インタビュー
» 2018年02月19日 11時00分 公開

ビジネスSNSは成長するか?:スタバを変えたFacebookの「Workplace」 日本市場での可能性は? (1/2)

ビジネス版Facebook「Workplace」。「働き方改革」が注目を浴びている日本市場ではどのように使われているのだろうか。FacebookのWorkplaceバイスプレジデントであるジュリアン・コドーニュ氏と、アジア太平洋地域担当グロースマネジャーの豊田哲太郎氏に聞いた。

[青柳美帆子,ITmedia]

 Facebookが提供している“ビジネス版Facebook”とも言うべきサービス「Workplace」。2015年に米国でスタートし、17年についに日本上陸を果たした。Facebookと同様の操作感だが、社内コミュニケーションなどのビジネス用途に特化しているのが特徴で、国内でも導入企業が増えている。

 グローバルではスターバックスやウォルマートが導入し、意思決定のスピードアップや業務改善に成功している。「働き方改革」が注目を浴びる日本で、Workplaceはどのような可能性を持っているのだろうか。FacebookのWorkplaceバイスプレジデントであるジュリアン・コドーニュ氏と、アジア太平洋地域担当グロースマネジャーの豊田哲太郎氏に聞いた。

“ビジネスSNSの黒船”Workplace。日本ではどのように使われているのか?

3万社のつながりを強くした「Workplace」

――Workplaceはクローズドβ版を経て、16年にスタートしました。

コドーニュ: WorkplaceはFacebookの中でも新しいビジネスです。いわばFacebook内で起業したというイメージといってもいいかもしれません。ロンドンで生まれ、2016年10月にSaaS(Software as a Service)として米国で提供を始めました。Workplaceが目指しているのは、「全ての社員をつなげていく」こと。CEOから現場にいるビジネスパーソンまでをつなげる、ということですね。

 Facebookはモバイルファーストでプロダクトを作っていますが、Workplaceも同様です。デスクにいない社員でも、PCを業務中に使わない社員でも、モバイル機器があればWorkplaceを利用できます。ニュースレターやボイスレター、動画を通じて、全社員がつながって、声を出す環境を整える。それが業務の在り方や流れを変え、日本政府も訴えている「働き方改革」にもつながっていくと考えています。

――全世界でどれくらい使われているのでしょうか。

コドーニュ: ユーザー数は公表していませんが、利用企業は3万社を超えました。伸び率も大きくなってきて、過去6カ月間で2倍の数字になっています。社員250万人のウォルマート、45万人のスターバックス、10万人のハイネケンなど、大規模な会社にも導入されています。

――面白い利用方法はありますか?

コドーニュ: 例えばスターバックスでは、経営トップのフォーラムをビデオ配信しています。各店長がその映像にリアルタイムでコメントを付けたり「いいね」したりと、各店舗と本社機能の距離を近づける効果が出ていますね。また、シフト管理といった実務的な部分でも使われています。

 Workplaceから生まれた新メニューもあるんですよ。ある店長が「うちの店舗ではこのカスタマイズメニューが1日に20杯以上売れる。でもメニューには載っていない。どうやらInstagramで紹介されているらしい」と投稿したら、他の店長が「うちも注文されている」「うちは30杯売れている」と続々とコメントを寄せたんです。それを見たマーケティングチームは、その日の夜のうちに公式メニューへ追加すると決定したそうです。

 こうしたレシピの追加は、これまでなら数カ月かかっていたといいます。それが1日で実現する。意志決定のスピードが上がっていますよね。トップダウンだけではなく、ボトムアップのアプローチも行われているのが、Workplaceの特徴だと思います。

――Facebookのイメージが強いですし、Facebook自体をビジネスで使っている人も多いですから、Workplaceのイメージがわかない人も多そうです。

コドーニュ: そうですね、「会社での飲み会やイベントの写真だけアップするSNSじゃないの?」と思っている方もいると思います。そうではなく、決済やプロジェクトの話、組織全体をどうしていくかのビジョンも語れる、仕事全体で使えるようなプラットフォームに進化しているのです。

Workplaceバイスプレジデントのコドーニュ氏
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -

ITmedia 総力特集