ニュース
» 2018年05月14日 11時29分 公開

ピーチ・ジョンで先行実験:働き方改革にチョコアイスを活用 森永製菓

森永製菓はアイスを活用した働き方改革プロジェクトをスタート。同社のチョコアイス商品「パキシエル」を企業に導入して、社員の生産性アップを図るという。

[ITmedia]

 食品メーカーの森永製菓はアイスを活用した働き方改革プロジェクトをスタートした。同社のチョコアイス商品「パキシエル」を企業に導入して、社員の生産性アップを図るという。

ピーチ・ジョン本社では先行して「パキシエル」を導入。その効果を検証した ピーチ・ジョン本社では先行して「パキシエル」を導入。その効果を検証した

 パキシエルは厚さ7ミリの先端チョコが特徴で、板チョコのような食感が売り。同社によると、脳波実験でパキシエルを食べる際の“パキッ”という音には、脳をリラックスさせる効果があることが認められているという。

 今回のプロジェクトでは、30代〜40代のビジネスパーソンが最も疲れを感じると言われる午後4時から5時限定で、オフィス内に設置した専用冷凍庫のドアが自動開錠され、無料でパキシエルを食べられるという実験的な取り組みをする。

 先行して女性下着メーカーのピーチ・ジョン本社にオリジナル冷凍庫を導入。57人の本社社員を対象に実施したところ、約80%が業務の生産性向上を感じたと回答したほか、98.2%が社内の雰囲気が明るくなったことを実感したという。

社員を対象に実施したアンケート調査 社員を対象に実施したアンケート調査

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -

ITmedia 総力特集