連載
» 2015年11月06日 08時00分 UPDATE

銀座で学んだこと:普通に「おごって」はダメ、一流になるための“極意”とは (1/3)

一流と呼ばれる人たちにみられる「謙虚」や「おおらか」というイメージは、一体どこからやってくるのでしょうか。彼らのそのようなイメージは、単に「いい人」というだけではないようです。

[桃谷優希,ITmedia]

社会的な成功に惑わされてはいけない。そこで成功するのは簡単さ。自分を露出するだけでいい。(ジョルジオ・アルマーニ)

 これまで、出世について連載してきましたが、そもそも出世している方、一流の人たちに多くみられる「謙虚」や「おおらか」というイメージは、一体どこからやってくるのでしょうか。

 彼らが持つそのようなイメージは、単に「いい人」というのではありません。むしろ、彼らの日々の行動や気遣いは、他人が気付かないほど繊細でささいなことのように思います。

一流の「おごりかた」

 「自らが広告塔になって、メディアなどにバンバン出ているときはまだまだ成長過程。ポッと姿を消したときこそ、その人が“天にいるか地獄にいるか”を判断できる」と、某中小出版社のA社長は話します。

 メディアに露出するとたくさんの人が寄って来ますが、それは社内出世でも当てはまるのではないでしょうか。出世すれば飲み会、会食など、たくさんの人に囲まれるでしょう。そのときの行いで、後々、“天にいくか地獄にいくか”が決まると、Aさんは続けます。

 「成功して、周りの人たちと一緒に盛り上がるのはいいことだけれど、ここで気を付けなくてはならないのは、皆、何かしら思惑があって近づいて来ているということ」

 お祝いをされると、ついつい「おごって」しまうかもしれませんが、「おごる」という行為の中にも、一流になる人にはポイントがあるそうです。

 自らの意思で寄って来たにもかかわらず、彼らの多くは多少なりとも嫉妬を秘めています。ですから、「おごるよ」とストレートに言ってしまうと、本人は特に横柄なつもりはなくても、周りは「ちょっと成功したからと言って……」と感じたり、「ここは……じゃなくて、ずっとお前がおごれよ」などと捉えられかねません。

 しかし、出世をされる方は抜かりなく、ただ一言「たまには格好付けさせてください」と、スマートに支払いを済ませます。すると、「なんて謙虚な人なんだ」というイメージが付くのです。

 おごるときも、「上から目線」ではなく「下から目線」で。スマートに支払うのが一流の人のようです。

ks_ginza3.jpg
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

新着記事

news063.jpg
ビールは22円値下げの見込み:
news020.jpg
コンビニ探偵! 調査報告書:
news039.jpg
池田直渡「週刊モータージャーナル」:
Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -