調査リポート
» 2018年05月17日 13時36分 公開

本業がおろそかに?:副業をやめた社会人は55% 時間・スキル不足で「両立」困難

ビジネスパーソンが副業をやめる理由は?――エン・ジャパン調べ。

[ITmedia]

 副業を始めたものの、途中で断念したビジネスパーソンは55%に上る――エン・ジャパンの調査でこんな現状が判明した。“働き方改革”の一環で副業解禁に踏み切る企業が増えているが、社員が副業を続けるのは簡単ではないようだ。

photo 副業をやめた社会人は55%に上る(=画像はイメージです)

 副業をする際にネックとなった点は、時間管理(64%)、確定申告などの事務作業(31%)、本業との切り分け(29%)など。副業のスキル不足(18%)、副業への興味・関心の継続性(13%)との意見もみられた。

 回答者からは、「本業が多忙になり、両立が難しくなった」「本業の収入が上がり、副業の必要がなくなった」「副業禁止の会社に転職した」との意見が出た。

 「(商談などで)こちらは副業だが、先方は本業のケースがある」「コミュニケーション能力がないと孤立しかねない」といった体験談も挙がった。

副業は「アルバイト」が最多

 副業の内容は、接客業などのアルバイト(59%)、アンケートモニターやポイントサイトの活用(22%)、ネットオークションでの取引(15%)、株式運用などの投資(13%)など。

photo 副業は「アルバイト」が最多に(=エン・ジャパン調べ)

 副業の月収は、1万円以上3万円未満(25%)、3万円以上5万円未満(22%)、10万円以上20万円未満(16%)が多かった。5000円未満と低額な人は13%、50万円以上と高額な人は2%だった。

 調査は3月28日〜4月25日にかけて、エン・ジャパンの転職サービス「エン転職」ユーザーのうち20〜40代の正社員を対象に実施。3111人から有効回答を得た。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -