調査リポート
» 2018年07月30日 12時26分 公開

綿密なコミュニケーションが重要:「嫁ブロック」で転職を諦める人が続出 「年収ダウン」は悪印象 反対されない交渉術は?

どうすれば、転職に対する「家族からの反対」を阻止できるのか?――エン・ジャパン調べ。

[ITmedia]

 30〜50代のミドル世代のビジネスパーソンのうち、家族に転職を反対された経験がある人は46%――人材会社エン・ジャパンの調査でこんな実態が分かった。このうち、反対を受けて内定を辞退した人は51%で、反対を押し切って転職した人(49%)を上回った。

 転職に反対した家族は「妻」が76%で最多だった。「親」は28%、「子ども」は6%、「夫」は4%だった。反対した配偶者の就労状況は「正社員」(38%)、「非正規社員」(31%)、「専業主婦・主夫」(27%)と続いた。

photo 転職に反対する家族は「妻」がトップだ(=エン・ジャパン調べ)

 家族が転職に反対する理由は「年収が下がる」が50%でトップ。具体的な下がり幅は「100万円〜199万円」(29%)、「50万円〜99万円」(17%)、「200万円〜299万円」(17%)などの意見が多かった。

 反対理由の2位は「勤務地が遠い」(20%)。以下、「『大手企業勤務』という肩書がなくなる」(19%)、「残業が多そう」(14%)、「転職先の企業や業界にあまり良いうわさを聞かない」(11%)、「福利厚生がよくない」(同)と続いた。

 「あまり本人が楽しそうじゃない」(10%)と、家族を気遣う意見も出た。

photo 転職への反対理由ランキング(=エン・ジャパン調べ)

どうすれば家族からの反対を防げる?

 家族に転職を反対されないために、ビジネスパーソンが普段から心掛けていることは「普段から仕事以外のことで頻繁にコミュニケーションを取る」(19%)が最多。「転職活動の状況を逐一報告する」(13%)、「普段から頻繁に仕事の話をする」(12%)、「職場のネガティブな情報を伝えておく」(10%)といった声も挙がった。

 具体的なコミュニケーションの内容は「今後の子育てと収入に関する考えを伝える」(37歳男性)、「キャリア形成・キャリアプランについて(配偶者と)すり合わせる」(45歳男性)、「金銭面で心配させないよう、家計における金融資産などの情報を共有する」(50歳男性)――などの意見が集まった。

photo 転職を防ぐ方法(=エン・ジャパン調べ)

 調査は6月1日〜28日にかけて、同社の転職求人サイト「ミドルの転職」の35歳以上のユーザー879人を対象に、インターネット上で実施した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -