ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  Y

「YouTuber」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「YouTuber」に関する情報が集まったページです。

夏菜、30歳の誕生日にYouTubeデビュー! 「内容はお酒だな」「化粧方法とかやってほしい」と期待の声
楽しみ。(2019/5/22)

自作ゲームキューブ・ミニがすごい グミの箱を改造した海外YouTuberの動画
製品化してほしい!(2019/5/22)

cosme playの童話コスメに新シリーズ! 第1弾はアリスの「その後の話」をモチーフにしたアイシャドウとチーク
パッケージもかわいいし、これからの展開が楽しみ。(2019/5/20)

「マッサン」ヒロイン、シャーロットが第1子妊娠を報告 “ぽっこりお腹”の女神ショットで「会うのが待ちきれないよ!」
シャロやん、おめでとう〜!(2019/5/18)

辻希美、デビュー記念日にYouTuberとして再デビュー 「辻ちゃんネル」に子どもたちの登場も予告
よし、加護ちゃんネルも頼む。(2019/5/17)

「コロコロ」が門外不出の“ビッグデータ”公開 子どもたちが興味のある職業「野球選手」は「サラリーマン」以下
令和の子どもたち。(2019/5/17)

スマホアプリで異性や子どもの姿に変身! 「Snapchat」の写真フィルターが強力で楽しい
おじさんが女性化を試すと、高確率でお母さんっぽくなる説。(2019/5/15)

DNP、調光機能を追加した新型「透過スクリーン」 明るい場所でも“バーチャルキャラ”見やすく
DNPが背景の透過具合を調節することで、明るい空間でも鮮明な映像を表示できる透過スクリーンを発表した。(2019/5/15)

ニュースアプリ「ハッカドール」が2019年8月に終了 DeNA運営「継続提供していくのは難しい」
2018年から試行錯誤してきたものの大きな改善が難しく、サービスを継続提供していくのは難しいと判断した、と運営チーム。(2019/5/15)

“オタク向け”情報アプリ「ハッカドール」終了へ 5年の歴史に幕
DeNAが、アニメやマンガ、ゲームなどの情報を配信するニュースアプリ「ハッカドール」のサービスを8月15日に終了する。(2019/5/15)

カドカワ、18年度は最終赤字40億円 ドワンゴの「テクテク」低迷、niconico有料会員は180万人に減少
カドカワが2019年3月期(18年4月〜19年3月)の通期連結決算を発表。最終損益が40億8500万円の赤字に転落した。KADOKAWAの出版事業は好調だったが、ドワンゴの「テクテクテクテク」低迷、「niconico」の有料会員減などが響いた。今後はグループ再編によって1年での黒字転換を目指す(2019/5/14)

「リアルな生首作りたい」VTuberのクラファンに支援殺到、1475万円集まる
「バーチャルYouTuberだって、Instagramにオシャレな写真を投稿したい!」。VTuber「斗和キセキ」さんが、自分自身の「リアルな生首」を作る資金を得るために始めたクラウドファンディングが、1400万円以上もの資金を調達して終了した。(2019/5/13)

池田エライザ、貞子の“ドッキリ”にも笑顔でピース ノリノリな絡みに会場「かわいい〜」
作品と打って変わって楽しそうな出演者。(2019/5/10)

マシーナリーともコラム:
ホスピタリティが完璧なのかよ マシーナリーとも子、輝夜月のライブを見に行ってきたの巻
バーチャルYouTuberがバーチャルYouTuberのライブを取材する時代。(2019/5/10)

矢口真里、“かわいすぎるジュノンボーイ”井手上漠の人気に驚き 「顔も声も可愛すぎ」「はんぱじゃない存在感」
かっわええ……。(2019/5/9)

5月病に新しいリップはいかが? Qoo10コスメランキング(4月29日〜5月5日)
4月29日〜5月5日のベスト3は?(2019/5/9)

ドワンゴ、VTuber事業で苦戦 バーチャルキャストは1億5650万円の最終赤字、リドは解散
ドワンゴとインフィニットループが設立した、VTuberコンテンツの配信システムを手掛けるバーチャルキャストの初年度決算は1億5650万円の最終赤字だった。ドワンゴやKADOKAWAなど計5社が18年12月に創業したVTuber事業会社のリドも解散。「niconico」の有料会員が減少を続ける中、VR事業でも苦戦を強いられている。(2019/5/7)

火炎を完全ガードできる鉄壁の傘 ゲーム「SEKIRO」の「仕込み傘」を発明家YouTuberが製作
仕込み槍も作ってほしい。(2019/5/6)

【追記あり】アプリを出したらポルシェが飛んできた VTuberのリリース祝いに騒然
VTuber「バーチャル界隈ではポルシェを贈るのは挨拶のようなもの」 【5月14日追記:ゲーム開発者とVTuberが同一人物だったことが本人より明かされたため、記事にその旨を追記しました】(2019/5/5)

「自分の手紙で自分だけ泣いた」 エヴァ芸人・稲垣早希、結婚式で“アスカコス”より似合った花嫁姿
おめでとうございます!(2019/5/3)

ニコニコ超会議2019:
今年の超会議、目玉は「VTuber」 来年はどうなる?
ニコニコ超会議2019では、バーチャルYouTuber(VTuber)関連ブースが昨年に比べて大幅に増えている。(2019/4/27)

元「おかもとまり」、タレント活動中の“精神科入院”を告白 3カ月の休業で「ボロボロになっていた心が復活」
岡本さん「話すことで、だれかの生きる背中を押せるならと...」。(2019/4/26)

「ニコニコ超会議2019」に「日本電信電話ミカカランド」登場 羽根なしドローンなど展示
NTTが「ニコニコ超会議2019」に出展、プロペラがない“羽根なしドローン”を始め、同社の技術に関するさまざまな展示を行う。(2019/4/24)

アバターの見た目で人格が変わる? “VR版コミケ”に約13万人、バーチャルと現実を行き来する人々の可能性
VR空間で3Dアバターや3Dモデルを販売する「バーチャルマーケット」に注目が集まっている。3月に行われた同イベントには約13万人もの人が集まった。多くの人が“仮の姿”で集まる可能性とは。(2019/4/23)

15歳と16歳の米人気YouTuber、妊娠ドッキリで炎上
「妊娠はジョークにしていいものではない」と批判されています。(2019/4/23)

ドワンゴ、3Dアニメ制作の新事業「TUNEDiD」始動 都内最大級のモーションキャプチャースタジオを開設
ドワンゴが、CG映像制作を行う新事業のブランド「TUNEDiD」を立ち上げ。都内最大級のモーションキャプチャースタジオ「TUNEDiD studio」を開設した。(2019/4/22)

マシーナリーともコラム:
ついに来たな! 「シンデレラガール総選挙」で勝つために、今こそ人類は『野望の王国』を読もう
※そのままマネすると犯罪に問われる可能性があります。(2019/4/19)

「美男美女が過ぎる」 カジサック&ヨメサック、“外国人風メイク”姿での夫婦ショットが「誰やお前!」な仕上がり
メイクすげぇ。(2019/4/18)

事例で探るKubernetes管理の勘所【前編】
マインクラフト交流サイトが「Kubernetes」を活用 その独自の管理方法とは?
ゲーム「Minecraft」関連サービスを手掛けるMineteriaが、コンテナ統合管理ツール「Kubernetes」を活用している。同社はサービスの持続性を保つため、Kubernetesの管理方法に工夫を凝らす。何をしているのか。(2019/4/18)

古市憲寿VS. ひろゆき(後編):
マイナンバーを嫌ってTポイントを喜ぶ、日本人が気付いていない思い込み
人々が互いに監視しあい評価しあう社会では、働き方や消費行動はどのように変わるのだろうか。AIによって選択させられる人間は幸福なのか。社会学者の古市憲寿氏と元2ちゃんねる管理人のひろゆき氏に、AI時代の人間像について語ってもらった。(2019/4/15)

「Peing-質問箱-」コミュニティ内で自由に質問→回答できる新機能 フォロワー以外との匿名コミュニケーションが可能に
これまでの機能とは違う方向性。(2019/4/13)

VTuberグループ「ゲーム部」活動継続へ 運営は同様の問題を起こさないことに合意
大丈夫なのかな……。(2019/4/11)

角に置けるピースが多過ぎる 海外で話題の“普通の解き方だと解けないジグソーパズル”が面白そう 日本の美大生が制作
ピースの数は少ないのに、めっちゃムズい。(2019/4/9)

Vtuberグループ「ゲーム部」運営元、解散騒動にコメント 「声優と待遇など検討協議」
演者が過酷な労働環境やパワハラを告発したとして話題になっていました。(2019/4/8)

代アニに「YouTuber科」「2.5次元舞台演出・制作科」……ジャンル急拡大、13学科新設
代々木アニメーション学院は、2020年度から13学科を新設する。YouTuberやVTuberの企画や制作を学ぶ「YouTuber科」や、2.6次元舞台表現や演出を学ぶ「2.5次元舞台演出・制作科」、ゲームプログラミングを習得する「ゲームプログラミング科」など。(2019/4/8)

お台場「痛車天国2019」:
軽トラELFがエルフのえるちゃん仕様に!? 「痛車天国2019」五等分の花嫁、エヴァなど痛車写真まとめ
アスカのスクーターが超イカすぅ!(2019/4/7)

いろんな果物と野菜の断面が次々と現れて消える 不思議なストップモーションアニメが謎の中毒性
たった38秒の映像ですが、かなりの手間がかかっています。(2019/4/7)

「フォント=プロデザイナー向けという概念を覆したい」 商用フォントが1書体100円ほどで使える「mojimo」はなぜ生まれたか
同人活動向けに36書体3600円など、ハードルの低いフォントサービスとして話題を呼んでいるフォンワークス「mojimo」シリーズ。誕生経緯や目指すものを取材した。(2019/4/12)

代々木アニメーション学院が「YouTuber科」新設へ 2020年4月度から
他にも「ゲームクリエイター科」や「2.5次元舞台演出・制作科」など合計13学科を新設する予定。(2019/4/6)

圧倒的不審者の工房:
「梱包に使われる発泡スチロールを再利用」 発泡スチロールとオレンジの皮から軽くて丈夫そうな包丁が誕生
謎の蒸留装置が活躍します。(2019/4/13)

マシーナリーともコラムSPECIAL:
輝夜月の原点は「ギャグマンガ日和」 マシーナリーとも子、あの超大物VTuberにインタビューするの巻
VTuberにVTuberをぶつける暴挙。(2019/4/10)

お台場「痛車天国2019」:
アズレンやレーシングミクなど人気キャラ集結 「痛車天国2019」美少女コスプレイヤーたちを撮ってきたよ
あれは伝説の痛ガルパントラック!?(2019/4/3)

マシーナリーともコラム:
なんかモノ作ってるオタクは全員いますぐ「レゴムービー2」を見てくれ 圧倒的優しさと自己肯定に打たれて「ウワーッ!!」ってなって多分死ぬ
「マシーナリーともコラム」第8回は映画「レゴムービー」と「レゴムービー2」、あと「スパイダーバース」の話です。(2019/4/2)

半径300メートルのIT:
「令和」時代の親たちへ――SNSのインフルエンサーに憧れる子どもたちを、犯罪からどう守るのか
平成に生まれたSNSが、社会にとてつもなく大きな影響を与える存在になりました。多くのインフルエンサーが子どもたちの憧れを集める一方、ユーザーの「承認欲求」に付け込む犯罪が出てきています。新元号「令和」が幕を開ける今、もう一度セキュリティを振り返ってみませんか。(2019/4/2)

バーチャルYouTuberのクラウドファンディング、開始早々100万円の「授乳コース」が完売 バ美肉おにいさん本人も戸惑う事態に
バ美肉おにいさん(※中の人は男性の美少女キャラ)から授乳してもらえるコースです。【追記】(2019/4/1)

PR:コレクターアイテム同士が夢の共演! 「ビックリマンチョコ」と「プロ野球チップス」が商品コラボ決定!?
ビックリマン終身名誉PR大使の里崎智也さんがYouTubeで発表しました。【追記あり】(2019/4/1)

奇抜な格好でファッション展示会に行ったら? YouTuberが実験、カメラマンや著名人からセレブ扱いされる結果に
ファッションとは(哲学)。(2019/3/31)

小説家VTuber「モノカキ・アエル」活動開始
小説家を目指すVTuber「モノカキ・アエル」が活動を開始。ライトノベル出版を目指し、小説投稿サイトへの作品投稿などを行う。(2019/3/28)

「動物をモノのように扱って捨てる国に住んでるけどどない思てる〜?」 沖縄の海で“せやろがいおじさん”が叫ぶ動画がいろいろ考えさせられる
ユーチューバーのせやろがいおじさんが注目を集めています。(2019/3/27)

YouTuberの対立から現実世界で乱闘に 独ベルリンで
9人が逮捕されました。(2019/3/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。