ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  Y

「YouTuber」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「YouTuber」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

タピオカで世界が満たされる…… 「2秒ごとに2つに分裂するタピオカの動画」がもはやホラー
なんか見ちゃう映像です……(集合体が苦手な人は注意)。(2019/6/24)

「編集…難しい パソコン…難しい」 YouTube絶好調の辻希美、“釣りよか”むねおの直接指導でパワーアップを誓う
コラボ動画楽しみ!(2019/6/23)

ヒカキン家の猫「まるお」と「もふこ」が1歳に 誕生日プレゼントのキャットタワーを気に入ってくれるのか!?
お誕生日おめでとう!(2019/6/21)

YouTube、紹介中のコスメをARで試せる「AR Beauty Try-On」を今夏提供開始
YouTubeのコスメレビューを見ながら自分の顔で紹介中のコスメを試せるAR機能「AR Beauty Try-On」が今夏登場する。(2019/6/20)

リストラされた父親が“JKゲーム実況者”に 娘に背中押されて立ち直る漫画
ゲームへの認識がパドルテニスで止まってるお父さん(50)、FPSに挑戦の巻。(2019/6/20)

YouTuber市場は飽和状態 「将来つきたい3位」も過当競争で過激化
小学生憧れの職業である「YouTuber」。動画投稿サイトで自作動画を公開し、閲覧者を獲得、主に広告収入で生活しようとする人を指す。日本でも代表的なYouTuberの年収は数億円に及ぶとされ、養成学校ができるほどの人気だが、職業人口が増え、淘汰されるYouTuberも。(2019/6/19)

「テクテクテクテク」サービス終了 運営は「データ引き継ぎ」を呼びかけ
ドワンゴのスマートフォンゲーム「テクテクテクテク」が、6月17日にサービスを終了した。(2019/6/18)

VTuberグループ「にじさんじ」が二次創作ガイドラインを新たに制定 「安心して二次創作活動を行えるようにするため」
他のVTuber企業や団体でも利用可能なパブリックドメインとして公開しています。(2019/6/17)

輝夜月 ×「日清焼そばU.F.O.」で宇宙へ! ギネス世界記録を目指す“世界最高高度からの生配信”が6月24日に実施
機体の完成度がある意味でヤバい。(2019/6/17)

「原稿が……入れ替わってる〜!?」 漫画家目指すフランス人が不慣れな日本でヒロインを探す短編映画が話題に
フランス人から見た日本の美しさ。(2019/6/16)

AI時代の人間は「ガンダム」や「聖闘士星矢」のようになる:
パッと見ただけで年収が分かる時代が来る?――DMM亀山会長らが見通す未来
DMM.com会長の亀山敬司氏、gumi会長の國光宏尚氏、グリー会長兼社長の田中良和氏、ウォンテッドリー代表取締役CEOの仲暁子氏らが未来を見通す――。(2019/6/12)

YouTubeのCEO、LGBTQコミュニティに謝罪するも「決定は間違っていない」
ゲイのジャーナリストがYouTubeに対し、極右YouTuberの自分への嫌がらせ動画の対策を求めたが、YouTubeは動画を削除しないことについて、YouTubeのCEOがLGBTQコミュニティを傷つけたことについては謝罪したが、削除しない決定は間違っていないと語った。(2019/6/11)

けっこうグニャン、だ、大丈夫かな……!? パンクの心配不要「エアレスタイヤ」ミシュランが開発
今後に期待です。(2019/6/10)

VTuberの“中の人”を学生が体験できる授業、近畿大が開講 動画の企画・制作など担当
近畿大学が、VTuberの運営を通じてコンテンツマーケティングを学べる授業を開講すると発表した。動画の企画・制作・配信などを体験できるカリキュラム。プロのイラストレーターなどが講師としてバックアップする。(2019/6/10)

AIで「架空のアイドルの顔」を自動生成できるサービス登場 VTuberデビューも視野
ベンチャーのジーンアイドルが、AIを活用して架空のアイドルの顔画像を自動生成できるサービス「A.I.dols Codebase」のβ版をリリース。架空のアイドル同士がユニットを組んで歌を歌えるようにし、VTuberとしてのライブ活動などを目指す。生成には、画像を生成するAIと画像を評価するAIを“敵対”させ、精度を向上させる技術を活用している。(2019/6/10)

写真集・飛び猫の五十嵐健太さんも参戦 猫の合同写真展「ねこ専」2019 東京・渋谷で開催
会津鉄道芦ノ牧温泉駅の「らぶ駅長&ぴーち施設長」も登場します。(2019/6/8)

マシーナリーともコラム:
「レッド・デッド・リデンプション2」をクリアしたのでレビュー……ですらない、「RDR2面白かったよね会」をしました
素でバッドエンド突入してる人はじめて見た……。(2019/6/7)

VTuber事業のバーチャルキャスト、SHOWROOMと事業提携 “コメント降らせる”機能をシェア
バーチャルキャストとSHOWROOMが事業提携。バーチャルキャストの機能の一部をSHOWROOMに導入し、演出を多様化させる。(2019/6/6)

YouTube、差別的な動画禁止を強化するコミュニティガイドライン改定
YouTubeが、ナチズム賞賛や同性愛者差別などの動画を禁止するポリシーの「コミュニティガイドライン」を改定し、既存の動画も削除していくと発表した。(2019/6/6)

スピン経済の歩き方:
ワークマンの大ヒットは、「安いのに高機能でオシャレ」だからではない
ワークマンの勢いが止まらない。今年4月の国内店舗数はユニクロを超え、売上高も大幅に伸ばしているのだ。同社の成功要因として「激安なのに高機能でオシャレ」といった指摘が多いが、本当にそうなのか。筆者の窪田氏は違った見方をしていて……。(2019/6/4)

「夏の股間の平和は私が守る!」 池田模範堂の「股間戦士エムズーン」がVTuberデビュー
エムズーン15グラムさんの意気込みをお聞き下さい。(2019/6/3)

PR:【お菓子1万円分の米袋!?】めちゃめちゃな量のお菓子を持って大人が遠足する話
おやつは1万円までだぁー!!(2019/6/10)

VTuber事業のバーチャルキャスト、グリー子会社と協業 “VTuberの活躍の場”広げる
バーチャルYouTuber事業を展開するバーチャルキャストとWright Flyer Live Entertainmentが戦略的提携を結んだ。(2019/5/27)

辻希美“億チューバー”現実味? ネットでの実績は十分! 成功なら芸能界に地殻変動も
元「モーニング娘。」でタレントの辻希美(31)が、ついにYouTubeに「辻ちゃんネル」を開設して、ユーチューバーの仲間入りを果たした。たびたび炎上もしているとはいえ、SNSを駆使し、ママタレントの勝ち組でもある“辻ちゃん”のユーチューバー参入に、業界内も注目しているが、果たしてその勝算は。(2019/5/27)

瀬戸康史「デジタル・タトゥー」は匿名の悪をどう描く? ユーチューバー、Vチューバー、匿名ブロガー……NHKが迫る“ネット世界の現在”
高橋克実&八嶋智人懐かしのトリビアコンビも登場、8へぇ。(2019/5/25)

人気男女2人組YouTuber「パオパオチャンネル」が活動休止 「互いにやりたいことに専念するため」
チャンネル登録者数125万人を超える人気YouTuberでした。(2019/5/24)

Matt、外国人モデルと並ぶ“透明感ほぼ100%”の3ショットに「美の迫力がありすぎ」「目が眩みそう」の声
外国人モデルと並んでも違和感なし。(2019/5/23)

「視聴率No.1宣言」をする真意:
フジ『ザ・ノンフィクション』プロデューサーが明かす「人殺しの息子と呼ばれて…」制作の裏側
フジテレビ系のドキュメンタリー番組『ザ・ノンフィクション』のチーフ・プロデューサーの張江泰之氏が、2017年10月に放送した「人殺しの息子と呼ばれて…」の取材アプローチについて講演した。(2019/5/23)

夏菜、30歳の誕生日にYouTubeデビュー! 「内容はお酒だな」「化粧方法とかやってほしい」と期待の声
楽しみ。(2019/5/22)

自作ゲームキューブ・ミニがすごい グミの箱を改造した海外YouTuberの動画
製品化してほしい!(2019/5/22)

cosme playの童話コスメに新シリーズ! 第1弾はアリスの「その後の話」をモチーフにしたアイシャドウとチーク
パッケージもかわいいし、これからの展開が楽しみ。(2019/5/20)

「マッサン」ヒロイン、シャーロットが第1子妊娠を報告 “ぽっこりお腹”の女神ショットで「会うのが待ちきれないよ!」
シャロやん、おめでとう〜!(2019/5/18)

辻希美、デビュー記念日にYouTuberとして再デビュー 「辻ちゃんネル」に子どもたちの登場も予告
よし、加護ちゃんネルも頼む。(2019/5/17)

「コロコロ」が門外不出の“ビッグデータ”公開 子どもたちが興味のある職業「野球選手」は「サラリーマン」以下
令和の子どもたち。(2019/5/17)

「その人の“良い部分”だけを抽出できれば、人間はもっと幸せになれる」 バーチャルライブアプリ「IRIAM」が目指すもの
なぜ人はバーチャルなキャラクターに引かれるのか。バーチャルライブアプリ「IRIAM」を運営するZIZAIの塚本社長に聞きました。(2019/5/25)

スマホアプリで異性や子どもの姿に変身! 「Snapchat」の写真フィルターが強力で楽しい
おじさんが女性化を試すと、高確率でお母さんっぽくなる説。(2019/5/15)

DNP、調光機能を追加した新型「透過スクリーン」 明るい場所でも“バーチャルキャラ”見やすく
DNPが背景の透過具合を調節することで、明るい空間でも鮮明な映像を表示できる透過スクリーンを発表した。(2019/5/15)

ニュースアプリ「ハッカドール」が2019年8月に終了 DeNA運営「継続提供していくのは難しい」
2018年から試行錯誤してきたものの大きな改善が難しく、サービスを継続提供していくのは難しいと判断した、と運営チーム。(2019/5/15)

“オタク向け”情報アプリ「ハッカドール」終了へ 5年の歴史に幕
DeNAが、アニメやマンガ、ゲームなどの情報を配信するニュースアプリ「ハッカドール」のサービスを8月15日に終了する。(2019/5/15)

カドカワ、18年度は最終赤字40億円 ドワンゴの「テクテク」低迷、niconico有料会員は180万人に減少
カドカワが2019年3月期(18年4月〜19年3月)の通期連結決算を発表。最終損益が40億8500万円の赤字に転落した。KADOKAWAの出版事業は好調だったが、ドワンゴの「テクテクテクテク」低迷、「niconico」の有料会員減などが響いた。今後はグループ再編によって1年での黒字転換を目指す(2019/5/14)

「リアルな生首作りたい」VTuberのクラファンに支援殺到、1475万円集まる
「バーチャルYouTuberだって、Instagramにオシャレな写真を投稿したい!」。VTuber「斗和キセキ」さんが、自分自身の「リアルな生首」を作る資金を得るために始めたクラウドファンディングが、1400万円以上もの資金を調達して終了した。(2019/5/13)

池田エライザ、貞子の“ドッキリ”にも笑顔でピース ノリノリな絡みに会場「かわいい〜」
作品と打って変わって楽しそうな出演者。(2019/5/10)

マシーナリーともコラム:
ホスピタリティが完璧なのかよ マシーナリーとも子、輝夜月のライブを見に行ってきたの巻
バーチャルYouTuberがバーチャルYouTuberのライブを取材する時代。(2019/5/10)

矢口真里、“かわいすぎるジュノンボーイ”井手上漠の人気に驚き 「顔も声も可愛すぎ」「はんぱじゃない存在感」
かっわええ……。(2019/5/9)

5月病に新しいリップはいかが? Qoo10コスメランキング(4月29日〜5月5日)
4月29日〜5月5日のベスト3は?(2019/5/9)

ドワンゴ、VTuber事業で苦戦 バーチャルキャストは1億5650万円の最終赤字、リドは解散
ドワンゴとインフィニットループが設立した、VTuberコンテンツの配信システムを手掛けるバーチャルキャストの初年度決算は1億5650万円の最終赤字だった。ドワンゴやKADOKAWAなど計5社が18年12月に創業したVTuber事業会社のリドも解散。「niconico」の有料会員が減少を続ける中、VR事業でも苦戦を強いられている。(2019/5/7)

火炎を完全ガードできる鉄壁の傘 ゲーム「SEKIRO」の「仕込み傘」を発明家YouTuberが製作
仕込み槍も作ってほしい。(2019/5/6)

【追記あり】アプリを出したらポルシェが飛んできた VTuberのリリース祝いに騒然
VTuber「バーチャル界隈ではポルシェを贈るのは挨拶のようなもの」 【5月14日追記:ゲーム開発者とVTuberが同一人物だったことが本人より明かされたため、記事にその旨を追記しました】(2019/5/5)

「自分の手紙で自分だけ泣いた」 エヴァ芸人・稲垣早希、結婚式で“アスカコス”より似合った花嫁姿
おめでとうございます!(2019/5/3)

ニコニコ超会議2019:
今年の超会議、目玉は「VTuber」 来年はどうなる?
ニコニコ超会議2019では、バーチャルYouTuber(VTuber)関連ブースが昨年に比べて大幅に増えている。(2019/4/27)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。