連載
» 2016年06月15日 11時52分 UPDATE

赤坂8丁目発 スポーツ246:イチローが「日本人のアイデンティティー」にこだわる理由 (1/4)

マーリンズのイチロー外野手が「日米通算」でピート・ローズ氏の持つ歴代最多安打4256本の記録を塗り替えようとしている。2001年から大リーグでプレーし、数々の記録を塗り替えてきたイチローのモチベーションはどこにあるのか。

[臼北信行,ITmedia]

臼北信行(うすきた・のぶゆき)氏のプロフィール:

 国内プロ野球、メジャーリーグを中心に取材活動を続けているスポーツライター。セ・パ各12球団の主力選手や米国で活躍するメジャーリーガーにこれまで何度も「体当たり」でコメントを引き出し、独自ネタを収集することをモットーとしている。

 野球以外にもサッカーや格闘技、アマチュアスポーツを含めさまざまなジャンルのスポーツ取材歴があり、WBC(2006年第1回から2013年第3回まで全大会)やサッカーW杯(1998年・フランス、2002年・日韓共催、2006年・ドイツ)、五輪(2004年アテネ、2008年北京)など数々の国際大会の取材現場へも頻繁に足を運んでいる。


このまま順調に行けば、イチローは今季中にメジャー通算3000本安打を達成する(出典:マイアミ・マーリンズのFacebook)

 日本が誇る42歳の安打製造機は衰えることをしらない。マイアミ・マーリンズのイチロー外野手が「日米通算」でピート・ローズ氏の持つ歴代最多安打4256本の記録を塗り替えようとしている。このまま順調に行けば、今季中のメジャー通算3000本安打達成も確実。日米メディアは特に「4256」の数字を大きくクローズアップし、イチローの栄誉を称えているが、一方で懐疑的な目を向けている有識者も少なくはない。「日米通算」と「メジャー通算」を同等に扱っていいのかという指摘だ。その先頭を切って強いトーンで述べているのが、他ならぬローズ氏である。

 「イチローを格下に見るつもりはまったくない。彼はこれまでも殿堂入りに十分値する活躍を見せている」と評価しつつも、日米通算最多安打が自ら作り上げたメジャー通算最多安打の記録を塗り替えることに関しては「それならば私もマイナー時代の安打数をカウントしなければならない」「周りは私を“ヒット女王”に格下げしようとしているのか」などと米メディアを通じて批判的な意見を口にしている。 

 何よりイチロー自身は以前から「日米通算とメジャー通算が違う記録であることは当然だと思う。ただこれまで自分が歩んできた道のりを振り返る上で、1つの指標になることだけは間違いのない数字。これを他の方々に評価してほしいとか、あるいは共有してほしいとか、そういうことは微塵(みじん)も感じていない」と大人のコメントで独自の見解を語っている。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集