熱狂の流通業界 生き残りのヒントを探る
ニュース
» 2018年11月28日 06時00分 公開

あなたの地元でも販売してる?:エリア限定だけじゃない これだけ出ていたセブンの“県・市限定商品” (3/6)

[昆清徳,ITmedia]

明治維新150年記念商品

 3つ目は鹿児島県・山口県・高知県・佐賀県で結成した「平成の薩長土肥連合」の取り組みに賛同し、10月6日から4県内のセブンで販売した各県限定の「明治維新150年」記念商品だ。

 鹿児島県では「鹿児島県産鶏づくし」(350円)と「知覧紅茶&りんご秋薫るごほうびパフェ」(297円)を販売した。鶏づくしは鹿児島県産鶏を使用した味つきおにぎりで、地元でおなじみの塩から揚げをおかずにした。パフェには地元名物の「知覧紅茶」を使用している。

 山口県では「長州どりの炭火やきとり重」(650円)と「ふわっとろティラミスういろう」(118円)を販売した。やきとり重には県内で知名度の高い「長州どり」を使用している。また、ういろうは山口銘菓として有名だ。

 高知県では「もち麦もっちり!生姜と鶏そぼろ(高知県産生姜使用)」(130円)と「土佐文旦のレアチーズタルト」(172円)を販売した。生姜と鶏そぼろおにぎりには、生産量日本一の高知県産生姜を使用。レアチーズタルトには高知県を代表する果物である「土佐文旦」が練りこんである。

 佐賀県では、「さがうまれ牛乳のホイップサンドメロン」(148円)と「もちとろ苺みるく(さがほのかソース使用)」(124円)を販売した。ホイップサンドメロンは、佐賀県で親しまれている「さがうまれ牛乳」をホイップクリームに使用したものだ。また、もちとろ苺みるくは佐賀の名産「さがほのか」(イチゴ)をソースに使ったスイーツだ。

photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -