ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「自動走行車」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「自動走行車」に関する情報が集まったページです。

バッテリーが発火?:
中国のEV新興企業が起こしたリコールから分かること
複数の報道によると、中国のEV(電気自動車)新興企業であるWM Motorは2020年10月下旬、同社の自動車4台がわずか1カ月で発火し、1000台以上をリコールするという。リコールの対象となったのは、2020年6月から9月までに生産されたWM Motorの「EX5」。2015年に設立されたWM Motorは、発火の原因について「バッテリーセル内の汚染物質が引き起こした可能性がある」としている。(2020/11/24)

自動車業界の1週間を振り返る:
リコールじゃない、性能アップのためのソフトウェアアップデートが始まる
みなさんおはようございます、土曜日です。1週間、お疲れさまでした。今週は新型車が相次いで発表されましたね。(2020/11/21)

テーマカラーは「銀影ラスター」、どんな色? 写真で見るレクサスの最上位セダン「LS」
最上位セダンの風格と質感へのこだわり、すごい。(2020/11/20)

製造業IoT:
5Gの本格普及を加速、「日本初」のE2Eインフラ環境を提供する5Gオープンラボ
シスコシステムズは2020年11月12日、E2Eで構築された「完全な」5G通信ネットワークアーキテクチャを利用できるオープンラボ「5Gショーケース」をオープンした。利用者は、通信事業者とサービスプロバイダーの模擬システムで構成された5Gリファレンスアーキテクチャを利用して、5Gサービスやソリューション開発が行える。(2020/11/20)

製品動向:
環境表面の自動除菌設備シリーズに持ち運びが可能なタイプを追加、大林組
大林組は、環境表面の自動除菌設備「マルチミスト」シリーズに、あらかじめ圧縮空気の配管が設けられた部屋に適用でき、持ち運びが可能なタイプ「カセットミスト」を追加した。(2020/11/20)

プログラムは変えず:
「ISSCC 2021」はオンライン化、日本は論文採択率が高い
ISSCC ITPC Far East Regional Subcommitteeは2020年11月17日、オンライン記者説明会を開催し、2021年2月に開催される「ISSCC 2021」の概要と注目論文を紹介した。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、第68回となるISSCC 2021はオンラインで開催される。(2020/11/19)

組み込み開発ニュース:
マイクロンの176層NANDは3つの技術で実現、一気に「業界のリーダー」へ
マイクロン(Micron Technology)がオンラインで会見を開き、2020年11月9日に量産出荷を開始した「世界初」(同社)の176層3D NANDフラッシュメモリ(176層NAND)の技術について説明した。(2020/11/19)

Techレポート:
「富岳」開発者 松岡 聡氏が語る「実務重視の富岳はなぜベンチマークテストでトップを走るのか」
ベンチマークテスト専用にチューニングされる例が目立っていたここ数年のスーパーコンピュータランキングにあって、実務を重視した富岳がなぜトップを独占できたのか。他国のスーパーコンピュータプロジェクトでも採用れる技術を生み出した原動力を探る。(2020/11/19)

ITRは「時系列データ分析市場」に注目:
「機械学習自動化プラットフォーム」は前年度のほぼ倍 ITRがAI関連市場の規模推移と予測を発表
ITRはAI関連の主要8市場について市場規模の推移と予測を発表した。売上金額は、対前年度比37.8%増の384億500万円。2019〜2024年度のCAGRを20.6%と見込み、2024年度の売上金額は980億円になると予測する。(2020/11/19)

製造マネジメントニュース:
インフラ協調型モビリティサービス実証用の実験施設を開設
NECは、ローカル5Gや映像分析などの先進技術を活用したインフラ協調型のモビリティサービスなどの検証、評価ができる実証施設「NECモビリティテストセンター」を静岡県御殿場市に開設した。(2020/11/19)

今日のリサーチ:
AI主要8市場規模推移および予測――ITR調べ
ITRによると2019年度AI主要8市場全体は前年度比37.8%増と躍進。2024年度には市場規模1000億円に迫るということです。(2020/11/18)

これすげぇかも!! 古き良きアメ車を「デザインそのまま」EVに シボレーから「K5 ブレイザーE」登場
ガチなアメ車を「EVへチェンジ」できるキットが2021年後半に登場するようです。(2020/11/18)

Japan Drone2020:
800kmを2時間で自動飛行する4人乗りの“空飛ぶクルマ”、大阪万博で実演目指す
スカイリンクテクノロジーズは、自動運転の空飛ぶクルマを2025年の大阪万博でのデモフライトを目指して、テスト開発を進めている。実用化すれば、4人が搭乗して800キロの距離を2時間で飛行することが実現するため、移動手段の概念が根底から覆る乗り物となる。(2020/11/18)

材料技術:
CASEで変わるワイヤハーネス、2024年には売上の半数がアルミハーネスに
古河電気工業は2020年11月17日、オンラインで自動車部品事業の説明会を開いた。古河電気工業 自動車部門事業部門長の阿部茂信氏が出席し、事業の現状や今後の戦略を説明した。(2020/11/18)

自動運転技術:
自動運転車のパンクに備えて、遠隔監視でタイヤ整備店がかけつける実証実験
住友ゴム工業は2020年11月16日、レベル4の自動運転車のタイヤ空気圧を遠隔監視する実証実験を岐阜県岐阜市内で実施したと発表した。(2020/11/18)

Preferred Networksがスパコン省電力ランキングで世界2位 「富岳」は10位に
AI開発を手掛けるPreferred Networks、神戸大学、理化学研究所が開発した深層学習用スーパーコンピュータ「MN-3」がスパコンの省電力性能ランキング「Green500」で世界2位になった。(2020/11/17)

センシング:
LiDARの小型化と広視野角の両立へ、三菱電機の社内にそろっていた基盤技術
LiDARを手掛けるサプライヤーが多い中、どのように技術的な強みを発揮するか、三菱電機 先端技術総合研究所 先進機能デバイス技術部長の山向幹雄氏に話を聞いた。(2020/11/17)

製品動向:
労務安全書の作成を自動化するCLINOのクラウド、名簿情報は5分で
CLINOは、労務安全書類の作成や作業員の情報と勤怠の管理、請求書作りといった建設業の事務業務を一括して自動化するクラウドを開発した。(2020/11/16)

光伝送技術を知る(14) 光トランシーバー徹底解説(8):
光トランシーバーのForm Factorの新動向(3) 〜FacebookやMicrosoftが主導するCPO
2000年以降データセンターを支えてきたSFP、QSFPなどのFront Panel Pluggable光トランシーバーから根本的に変革し、次世代の主流になるかもしれないCPOを解説する。(2020/11/16)

「最強の心臓だな」「いいネタなるな」 臓器輸送ヘリが病院屋上で転倒する珍事 機内から心臓を回収、途中でスタッフが床に落とすも移植手術は成功
毛が生えてるってレベルじゃない強心臓。(2020/11/13)

自動運転タクシーの実証実験、東京都庁周辺で実施 5G活用
東京都がKDDIなどと共同で5Gを活用した自動運転タクシーの実証実験を行う。東京都庁周辺を走行して実用性を検証する。(2020/11/13)

自動車業界の1週間を振り返る:
クラウンが生産終了!? それでも最先端の技術はセダンから始まる
みなさんこんにちは、金曜日です。1週間、お疲れさまでした。今週も自動車業界ではさまざまなニュースがありました。ゆるゆると振り返ってみたいと思います。(2020/11/13)

2015年からの連携を強化:
Hyundai、IVIにNVIDIAプラットフォームを採用
韓国の自動車大手Hyundai Motor Group(現代自動車、以下Hyundai)は2020年11月9日(韓国時間)、Hyundai、Genesis、Kiaの全モデルの車載インフォテインメント(IVI:In-Vehicle Infotainment)システムにNVIDIAのプラットフォーム「DRIVE」を採用する計画を発表した。(2020/11/13)

FAニュース:
機械加工中に発生する切りくずを、AIで自動除去するソリューション
DMG森精機は、工作機械の加工中に発生する切りくずをAIで自動除去する「AIチップリムーバル」を開発した。切りくずを効率的に除去して、切りくずを原因とする機械停止や加工不良を軽減する。(2020/11/13)

臨海部を彩る新しい風:
三菱重工グループ、ゆりかもめ向け新型7500系車両 全48両の納入完了
三菱重工グループの三菱重工エンジニアリングは11月12日、ゆりかもめ(東京都江東区)が運行する「新交通ゆりかもめ」向けの新型車両、7500系48両(8編成)の納入を完了したと発表。ゆりかもめの車両は全て三菱重工エンジニアリング製となる。(2020/11/12)

日本発の新興企業:
FPGAに実装可能なエッジAI用ハードIP、45fpsで推論
エッジデバイス用の推論プロセッサ開発を手掛けるEdgecortix(エッジコーテックス)は、「第1回 AI・人工知能 EXPO【秋】」(2020年10月28〜30日、幕張メッセ)で、同社の技術を実装して行うエッジAI(ここでは推論)のデモを展示した。(2020/11/12)

ホンダが「レベル3」年度内に実用化 コロナ禍で停滞も開発競争は激化
ホンダが、レベル3の自動運転機能を世界で初めて実用化した乗用車を年度内に発売する。世界的に競争が激化する自動運転技術で日本メーカーが存在感を示す一歩になり、他のメーカーも追随しそうだ。(2020/11/12)

自動運転技術:
ホンダ「レジェンド」のレベル3の自動運転システム、国交省で型式指定を取得
ホンダは2020年11月11日、レベル3の自動運転システム「トラフィックジャムパイロット」を搭載する「レジェンド」が型式指定を取得したと発表した。2020年度内に発売する。国土交通省では、レベル3の自動運転車への型式指定は「世界初」(国交省)だとしている。(2020/11/12)

ホンダ、「自動運転レベル3」の型式指定を取得 「自動運行レジェンド」2020年度内発売へ
おおお! いよいよ「レベル3」が登場するよぉぉ。(2020/11/11)

ホンダ、自動運転レベル3を実用化 20年度発売の新型車に搭載 事故で等級下がらない保険商品も
本田技研工業(ホンダ)が自動運転「レベル3」相当の自動運行装置を搭載した乗用車を発売する。(2020/11/11)

20年度内に「レジェンド」搭載:
ホンダ、自動運転「レベル3」搭載車発売へ 指定は世界初
ホンダは、自動運転の「レベル3」に求められる型式指定を国土交通省から取得した。高速道路などで全ての運転操作をシステムが実行する。このシステムを搭載した高級セダン「レジェンド」を2020年度内に発売する計画だ。(2020/11/11)

新パッケージで実装面積も低減:
NXPの新車載マイコン、ソフト開発の負担減を目指す
NXP Semiconductors(以下、NXP)は2020年11月10日、Arm Cortex-Mシリーズをベースとした車載向け汎用マイコン「S32K」ファミリーの新製品として、Cortex-M7コアを搭載した「S32K3」ファミリーを発表した。(2020/11/11)

自動運転技術:
PR:走行テストからシミュレーションまでをシームレスにつなぐ「データドリブン開発」
自動運転システムの開発において、実走行でのテストや評価に依存した従来の開発手法は限界が見え始めている。3D CGによるバーチャルな環境でテストを行う手法が注目されているが、現状ではシミュレーション環境の構築には時間やコスト、人手など多くのリソースを要する。dSPACEはこうした課題の解決策として、「データドリブン開発」を提供する。(2020/11/11)

ボンネットから火柱が噴きあがる!? 米スバル、フーニガン「ジムカーナ」次回作に登場する新マシン「WRX STI」公開
「ジムカーナ」専用に作られた刺激的なマシン。(2020/11/10)

現場管理:
リアルタイム位置情報システムをBIMと連携、羽田隣接の「HICity」で施設運営ツールに導入
鹿島建設は、GNSS環境が無い現場でも、資機材や作業員の位置を把握する現場管理システムをBIMとリンクさせることで、商業施設内の人やロボットの動きを可視化して、施設運用の効率化につなげることを目指している。(2020/11/10)

新たな道路交通インフラ社会へ 実証施設「NECモビリティテストセンター」が開設
NECは、ローカル5Gや映像分析技術などを活用した実証施設「NECモビリティテストセンター」を開設。新しい道路交通インフラ社会の実現に向けて、インフラ協調型のモビリティサービスや自動運転支援などの評価・検証の場として活用する。(2020/11/9)

製造マネジメントニュース:
トヨタ章男社長が語った、東富士の「ウーブンシティ」やテスラへの思い
トヨタ自動車は2020年11月6日、オンライン説明会を開き、2021年3月期第2四半期(2020年4〜9月期)の決算を発表した。当初、通期業績の予想で営業利益を5000億円としていたが、2020年4〜9月期の営業利益が5199億円だった(前年同期比62.8%減)。営業収益は前年同期比25.9%減の11兆3752億円、当期利益が同45.3%減の6293億円だった。(2020/11/9)

NEC、5Gと映像分析の実験施設を開設 交通分野でデータ活用など研究
NECが、5Gや映像分析などを活用して交通分野の実証実験を行う施設を開設した。道路のインフラと車両を無線でつなぎ、事故の抑止や自動運転支援に役立てる“インフラ協調型モビリティーサービス”の検証や評価を行う。(2020/11/6)

自動車メーカーのTesla、テキーラ「Tesla Tequila」を250ドルで発売 即完売
米電気自動車企業のTeslaが、アルコール度40%のスピリッツ「Tesla Tequila」をオンラインショップで発売した。75mlで250ドル(約2万6000円)で、即完売した。(2020/11/6)

モータースポーツ超入門(2):
F1にこだわり続けたホンダ、なぜ参戦終了を決めたのか
ホンダの参戦終了は世界中のファンはもとより、F1関係者にも大きなショックを与えた。ただ、ホンダの経営判断を理解するには、自動車産業を取り巻く環境変化や、F1そのものの在り方についても配慮しなければならないのではないか。(2020/11/6)

スタートと同時に壁にまっしぐら 自動運転レーシングカーが起こした珍クラッシュが大ウケ わずか2秒でレース終了
システムエラーとヒューマンエラーの悲しい合体技。(2020/11/4)

有人飛行に成功:
「空飛ぶクルマ」内部が公開 実際に座って分かったSkyDrive社の狙い
空を自由に移動してみたい――。誰もが一度は考えたことがあるだろう。その夢が近い将来実現するかもしれない。有人飛行に成功した空飛ぶクルマを開発したSkyDriveが、展示用モデルの一般公開を開始した。(2020/11/4)

ソフトウェアの再利用性など強みに:
CASEからPACEへ、コロナ後に向けたルネサスの車載戦略
ルネサス エレクトロニクスは2020年10月28日、オンラインで車載事業に関する説明会を実施し、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が車載市場に与える影響およびコロナ後に向けた同社のソリューションなどについて語った。(2020/11/4)

【特集】物流Techのいま(1):
物流Techの登場で何が起こるのか、フィジカルインターネットとは何か
人手不足やサービスの複雑化、高度化が進む物流業界。デジタル化は早くから進んできたが、もう一段のデジタル変革が起ころうとしている。データ流通やAIの適用、クラウドサービスや新しいプラットフォームビジネスの登場など、情報技術を軸に業界の変革が次々と起こる。世界的な物流改革の流れと合わせて国内の状況がどうなっているか、今後数年でどう変わるかを見ていく。(2020/11/4)

AI・機械学習の用語辞典:
フレーム問題(Frame problem)とは?
用語「フレーム問題」について説明。有限の処理能力しか持たないAI/ロボットは、無限の可能性を含む現実的な課題において、その課題に関係のあることだけを選び出して(=フレームを設定して)適切に実行するのが難しいことを指す。(2020/11/4)

和田憲一郎の電動化新時代!(39):
日本は「自動車産業After2050」を考えるときではないか
各国の規制は既に2050年までほぼ固まっており、これが早まることはあっても、後退することはないだろう。海外の自動車メーカーもこれに沿って車種ラインアップや事業計画を見直していると予想される。そう考えると、他社より一歩先んずるためには、まだ固まっていない、不透明な2050年以降を想定していくことが必要ではないだろうか。まさに日本が生き残るための「自動車産業After2050」である。(2020/11/2)

トヨタ、KDDIに約520億円の追加出資 次世代の研究開発を強化
KDDIとトヨタ自動車が、コネクテッドカー技術などの研究やサービス開発、ビッグデータ活用に向けた新たな業務資本提携を結んだと発表した。(2020/10/30)

自動車業界の1週間を振り返る:
自動車業界の上期決算発表がスタート/燃料ポンプで大規模リコール
みなさんこんにちは。金曜日です。初めての試みですが、自動車業界の1週間の出来事を振り返れるような記事を載せてみようかと思い、このようなコーナーを始めました。メールマガジンの編集後記のような、ゆるくふわっとしたトーンでやっていきます。週末なので軽い気持ちで「こんな記事も出ていたんだな」と思っていただけるととてもうれしいです。(2020/10/30)

車載情報機器:
ユーザーを察するクルマの実現へ、AZAPAが感性可視化プロジェクトを開始
AZAPAは2020年10月29日、人間の感性や感情を可視化してプロダクトやサービスに応用することを目指すプロジェクト「プロジェクトオリーブ」を開始したと発表した。(2020/10/30)

BAS:
日立、感染症リスクを軽減した新型エスカレーター
日立製作所と日立ビルシステムは、日本市場向けに機能性・意匠性を高めた新型エスカレーター「TXシリーズ」と、エスカレーター用感染症リスク軽減ソリューションの販売を開始した。(2020/10/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。