ニュース
» 2018年03月16日 18時18分 公開

誰が飲んでいるのか?:ハンバーガーチェーンで「ちょい飲み」が増えている理由 (1/2)

ちょい飲み客を獲得するために外食各社は知恵を絞っているが、ついにハンバーガーチェーンでも同様の動きが出てきた。その背景にあるのは?

[昆清徳,ITmedia]

 ハンバーガーチェーンで「ちょい飲み」サービスを提供する店舗が増えている。一般的にハンバーガー店は照明が明るく、落ち着いてお酒を飲む雰囲気ではない。主要顧客がファミリー層なのでお酒を積極的に提供する理由もなかった。ちょい飲みサービスは吉野家の「吉呑み」をはじめ、日高屋やサイゼリヤなどで広がっている。おじさんが夕食と一緒にちょっとお酒を飲みたいというニーズは理解できるが、ハンバーガー店でなぜサービスが拡大しているのだろうか。

 ファーストキッチンは3月15日から「¥300アルコールメニュー」というおつまみメニューを販売している。ソーセージやチキン竜田を300円(税込み、以下同)で提供する。同社広報は「お酒が飲める場所にしたい。当社にとってもチャレンジだ」と説明する。

photo ファーストキッチンが3月15日から提供を始めた「¥300アルコールメニュー」

 もともと、ファーストキッチンで扱っているアルコールは缶ビールだけだった。ちょい飲みブームが広がったこともあり、17年からワインやハイボールも提供するようになった。さらに、17年12月に販売したアルコールとおつまみ1品のセット「大人の得セット」(500円)が好評だったため、おつまみを強化することになった。「アルコールを本格的に提供するようになってから午後5時以降の売り上げは伸びている」(同社広報)。また、主な利用者としては「店舗の立地にもよるが、当社の顧客の6割強は女性。OLの方が1人で来店して食事をしながらお酒を飲むケースが多い」と説明する。

photo ファーストキッチンが17年12月に提供して好評だったワンコインメニュー
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -