ニュース
» 2018年04月04日 19時40分 公開

独自のAI搭載で対話充実:オンキヨーが「肩乗せスピーカー」国内初披露 ソニー、BOSE製品とどう違う? (1/3)

オンキヨー&パイオニアが、展示会「第2回 AI・人工知能 EXPO」に、肩に乗せて使うタイプのスピーカー「VC-NX01」を出展。国内で披露するのは初めて。独自のAIを搭載し、対話が充実した点が特徴という。マーケティング担当者に他社製品との違いを聞いた。

[濱口翔太郎,ITmedia]

 音響機器メーカーのオンキヨー&パイオニア(オンキヨー)が、展示会「第2回 AI・人工知能 EXPO」(4月4〜6日、東京ビッグサイト)で、肩に乗せて使うタイプのスピーカー「VC-NX01」を出展した。発表は今年1月だが、その後は米国開催の「CES 2018」など大規模な国外イベントにのみ出展しており、国内で披露するのは初めて。

 現在は開発中で、商品化の時期や価格は未定。早期発売に向けて試作機の改良を続けている段階だ。

 “肩乗せスピーカー”の特徴は、肩部分に搭載したスピーカーからサウンドを発すること。周囲に音が広がらず、身に付けたまま持ち運びできるため、深夜や家事中でも音楽などを楽しめる点が魅力で、現在人気を集めている。

photo オンキヨー&パイオニアの試作機「VC-NX01」

 ブームの火付け役となったのは、ソニーが昨年10月に発売した「SRS-WS1」。3月上旬放送のバラエティー番組「アメトーーク!」で紹介されると人気に火が付き、現在は「生産が追い付かない状態」となり注文受付を一時停止している。

 その後、BOSE(ボーズ)も、米Appleの音声対話サービス「Siri」を起動できるほか、ハンズフリーでの電話が可能な新製品「SOUNDWEAR COMPANION SPEAKER」を3月末に発売している。

 注目度が高まる分野に参入するオンキヨーは「当社の肩乗せスピーカーはまだ開発途上」(マーケティング担当者、以下同)としながらも、「独自性の高い仕様を設けており、商品化すれば他社との差別化を図れるだろう」と展望を話す。

 オンキヨーの肩乗せスピーカーは、他社製品とどのような面で異なるのか。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -