連載
» 2015年12月17日 08時00分 UPDATE

世界を読み解くニュース・サロン:「イケメンや美人は出世しやすい」は本当か (1/4)

見た目の良い人は採用されやすい、出世しやすい――。日本でこうした議論をよく耳にするが、実は海外でも頻繁に話題になるそうだ。海外でもイケメンや美人のほうが出世しやすいと言われているが、最近その定説を覆す研究結果が発表された。

[山田敏弘,ITmedia]

世界を読み解くニュース・サロン:

 今知るべき国際情勢ニュースをピックアップし、少し斜めから分かりやすく解説。国際情勢などというと堅苦しく遠い世界の出来事という印象があるが、ますますグローバル化する世界では、外交から政治、スポーツやエンタメまでが複雑に絡み合い、日本をも巻き込んだ世界秩序を形成している。

 欧州ではかつて知的な社交場を“サロン”と呼んだが、これを読めば国際ニュースを読み解くためのさまざまな側面が見えて来るサロン的なコラムを目指す。


 出世や就職にルックスはどこまで関係あるのか――。

 日本でちょくちょく耳にするこの議論、実は海外でもよく話題になる。というのも、欧米では有名大学や研究機関で真面目に調査が行われたりしているので、この手の話題がメディアに取り上げられることが少なくないのだ。

 例えば米フォーブス誌はかつて、容姿と出世にまつわる研究を紹介した記事で、「特に景気がいまいちで出世の機会がただでさえ低い時に、あなたの容姿は、出世する助けにもなれば、邪魔にもなる」と書いている。つまり、容姿は良くても悪くても出世に間違いなく影響を及ぼすという。

 米テキサス大学の名誉教授で英ロンドン大学の教授でもあるダニエル・ハメルメッシュ氏は、見た目がビジネスに与える影響を専門に研究している経済学者だ。ハメルメッシュ教授は、見た目が良い人は「認めざるを得ない」利益を受けていると主張する。就活で採用を勝ち取る可能性は高くなるし、出世もしやすくなり、給料もよくなる。さらにローンの査定が通りやすくなるし、ローンの条件が良くなったりもするらしい。

 こうした研究などを見返してみると、海外でもイケメンや美人のほうが出世しやすいというのが定説になっているようだ。日本でも『人は見た目が9割』(新潮新書)という本がベストセラーになったことがあったり、あちこちでそんな記事を目にすることから、同様の認識があるのではないかと察する。

 しかし最近、そんな見方を覆す研究結果が発表され、今、海外でちょっとした話題になっている。英国の名門大学であるロンドン大学ユニバーシティ・カレッジ(UCL)が2015年12月8日に公式サイトで取り上げたその研究結果によれば(参照リンク)、実のところ、イケメンであることはいいことばかりではないという。

イケメンや美人は出世しやすいのか
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -