インタビュー
» 2018年07月03日 06時30分 公開

常にハイライト:プロ野球選手からビジネスマンに “生涯現役”貫く江尻慎太郎さんの人生 (1/4)

2001年にドラフトで日本ハムファイターズに入団。その後、横浜ベイスターズ、福岡ソフトバンクホークスでプロ野球選手としてのキャリアを過ごした江尻慎太郎さん。現役引退後、彼が選んだ道はビジネスマンだった。江尻さんの仕事観、人生観に迫った。

[宮本恵理子,ITmedia]

 人生100年時代には、個人が複数の職業を経験し、多様な体験を積みながら自らを成長させていくのがスタンダードになると言われている。

 この流れは、アスリートの世界においても例外ではない。その先駆的モデルとして活躍を見せるのが、元福岡ソフトバンクホークス投手の江尻慎太郎さん(41歳)だ。

 早稲田大学から2001年に日本ハムファイターズに入団。横浜ベイスターズ(当時)、ホークスと3球団を渡り歩き、最速153km/hを記録した。14年秋に現役引退を決めた時、目の前には2つのセカンドキャリアが差し出されたという。

 「戦力外通告と同時にスカウト転身を打診されました。そしてもう1つ与えられた選択肢は、ソフトバンクグループの一般企業への就職でした」

 選び取ったのは後者の道。自分が知っている狭い世界を飛び出して、新しい場所でチャレンジしてみたいと思いつつも、野球界への未練はゼロではなかった。その迷いは、ホークス役員からかけられた一言が鮮やかに消し去ってくれた。いわく、「江尻が野球界の外で活躍すればするほど、野球界における江尻の価値も高まっていくんだよ」。

江尻慎太郎さん。1977年4月30日生まれ。宮城県仙台市出身。仙台第二高校、早稲田大学を経て、ドラフト自由獲得枠で日本ハムファイターズに入団。横浜ベイスターズ、福岡ソフトバンクホークスと渡り歩き現役引退。その後、一般企業へ転身しビジネスマンとして活躍。現在はホークスの球団広報を務める 江尻慎太郎さん。1977年4月30日生まれ。宮城県仙台市出身。仙台第二高校、早稲田大学を経て、ドラフト自由獲得枠で日本ハムファイターズに入団。横浜ベイスターズ、福岡ソフトバンクホークスと渡り歩き現役引退。その後、一般企業へ転身しビジネスマンとして活躍。現在はホークスの球団広報を務める

 プロ野球選手としての誇りを捨てず、マウンドでの経験を社会で生かして輝くことが、野球界への恩返しになり、自分自身の価値も高めるのか――。再出発の入り口で得られたこのマインドセットは、大きな意味を持ったと振り返る。

 「プロ野球選手が引退する時の指導としてよく聞かれるのが、『今までの華やかな世界を忘れて、おとなしく暮らしなさい』というもの。つまり、プライドを捨てて地味に生きろと。僕はこれに違和感を持っていました。13年間、プロ野球選手としてやってこれたんだから、どんなことにもチャレンジできるはず。そういう気概を持ち続けるべきではないかと」

 行き先として告げられた会社の名前は、ソフトバンク コマース&サービス(C&S)。最先端のデジタルマーケティングツールを扱う部門への配属だった。

 PCスキルはというと、学生時代に気分転換でやっていたタイピングソフトのおかげで、タッチタイプは身に付いていたが、「パワーポイント」は名前を知っている程度。初日に席に案内されると、目の前には600人、後ろには200人の企業戦士が座っていた。

 「この中でやっていけるのか」と不安がよぎったが、担当業務が世の中の“最先端”であることに希望を見出せたという。

 「だって、本当に最先端なら、ほとんどの人が知らないわけじゃないですか? それなら自分もチャンスはあると思いました」

 そこからは「人生で一番勉強したかもしれない」という日々。会議に出席しても内容のほとんどが理解できない。必死で聞き取り、書き取り、デスクに戻っては1語ずつ調べて……という地道な作業を繰り返した。

 「まず自分ができることをやって、分からないことは素直に人に聞く」という達成プロセスは、選手時代と何も変わらなかった。

 「できません、と言うのはやめようと思っていました。できないのが当たり前なのだから、恥ずかしいことではない。できない理由を挙げることに意味はないし、キリがない。『あいつ、元プロ野球選手なのに、できないばっかり言ってる』。そんなのダサいじゃないですか(笑)」

 また、「結果を早く出さなければ、来年はクビになるんじゃないか?」という“プロ野球選手癖”も未だに抜けないと江尻さんは笑う。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -