空撮が行えることから愛好家を増やしているドローン。不用意な飛行による事故やトラブルを防ぐためにもルールを十分に理解しておきたい。(2019/10/18)

モバイル版「Googleマップ」に新しい事故報告機能 iOSでもネズミ捕り報告が可能に
iOSおよびAndroid版「Googleマップ」のナビで報告できる問題の種類が増え、従来の「渋滞」「スピード違反取締」に加え、工事中、車線閉鎖、障害車両、道路上に破片などの物体があるという項目が追加される。(2019/10/18)

ユーザー名とパスワードを分散化
クラックするのは14万倍難しい、新パスワード暗号化方式
パスワードの流出事故は後を絶たない。だがTide Foundationが発表した暗号化メカニズムを使えば、流出したパスワードが悪用されるのを防げるかもしれない。少なくとも従来のハッシュよりは強力だ。(2019/10/18)

「水につかった車両は水が引いても使用しないで」 感電事故や車両火災のおそれあり、国交省が注意喚起
対処方法を説明しています。(2019/10/15)

Uber Eatsに「鬼か」と批判 台風前日のこのタイミングで30%OFFキャンペーン開始 → 公式「本日中に対応を発表」【追記あり】
暴風雨の中でのデリバリーが事故につながる危険性があると指摘が。(2019/10/11)

神戸市、令和元年秋の運動会で骨折含む51件の事故 市長「教育委員会に働きかけ続けるしかない」
安全な状態で実施したはずが……。(2019/10/8)

スマホ映像110番、初動に効果 兵庫県警
 兵庫県警は、事故や火災現場の様子を110番の通報者にスマートフォンのビデオ通話で撮影してもらい、警察が現場の状況をライブ中継で把握できる通報システム「Live110(ライブ・イチ・イチ・マル)(仮称)」の実証実験を終えた。約3週間におよぶ実験の結果、警察官の臨場前に事故の様子などを詳しく把握することができ、的確な人員配置など迅速な初動につながると判断。来春からの本格導入を前向きに検討している。(2019/10/3)

「ヤバT」こやまたくや、88歳祖母が行方不明に SNSで情報提供を呼び掛ける「全く手掛かりがありません」
こやまさん「事故に巻き込まれていないか心配です」。(2019/10/1)

Uber Eats、事故に遭った配達員に「見舞金」 「労災保険ない」反発の声に対応
Uber Japanは「Uber Eats」の配達員が事故に遭った場合、見舞金を支払う「傷害補償制度」を10月1日から導入する。「個人事業主扱いなので、労災保険が適用されない」という、配達員からの反発に対応した。(2019/9/30)

建設現場の災害防止:
“暴走車両“から高速上の作業員を守る、胴体が伸縮する「防護車両」を開発
中日本ハイウェイ・メンテナンス名古屋は、近年増加している高速道路の路上作業中に、高速で突っ込んで来る車によって引き起こされる事故を防ぐ目的で、作業エリアを車体で覆う特殊な防護車両を開発した。(2019/9/27)

進む高齢化、超過酷な労働環境:
京急踏切事故で垣間見えたトラックドライバー業界の「構造的な闇」とは
電車の乗客ら35人が負傷、トラック運転手1人が死亡した京急踏切事故。その背景に筆者が垣間見たのは極端に高齢化が進むトラック業界の闇だった。データや現場取材、自身のドライバー経験を踏まえ迫る。(2019/9/25)

滝川英治、“死を覚悟した絶望の日”からの2年間を述懐 ドラマ撮影中の事故で脊髄損傷の大けが
あの日から、もう2年なんですね……。(2019/9/16)

めり込んでるニャ お部屋で起きたネコの平和な衝突事故現場が面白い
なんて平和な衝突事故。(2019/9/16)

人工知能ニュース:
防虫管理は守りから攻めへ、「世界初」のAIを採用した捕虫器が誕生
アース環境サービスとLuci、ゴウハウスの3社は2019年9月12日、昆虫の混入事故を防止するAI(人工知能)捕虫器「RIG1.0」を共同開発したと発表した。昆虫を誘引する光源としてLEDを採用したことや、捕獲昆虫の判定やカウントで「おそらく世界初のAIシステムを構築した」(ゴウハウス CEOの佐藤哲也氏)ことが特徴だ。(2019/9/13)

踏切事故で運転見合わせていた京急、全線で運転再開
ダイヤの乱れは続いています。(2019/9/7)

パロアルトネットワークス株式会社提供ホワイトペーパー
AWSセキュリティを強化、設定・ツールに関する「12のベストプラクティス」
AWSは強力なクラウドサービスだが、一方でAWSの責任共有モデルがIT部門を悩ませている。複雑なクラウドのセキュリティ管理は難しく、Gartnerもセキュリティ事故の発生を予測する。AWS設定のベストプラクティスを把握しておきたい。(2019/9/18)

京急線、踏切でトラックと接触・脱線事故 「運転再開までに相当の時間がかかる見込み」京急川崎駅〜上大岡駅間の上下線を見合わせ
振替輸送を実施しています。(2019/9/5)

メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2019:
建機と接触事故を防ぐ、フランス生まれの人とモノを見分けるステレオカメラ
建設機械との接触事故は、高所からの「墜落・転落」、「土砂崩落」と並び、建設業の3大災害に挙がるほど多発している。福井県に本社を置く、エウレカは、建設現場の安全性を向上させる視認支援装置を海外から持ち込み、販売代理店となって国内の市場に多数、提供している。(2019/8/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。