ニュース
» 2017年02月22日 12時32分 UPDATE

春節でインバウンドは好調:百貨店の1月売上高1.2%減、11カ月連続マイナス

日本百貨店協会が発表した2016年の全国百貨店売上高は、前年同月比1.2%減だった。中国の春節に伴う連休の影響でインバウンドは好調で、過去最高の約217億円を売り上げた。

[ITmedia]

 日本百貨店協会が2月21日発表した2017年1月の百貨店売上高は、前年同月比1.2%減の約5209億円で、11カ月連続で前年を下回った。

 国内市場の売上高は2.1%減で、6カ月連続のマイナス。化粧品や美術品の販売が回復傾向にあり、雑貨は3.5%増と好調だったが、天候不順などで食料品が1.0%減、衣料品が2.7%減と苦戦したことが響いた。

 一方、中国で春節(旧正月)に伴う連休があった影響でインバウンドは大きく伸び、売上高は単月では過去最高の約217億円(24.8%増)だった。

 同協会によると、バレンタイン商戦が活発化したため、現時点では2月の売上高は好調に推移しているという。

photo 17年1月の売上高(日本百貨店協会のニュースリリースより)

 調査は、81社234店を対象に実施した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集