ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「安全」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「安全」に関する情報が集まったページです。

iPS細胞で心臓病治療、命に直結する病気は直せるか 鍵は安全性
大阪大学が発表したiPS細胞による心臓病手術はこれまでと違い、命に直結する病気を扱うものであり、今後の再生医療の試金石となる。iPS細胞による治療が進むかどうかは、術後の安全性の確認にかかっている。(2020/1/29)

パナソニックが考える「2020以降の街づくり」:
パナソニックがロボティックモビリティの安全性を高める制御ユニットを開発
パナソニックは空港などの施設で使用するロボティックモビリティの安全性を高める制御ユニットの開発を進めている。(2020/1/29)

MONOist 2020年展望:
自動運転で広がる非競争領域、足並みを速やかにそろえられるか
自動車業界の大手企業が自前主義を捨てることを宣言するのは、もう珍しくなくなった。ただ、協調すること自体は目的ではなく手段にすぎない。目的は、安全で信頼性の高い自動運転車を速やかに製品化し、普及させることだ。協調路線で動き始めた自動車業界を俯瞰する。(2020/1/28)

「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策ガイドライン」詳説(4):
ビルシステムに対する安全対策と“サイバーセキュリティ対策”の考え方の違いとは?
本連載は、経済産業省によって、2017年12月に立ち上げられた「産業サイバーセキュリティ研究会」のワーキンググループのもとで策定され、2019年6月にVer.1.0として公開された「ビルシステムにおけるサイバー・フィジカル・セキュリティ対策ガイドライン」について、その背景や使い方など、実際に活用する際に必要となることを数回にわたって解説する。あまりセキュリティに詳しくない方でも分かるように、なるべく専門用語を使わずに説明する。(2020/1/28)

車載ソフトウェア:
自動運転システムの安全性を自動分析する新手法、肝は「大まかに捉える」
国立情報学研究所(NII)は、アーキテクチャ科学研究系 准教授の石川冬樹氏の研究チームが、自動運転車をはじめとする複雑な自動車システム設計の安全性を自動分析する手法を開発したと発表した。この研究成果は、複雑ソフトウェアシステムに対する工学についてのフラグシップ国際会議「ICECCS 2019」で最優秀論文賞を受賞している。(2020/1/27)

製造業IoT:
PR:工場のIoT活用に立ちはだかる壁、OTデータの収集はどうすれば実現できるのか
製造業の生産現場におけるIoT活用で大きな課題になっているのが、各工場の装置や設備などから生成される「OT(制御技術)データ」の収集だ。散在するOTデータを、いかに安全・簡単に収集してIoT活用につなげ、経営に生かせるようにするにはどうすればいいのだろうか。(2020/1/27)

「業界トップ水準」の飛行時間も強調:
GPS無しでも自律飛行可能、「国産」小型産業用ドローン
自律制御システム研究所は2020年1月23日、屋内外で飛行可能な小型産業用ドローン「Mini」を発表した。独自開発の『国産』自立制御技術によって、GPSやGNSSデータが取得できない環境でも安全な自律飛行が可能といい、同社は、「工場内の巡回、屋内点検、倉庫内在庫管理、建物の外壁、橋梁下の点検など幅広い場所で適応できる」としている。(2020/1/24)

ドローン:
無人航空機が緊急時に自律的に危険回避する技術の飛行実証試験を実施
新エネルギー・産業技術総合開発機構は、無人航空機が緊急時に自律的に危険回避する技術の実証試験を実施した。同技術により、地上と無人航空機間の通信インフラが十分でなくても、無人航空機を安全に飛行できる。(2020/1/23)

製造ITニュース:
テレワーク技術を工場ネットワークに転用、ITとOTをセキュアに融合する新技術
e-Janネットワークスは、工場に安全なネットワーク環境を提供する工場ネットワークアクセスサービス「NinjaConnect ISM」を2020年2月3日に発売すると発表した。2022年度までに600工場への導入を図り、年間3億円の売上高を目指すとしている。(2020/1/23)

働き方改革でIT管理の負荷も軽減
シンクライアントは不要 テレワークのPC環境を安全かつ効率的に構築する方法
働き方改革において「テレワーク」は重要な施策の一つと考えられている。しかし、いざ実施するとなればセキュリティやPC管理の課題が浮上する。どのようなPC管理ならばテレワークを適切に実践できるのか。その方法を紹介しよう。(2020/1/28)

安全システム:
スバルのADAS高度化の主役はステレオカメラ、車台にもまだ伸びしろ
SUBARU(スバル)は2020年1月20日、東京都内で記者会見を開き、中長期的に取り組む環境技術や安全技術の方針を発表した。あらゆる環境下で誰もがコントロールしやすく、意のままに操れることを目指した車台(プラットフォーム)づくりにも同時並行で取り組む。(2020/1/22)

GoogleとAlphabetのCEO、ピチャイ氏「AIは法による規制が必要」
AlphabetとGoogleのCEOを務めるスンダー・ピチャイ氏が、AIを安全に使うためには国際的な法による規制が必要だとあらためて主張した。(2020/1/21)

半径300メートルのIT:
ゼロデイ攻撃発生、ユーザーにできる「減災」と「防疫」とは
Emotet、Citrix製品へのゼロデイ攻撃、Windows7のサポート終了、IEの脆弱性……、2020年もセキュリティに関する話題は盛りだくさんです。「完璧な安全」は誰にも保証できない時代、ユーザー側でできる最善の備えは何になるのでしょうか。(2020/1/21)

オートモーティブ ワールド2020:
ノイズに強いCMOSセンサー用電源ICなどをデモ
リコー電子デバイスと新日本無線は、「オートモーティブ ワールド2020」に共同出展し、自動車分野向け機能安全規格に対応したCMOSイメージセンサー用複合電源ICや、入力端子に加え電源端子のEMI耐性を強化したオペアンプなどを紹介した。(2020/1/21)

2019国際ロボット展:
「協働ロボットは遅い」を解決、軽量化で安全性と高速性を両立させるモーター技術
カナダのGenesis Robotics & Motion Technologiesは「2019国際ロボット展(iREX2019)」(2019年12月18〜21日、東京ビッグサイト)において、協働ロボットをターゲットとした、独自のダイレクトドライブモーター技術やプラスチックのギアボックス技術などを紹介。協働ロボットを軽量化することで、人と働く安全性を確保しながら、高速動作による生産性を確保する価値を訴えた。(2020/1/20)

貴社のHDD“確実に”廃棄していますか?
狙われるハードディスク “人頼み”の廃棄処理から情報流出リスクをなくすには
安全に廃棄されたはずのHDDから、内部情報が流出――あらゆる組織が恐れるシナリオが現実化したような事件が起こった。人手不足に悩む組織の情シスや中堅中小企業はどう対策すればいいのか。情報流出リスクをなくす取り組みを紹介しよう。(2020/1/23)

オートモーティブワールド2020:
CFRPの間に発泡材を挟んで軽量化、発泡素材の可能性を広げる積水化成品
積水化成品は「オートモーティブワールド2020」(2020年1月15〜17日、東京ビッグサイト)において、自動車の軽量化や安全性に貢献する同社の発泡素材とその複合化技術などを訴求。CFRP(炭素繊維強化プラスチック)と発泡体を組み合わせ、軽量化や柔軟性などを実現した素材などをアピールした。(2020/1/16)

建設キャリアアップシステム:
書類作成サービス「グリーンサイト」がCCUS登録に無料で連携
MCデータプラスは、安全書類作成サービス「グリーンサイト」に登録している技能者のデータを、「建設キャリアアップシステム(CCUS)」に連携登録させるオプション機能が無償で提供されるキャンペーンを始める。(2020/1/16)

Windowsに証明書偽装の脆弱性、セキュリティ機関が一斉アラート
問題の脆弱性を悪用すれば正規のroot証明書に見せかけた不正な証明書を偽造できる恐れがあり、メールや実行可能コードの署名、HTTPS接続などの安全対策が脅かされかねない。(2020/1/15)

Google、サードパーティー製CookieのChromeでのサポートを2年以内に終了へ
Googleが、Webプライバシー強化のためにサードパーティー製CookieのChromeでのサポートを段階的に廃止すると発表した。FirefoxやSafariは既にブロックしているが、安全な代替ツールを確立するのが重要だとしている。(2020/1/15)

Microsoft、NSAが報告した危険度1の脆弱性修正を含む月例セキュリティ更新プログラムを公開
Microsoftが1月の月例セキュリティ更新プログラムを公開した。米国家安全保障局(NSA)が報告した暗号化を悪用する危険度1の脆弱性修正を含む。(2020/1/15)

MONOist×AUTOMOTIVE JOBS:
【最新版】自動車メーカーの経営安全性を比較!自己資本比率ランキング
最新の有価証券報告書をもとに国内自動車メーカー9社の自己資本比率を算出し、ランキングにしました。(2020/1/15)

山岳トンネル工事:
湿潤養生と浮遊粉じんの除去を同時に行える「E-WALKミスト工法」を開発
戸田建設は、トンネルを長期間安全に使用するために、覆工コンクリートの耐久性を高める取り組みを進めている。(2020/1/14)

PR:安全な認証を手に入れる――Wワンタイム2要素認証の魅力とは
(2020/1/14)

病院のBYODで想定すべきリスクと対策
「電子カルテを私物スマホで見たい」を安全にかなえる方法は?
医療機関は患者情報などの機密データを扱うため、セキュリティ対策とデータ保護は特に重要だ。医療機関で私物端末の業務利用(BYOD)が一般的になると状況は複雑になる。最低限どのような対策が必要か。(2020/1/14)

【特集】Transborder 〜デジタル変革の旗手たち〜:
PR:Emotet、DarkHotel――注意喚起や従来の手法では感染を防ぎきれない。脅威に挑むセキュリティのスペシャリストたち
Webやメールを通して組織を狙うサイバー攻撃が巧妙さを増している。一見安全に見えるリンク先にマルウェアを紛れ込ませるといった手口は、ユーザーの“注意”や従来型のメールセキュリティでは防ぎきれないという。そんな脅威と戦うセキュリティ専門家に、新たに注目すべき対策を聞いた。(2020/1/27)

AppleがiPhone XS/XS Max/XR用「Smart Battery Case」無償交換プログラム
Appleが、昨年1月に発売したiPhone XS/XS Max/XR用純正バッテリーケース「Smart Battery Case」の無償交換プログラムを開始した。安全性にかかわる問題ではなく、充電がうまくできない問題が報告されたためだ。(2020/1/11)

車載ソフトウェア:
車載向けハイパーバイザーがASIL D認証を取得
BlackBerryの「QNX Hypervisor 2.0 for Safety」が、第三者認証機関のテュフ・ラインランドから、自動車分野の機能安全規格で最高水準となる「ISO 26262 ASIL D」認証を取得した。(2020/1/10)

CES 2020:
ソニーはクルマで何をしたいのか?
完成度の高いコンセプトカーを披露したソニーは、クルマを作ろうとしているのか? 実は既存のセンサーや技術を用い、クルマを安全面やエンターテインメントの分野で進化させるのが狙い。(2020/1/8)

アナログ・デバイセズ幹部が解説:
PR:自動運転のカギを握るのはLIDAR ―― 「未来の自動車」に向けたセンシング技術展望
自律輸送の時代が近づきつつあります。高いレベルの自律性を備える輸送システムが、今まさに実現されようとしている。その基盤になるのは、MEMSベースの次世代慣性センサーや、レーダー、LIDAR(Light Detection and Ranging)のソリューションである。それらの高性能センシング技術について、アナログ・デバイセズで自律輸送/車両安全担当ヴァイスプレジデントを務めるChris Jacobsが解説する。(2020/1/8)

ソフトバンク、見守り機能を搭載した「キッズフォン2」1月17日に発売 顔認識スタンプや学習アプリも
ソフトバンクは、1月17日にセイコーソリューションズ製の子ども向けケータイ「キッズフォン2」を発売する。頑丈なボディーに子どもが安心・安全に使用できる見守り機能を搭載し、小学生向けの漢字学習アプリも利用できる。(2020/1/7)

米政府のWebサイトが改ざん被害 トランプ大統領の加工画像などが掲載される
米国土安全保障省は、イランのサイバー攻撃によって重要インフラの混乱などが予想されると警告し、対策を促している。(2020/1/7)

ルネサス RV1S92xxA、RV1S22xxA:
沿面距離8.2mmを確保した小型フォトカプラ
ルネサス エレクトロニクスは、産業機器や太陽光発電のインバーター向け小型フォトカプラ「RV1S92xxA」「RV1S22xxA」シリーズの5製品を発表した。安全な動作を保証するため、沿面距離8.2mmを確保している。(2020/1/7)

VR:
建築業の実写VR安全研修を共同開発、ジョリーグッドとメッド
ジョリーグッドとメッドコミュニケーションズは、建築現場における安全教育を実写VRで行える「建設業向けVR安全研修ソリューション」を開発した。作業現場の危険箇所や不安全行動に対する作業員の意識を醸成し、事故防止へつなげるコンテンツとして、元請け企業などに向けて販売していく。(2020/1/6)

Mobile Monthly Top10:
2019年を振り返る(11月編):Huaweiは「Google」を続けられるか?/“おトク”だけでスマホ決済は広がるのか?
5月に米商務省産業安全局の「エンティティリスト」に収載された中国Huawei(華為技術、ファーウェイ)とその関連企業。その影響で、新機種にGoogle関連アプリとシステムソフトウェアを搭載できない状態となっています。今後、この問題はどのように推移するのでしょうか……?(2019/12/30)

「自動運転車の開発」支える:
トヨタ、ホンダも頼るVR技術会社 「極限の条件」を作り出してきた社長が自動車教習所に商機見いだす理由
自動運転車の開発や安全運転の実現に不可欠で、実用化が見込まれているシミュレーター装置を開発し、トヨタやホンダから重宝されているVR会社がある。建設・土木向けにコンピュータを使ったシミュレーターを開発し、VR技術を培ってきたフォーラムエイトの伊藤裕二社長に今後の展望を聞いた。現状は自動車教習所や病院、海外の交通事故対策などに商機を見いだしている――。(2019/12/28)

食品産業とブロックチェーン【中編】
食品の安全を守る「トラック&トレース」にブロックチェーン技術は役立つか
ブロックチェーンの特徴「デジタル署名されたトランザクションの不変性」を食品トレーサビリティに利用しようと考える食品製造会社の事例が増えつつある。(2019/12/27)

結局、安全なのか危険なのか:
「IQOS危険論」に異議あり? PMJが研究データを基に「紙巻たばこ」「電子たばこ」とIQOSの違いを強調
電子たばこの喫煙が原因とみられる肺疾患が米国で話題となっている。日本で高いシェアを誇るIQOSの安全性はどうなのだろうか。PMJがデータを基に、紙巻たばこや電子たばことIQOSの違いを説明した。(2019/12/26)

パスワードの強度を調べたいときどうする:
「あなたのパスワードは十分安全です」、本当なのか? 英大学が研究
英プリマス大学の研究により、有名Webサイトの一部で運用されているパスワードの強度判定サービスが「一貫性のない、誤解を招く」アドバイスをユーザーに提供していることが明らかになった。(2019/12/25)

TwitterがアニメPNG投稿できる不具合を修正 パフォーマンスやてんかん患者の安全のため
(2019/12/25)

佐川急便がクラウドで運行管理 ドラレコや走行状況、ドライバーの健康情報を集約へ
SGシステムは、複数メーカーのデジタルタコグラフ(デジタコ)に対応するクラウド型運行管理システム「Biz-Fleet」をグループ会社である佐川急便の34営業所に導入する。互換性のない各社のデジタコを一元管理でき、運行管理や安全指導の効率化や強化を図れるという。(2019/12/24)

山岳トンネル工事:
戸田建設がトンネル工事のレール移動を自動化、省人化と安全性向上を実現
山岳トンネル工事などで行われるレール移動作業は効率性が問題となっていた。例えば、延長1000メートルのトンネルの場合、レール移動回数は作業台車とセントルを合わせて約200回にもなり、1回の移動で約30分要するとともに5〜6人の作業員が必要だった。こういった状況を踏まえて、戸田建設と岐阜工業はレール移動作業を自動化する急曲線対応型自動レール移動システム「Rail Walker System」を開発した。(2019/12/24)

人工知能ニュース:
動く障害物も回避、AIを搭載した障害物回避型アームのアルゴリズムを開発
TRUST SMITHは、AIを使った障害物回避型アームのアルゴリズム開発に成功した。動く障害物を安全によけながら、目的物まで到達できる。製造業、農業、インフラ、サービス業など、さまざまな分野で省力化とコスト削減に貢献する。(2019/12/23)

AIで船の自律航行を目指せ――商船三井、東京海洋大らと共同開発に着手
商船三井は、MOLマリン、海上・港湾・航空技術研究所 海上技術安全研究所、東京海洋大学と共同で、避航操船アルゴリズムと運航自動化に関する共同研究を開始する。自律航行の実現に向け、周囲の船による衝突リスクの危険がある領域を避けて避航航路を設定するAI技術を開発する。(2019/12/23)

FAニュース:
3つの頭脳で設備をスマート化する製品群のラインアップを強化
ジェイテクトは、設備をスマート化する「TOYOPUC-Nano」シリーズのラインアップを強化し、2020年1月より販売を開始する。CPUモジュール、安全マスター、エッジコンピュータの3つを一体化し、スマート化する。(2019/12/23)

クラウド上のデータを完全削除したくても、ストレージの物理破壊は不可能……どうする? AWSの説明は
神奈川県庁が富士通リースから借りていたサーバのHDDが不正に転売された結果、膨大な個人情報などが漏えいした事件が起きた。これをきっかけに、HDDなどのストレージをいかに安全に破棄すべきか、という点に世間の関心が高まっている。では、クラウドストレージに保存したデータはどうなのか? AWSジャパンが公式ブログで説明している。(2019/12/20)

“サポカー限定免許”導入へ 事故歴のある高齢者には免許更新時に実車試験も
警視庁の有識者分科会は高齢運転者の事故防止対策として、安全運転サポート車のみの運転を認める限定免許制度や、事故歴や特定の違反歴がある高齢者を対象にに免許更新時の実車試験を導入する方針を示した。(2019/12/20)

IoTセキュリティ:
IoTデバイス向けにTLS対応の暗号鍵保護ソフトウェアを提供開始
丸紅情報システムズは、業界標準プロトコル「TLS」に対応したホワイトボックス暗号方式による暗号鍵保護ソフトウェアの提供を開始した。保管時と使用時に暗号鍵を守れるため、重要な情報収集や制御を担うIoTデバイスで安全にデータ交換できる。(2019/12/18)

カギは「上司コミュニケーション」:
「居心地の良さ」とは関係ない!? 心理的安全性に潜むいくつもの“誤解”とは
Googleが調査結果を発表したことで注目を集める「心理的安全性」。その一方で「メンバーの親密度を示すもの」「居心地のよさを測るもの」といった誤解も多いのだとか。組織行動研究所の今城志保主任研究員が行った発表を基に、調査によって明らかになっている心理的安全性の効果や、職場の心理的安全性の高め方などを解き明かす。(2019/12/18)

量子コンピュータでも解読困難な認証機構:
災害時も衛星経由で医療データを復元「かかる時間はたった9秒」 NICTらが開発
NICTなどのチームは、電子カルテデータの安全なバックアップと、医療機関の間での相互参照や災害時の迅速なデータ復元が可能なシステムを開発した。衛星を経由し、9秒でデータを復元でき、認証の安全性を量子コンピュータでも解読困難なレベルまで上げた。(2019/12/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。