ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「安全」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「安全」に関する情報が集まったページです。

国公立大志願者の状況は? 受験生の安全志向は感じられない
今週は、2024年度の国公立大一般選抜の志願者数をまとめた、国公立大志願者数ランクをお届けする。(2024/3/1)

ドローン:
小型空撮ドローンがアップデート、送電線や鉄塔付近での操作性を向上
ACSLは、小型空撮ドローン「SOTEN」をアップデートし、送電線や鉄塔付近での操作性が向上した。交流磁界が発生する場所におけるドローンの活用を促進することで、人手不足対策や安全性の向上に貢献する。(2024/3/1)

過半数が「AIでより価値の高い仕事に時間を割ける」と回答:
セキュリティ担当者は「AIを業務に安全に導入するための知識や認識が組織に足りない」と感じている ISC2
ISC2は、AIがサイバーセキュリティ人材に与える影響について調査した結果を発表した。同社は「AIの専門知識とAIを活用した脅威の可能性に対処するための準備状況の間に格差が広がっていることが明らかになった」としている。(2024/3/1)

PR:【漫画で解説!】経営層を悩ます「コスト削減」「IT人材不足」 パンク寸前の開発チームに頼らず簡単、安全、リーズナブルにサイトを立ち上げるには
(2024/3/1)

産業動向:
日建設計と東大、地震後の建物の蓄積ダメージを正確に把握できるシステムを共同開発
日建設計と東大は、地震後の建物の蓄積ダメージを正確に把握できるシステムを共同開発した。仕上げに覆われた柱や梁のひずみの直接測定やダメージの蓄積度から安全性を正確判断し、建物の早期復旧を支援するとともに、安心な継続利用を実現する。(2024/2/29)

VPN徹底解説【前編】
いまさら聞けない「VPN」の基礎知識 暗号化が必要になった理由は?
リモートアクセスを安全にする手段としてVPNは広く普及している。そもそもVPNはどのような技術で、どのような利点があるのか。(2024/2/28)

現場管理:
吊り荷直下への侵入をAIとGNSSでリアルタイム監視 熊谷組が安全システム開発
熊谷組は、AIとGNSSを活用し吊り荷直下への侵入者をリアルタイムで監視できる安全システムを開発した。危険エリアへの侵入時には警報装置で注意喚起する。また、吊り荷真下をLED投光器で照らして可視化し、事故を未然に防ぐ機能も搭載した。(2024/2/27)

AIの法的リスクを回避【前編】
NVIDIAの開発キットを活用 Getty Imagesの「画像生成AI」はなぜ安全なのか?
ビジネスにおける生成AI活用が進む中で、著作権侵害をはじめとする法的リスクが顕在化している。法的リスクを回避することを考慮した画像生成AIツールとは。(2024/2/27)

第8回 JAPAN BUILD TOKYO:
eYACHOにAIによるKY活動支援とテレビ電話の新機能 2024年春リリース
MetaMoJiが開発した「eYACHO」は、紙の野帳をデジタルに置き換える現場管理アプリ。手書き入力に対応し、図面や工事日報、作業計画といった情報をリアルタイムで共有する。2024年春には、AIによるKY活動支援の「安全AIソリューション」と、手書きメモや音声を共有するテレビ電話「GEMBA Talk」の搭載が予定されている。(2024/2/26)

素材/化学メルマガ 編集後記:
リチウムイオン電池の爆発について考える、危険視される乗り物とは
神戸大学 数理データサイエンスセンター教授の木村建次郎氏に行ったインタビュー記事で紹介しきれなかった内容を取り上げています。不良品のリチウムイオン電池の危険性やリチウムイオン電池が搭載されるモノで今後安全性が心配される製品について触れています。(2024/2/26)

Macを安全に使うには【第5回】
Macを守る「セキュリティキー」とは? “Appleだから安全”とは限らない
AppleはMacを攻撃から保護するためにソフトウェア面でさまざまな工夫を凝らしているが、それだけではない。物理的なセキュリティキーを用いたMacの守り方と、その注意点とは。(2024/2/23)

大工の“じっじ”からすんごい木馬届いた 孫のため尽くした職人技に「安全設計すごい」と称賛
服は服で“ばっば”の手作り。すご祖父母……。(2024/2/21)

Google、Microsoft、MetaなどIT系20社、選挙イヤーでのAI悪用阻止協定
GoogleやMicrosoftなど大手IT企業20社のグループがミュンヘン安全保障会議で、世界で行われる選挙でのAI悪用と戦うための技術協定を発表した。2024年は40以上の国、40億人以上の人々が選挙に参加する。(2024/2/19)

ChatGPT開発のOpenAI、動画生成AI「Sora」発表 文章から最長60秒の動画を生成
現在は専門家とともに安全対策を行っているとのこと。(2024/2/16)

エネルギー管理:
長期脱炭素電源オークション、既設原発の安全対策投資も対象に
脱炭素電源への新規投資の促進を目的に、2023年度からスタートした「長期脱炭素電源オークション」。第2回オークションの開催に向けて、水素・アンモニアや既設原子力、水力発電の取り扱いが整理された。(2024/2/16)

Macを安全に使うには【第4回】
パスワードが要らない認証「パスキー」でMacを守るには?
パスワード要らずの認証方法として「パスキー」(Passkey)の利用が広がりつつある。Macの安全利用のためにもパスキーは有効なツールだ。どのような仕組みなのか。(2024/2/16)

情報流出拡大:
LINEの安全性に疑念 専門家「使うか使わないかの二択しかない」
 通信アプリ「LINE(ライン)」の利用者や取引先などに関する最大44万件の情報が外部に流出した可能性がある問題で、LINEヤフーは14日、調査する中で新たに最大約7万9000件が流出した可能性があると発表した。(2024/2/15)

バッテリー式UPSのリスク【前編】
UPSは「安心安全」のはずが……バッテリーで変わる非常用電源の火災リスク
データセンター停電時の非常用電源になる「無停電電源装置」(UPS)。安心と安全のための装置だが、UPSの種類によっては火災を引き起こすことがある。どのようなリスクがあるのか。(2024/2/15)

AIの安全性を検討する専門機関、IPAが設立 内閣府や経産省なども協力
情報処理推進機構(IPA)は2月14日、AIの安全性を検討する機関「AIセーフティ・インスティテュート」(AISI)を設立した。(2024/2/14)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(110):
エンジニアに「キャリア安全性」はあるのか
働き方が変わろうとしているいま、「将来も、きっと大丈夫だ」と思えていますか?(2024/2/14)

現場管理:
西松建設、山岳トンネル工事の内空変位計測を「スマートプリズム」で効率化
西松建設は、山岳トンネル工事の内空変位計測を効率化する「スマートプリズム」を開発した。トンネル壁面へのプリズム挿入配備により、取り付けや取外しに伴う高所作業を不要とし、作業の省力化や安全性の向上を図る。(2024/2/13)

ダイハツ 1カ月半ぶり生産再開 従業員「やっと始まった」「悪いところは正す」
ダイハツ工業は12日午前、認証不正発覚を受けて停止していた京都工場(京都府大山崎町)での自動車生産を約1カ月半ぶりに再開した。安全性が確認されたとして国土交通省が出荷停止指示を解除した2車種が対象で、昨年12月に国内の全工場の稼働を停止して以来、初の生産再開となる。(2024/2/12)

パスワードレス認証でセキュリティ向上【中編】
パスワードを使わない「パスワードレス認証」が“より安全”になるのはなぜ?
IDセキュリティが脆弱(ぜいじゃく)になる問題の解決策になる手段として、パスワードレス認証がある。そもそも従来の対策では何が駄目で、なぜパスワードレス認証を検討すべきなのか。専門家の見方を紹介する。(2024/2/12)

安全衛生:
国交省、建設現場の事故データ1600件を一般公開 安全性向上に寄与
国土交通省は、2019〜2022年度に地方整備局/都道府県/政令市で発生した約1600件の建設現場での事故データを、Webサイトで一般公開した。事故の経緯や背景、発生後の対策などを広く周知することで、事故防止に役立ててもらう。(2024/2/9)

機密漏えい、罰則2段階 政府のセキュリティー・クリアランス制度 懲役10年か拘禁5年
経済安全保障上の機密情報へのアクセスを官民の有資格者に限る「セキュリティー・クリアランス(SC、適格性評価)」制度の創設に向けた法案が、自民党の会合で示された。機密情報の重要度に応じ、漏洩した場合の罰則を2段階で設けるのが柱。(2024/2/8)

そのSaaS本当に安全ですか?:
SaaSのセキュリティ対策ってどうやるの? まずは周辺のリスクを整理しよう
SaaS事業者がサイバー攻撃の被害を受けてサービスを停止したり、ヒューマンエラーなどによって個人情報が漏えいしたりといったセキュリティ事案が発生している。安心、安全なSaaSを見極めてセキュリティ性を適切に評価するポイントを探ります。(2024/2/2)

AI:
トンネル施工で軌道装置内の“人の立ち入りをAIで検出”、熊谷組とアクティオ
熊谷組とアクティオは、トンネル施工時に軌道装置内への作業員の立ち入りをAIで検出する「軌道装置接近警報システム」を開発した。脱着可能なカメラと警報出力機構を一体化し、AIの画像処理で、安全通路にいる人は除外して、軌条内にいる人物のみを検知する。(2024/2/7)

現場管理:
AIで墜落制止用器具の不使用者を自動検知するシステム、レンタルを開始
西尾レントオールは、墜落制止用器具(安全帯)の不使用者を自動検知するシステムのレンタルを開始した。画像認識AI技術を活用し、フックを使用していない作業員を自動判定して通知するもので、レンタルにより現場導入のハードルを下げることで、墜落、転落事故防止を支援する。(2024/2/5)

TechTargetジャパン 特選プレミアムコンテンツ:
「SSD」は穴を空けても復旧可能? 安全な廃棄方法は
ストレージとして一般的に利用されるようになったSSD(ソリッドステートドライブ)は、5年ほどで寿命が来ると言われる。この際、適切に廃棄しなければデータ流出の危険にさらされてしまう。どう対処すればよいのか。(2024/2/4)

元あいのり・桃、“めちゃ気に入った”高級外車の初購入で「ぎゃーー!」 オラオラしてない1台に「テンション上がってます笑」
安全性能の高さにも定評。(2024/2/2)

製造現場向けAI技術:
半導体製造工場の労災防止AIを共同開発、24時間リアルタイム監視で安全確保
HACARUSは、東京エレクトロンと共同開発中の半導体製造工場向け労災防止AIについて発表した。これまで人では難しかった24時間リアルタイム監視体制が構築可能になり、より安全な職場環境づくりに貢献する。(2024/2/2)

ドローン:
見通し外を飛行するドローンを169MHz帯通信で安全に制御する技術を開発
情報通信研究機構(NICT)は、見通し外かつ携帯電話圏外の環境においてドローンを安全に制御する技術の実証実験に成功した。山中や海上、災害現場における設備点検、捜索、調査などでのドローン実用化を目指す。(2024/2/2)

日産の商用バン「クリッパー」がEVに 航続距離はフル充電で最大180キロ
日産自動車が「日産クリッパーEV」を2月12日に発売する。荷室性能と積載量を確保しつつ、安全性能も充実させた。(2024/2/2)

MetaのザッカーバーグCEO、公聴会で自殺者の写真を掲げる傍聴人に直接謝罪
米連邦議会上院司法委員会が開催したSNSでの子供の安全に関する公聴会は4時間にわたった。傍聴席にはSNS関連で自殺した被害者の親が多数並び、MetaのザッカーバーグCEOは立ち上がって彼らに謝罪の言葉を述べた。(2024/2/1)

医療技術ニュース:
安全性が高く、高効率なアレルギー治療用経口ナノ粒子製剤を開発
慶應義塾大学と九州大学は、アレルギー治療に用いることが可能な、安全性および治療効率の高い経口ナノ粒子製剤の開発に成功した。これまで適用が難しかった、重症患者や乳幼児も適用できる可能性がある。(2024/2/1)

スマホ不要の生体認証で買い物可能な時代へ
“安全と利便性”を両立した「生体認証」活用で東武鉄道と日立がめざす未来とは
東武鉄道と日立製作所は生体認証を活用することで、消費者の利便性向上や社会課題の解決をめざす。両社が共同開発したデジタルアイデンティティーの共通プラットフォームについて、求められた技術要件や課題、今後の展望と併せて紹介する。(2024/2/1)

グローバルなデータセンターの電力消費量が4年で2倍以上に急増、国際エネルギー機関が予測 “AI競争”は電力調達がカギに?
国際的なエネルギー安全保障や経済成長、環境保護などを掲げるIEAが、グローバルなデータセンターの電力消費量は2026年には2022年の2倍以上に急増するとの予測を明らかにしました。(2024/1/30)

現場管理:
危険度評価も可能なKY活動がスマホだけで完了
MCデータプラスが運営する現場施工管理サービスに「KY(危険予知)支援機能」が追加された。KY活動のデジタル化により、現場の安全対策と業務効率化を支援する。(2024/1/29)

蔵出しブックレット
どれほど高くても「古いスマホ」を使っては駄目な理由 安全に長く使う方法は?
スマートフォンが高額化する中、新機種をすぐに購入せず、古い機種を使い続ける動きが広がっています。ただし古い機種には危険が潜んでいることも。その実態と、スマートフォンを安全に使い続ける方法を解説します。(2024/1/29)

人を育てることでセキュアな組織に変わる
オンライン研修で情報処理安全確保支援士の取得と維持を支援
組織のセキュリティを高める方法の一つが専門人材の育成だ。情報処理安全確保支援士を組織内に抱えることで、セキュアな組織を作るにはどうすればよいのだろうか。名ばかり資格者を使える資格者に変える施策も必要だ。(2024/2/1)

アナリストの“ちょっと寄り道” 調査データの裏側を覗こう:
IT業界とモノづくり業界が「せめぎ合い」 自動車業界の“裏側”に迫る【前編】
自動車業界への“ITの進出”のスピードは加速する一方だ。「自動車の性能をソフトウェアが規定する」SDV時代の到来を前に、自動車業界の「安全を至上とするものづくり文化」とIT業界の「アジャイルを是とする文化」の落としどころは見つかるか?(2024/1/26)

産学連携の取り組み:
生成AIの社会実装へ、ベネッセなどが新団体「Generative AI Japan」を設立
ベネッセコーポレーションとウルシステムズが共同発起人となり、一般社団法人Generative AI Japanを発足した。安全で、生産性を高める生成AIの社会実装を目指す。(2024/1/26)

Macを安全に使うには【第1回】
「Windows」ではなく「Mac」が危ないのはなぜ? Appleの“安全神話”は崩壊か
MacをはじめとしたAppleデバイスは攻撃されない――。これは大きな誤解だ。過去には間違いではなかったが、脅威の状況は変わっている。Macを狙った脅威はどれほど増えているのか。(2024/1/26)

セキュリティニュースアラート:
日経225企業のDMARC導入率、欧米と比較して大きな開き プルーフポイントが警鐘
日本プルーフポイントは日経225企業が「なりすましメール詐欺」対策で欧米に遅れていると報告した。DMARC認証の国内外企業における利用状況の調査に基づいており、日本企業の安全性対策に重要な課題を示唆している。(2024/1/25)

Veeam Software Japan株式会社提供Webキャスト:
PR:単なるバックアップでは守り切れない? ランサムウェア対策に必要な3要件とは
バックアップはランサムウェア対策に有効とされているが、実際には、データを完全に復元できる確率は高くない。回復力を強化するにはどうすればよいのか。重要なのは、「安全」「確実」「高速」の観点だ。(2024/1/25)

蔵出しブックレット
「Windows 10」搭載PCを“使えない、危ないマシン”にしない方法
Microsoftは「Windows 10」を使用するためのシステム要件を公開していますが、PCがこれに従っているだけでは実用上、十分ではないことがあります。Windows 10搭載PCを快適かつ安全に使用するこつを紹介します。(2024/1/25)

ダイハツ不正 トヨタ流が“上滑り”した理由 露呈したガバナンス不全
トヨタ自動車がグループガバナンスの危機に直面している。ダイハツ工業が車両安全の認証不正で国土交通省から是正命令を受け、日野自動車によるエンジン性能試験の不正に続き、子会社で、トヨタが最も重視する現場に根ざした改善の文化の欠如が露呈した。(2024/1/24)

「心理的安全性」は自ら高める “あの人”が周囲と軋轢ばかり抱える理由
心理的安全性を整えるは組織側の問題だと考えるビジネスパーソンもいるのではないか。個々人があるスキルを磨くことで組織の心理的安全性の向上に貢献し、自身のキャリアアップにも役立つ。どのようなスキルなのか。(2024/1/31)

生成AIを活用し2週間で250のAPIを開発 生産性が大幅に向上
NECの社内での生成AI活用を支えるAPI連携プラットフォームの全貌
NECは、全社規模のデータドリブン経営や社内AI活用で早くも成果を挙げつつある。同社は誰もが安全にAIやデータを使える環境をどう構築したのだろうか。技術背景をキーパーソンに聞いた。(2024/2/5)

宮田健の「セキュリティの道も一歩から」(93):
クラウドって本当に安全なの? 正しく怖がりしっかり使おう!
「モノづくりに携わる人」だからこそ、もう無関心ではいられない情報セキュリティ対策の話。今回は、製造業における「クラウド利用」について取り上げてみたいと思います。(2024/1/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。