ニュース
» 2018年12月07日 13時39分 公開

VanEckは楽観視:ビットコイン、3200ドル台まで下落し年初来安値更新 SECがビットコインETF申請の承認延期

ビットコイン価格が急落し、12月7日には3297ドルまで値を下げ、年初来安値を更新。米証券取引委員会が6日、米金融テクノロジー企業らによるビットコインETF申請を承認するかの判断を先送りすると発表した。

[中澤彩奈,ITmedia]

 ビットコイン価格が急落し、12月7日には3297ドルまで値を下げ、年初来安値を更新した。市場心理が悪化している中で、米証券取引委員会(SEC)が6日、米金融テクノロジー企業らによるビットコインETF(上場投資信託)申請を承認するかの判断を2019年2月27日まで先送りすると発表したことが響いた。

photo ビットコインチャート(=CoinDeskより)

 SECの承認延期は米Bloombergが報じた。Bloombergによると、現在のビットコイン価格は200日移動平均線の約半分程度の低水準で推移しているという。

 「現在の市場心理は非常に悪い。どんなネガティブニュースも大きな影響力を持ってしまう」と、米仮想通貨調査企業CoinFiのティモシー・タムCEO(最高経営責任者)は分析する。

VanEckは楽観視

 SECはこれまでもVanEckによる申請の判断については何度も延期してきた。だが、同社は同件に関しては「慎重ではあるが楽観的だ」という。

 同社のデジタル資産戦略部門のディレクターであるガボール・ギャバックス氏は米メディアのCheddarに出演した際に「米国がビットコインETFを求めていることは確かだ。我々は市場構造上の障害や価格設定、管理業務、評価、保護などに対する全ての要求を満たしてきた」と自信を見せた。

 

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -