速報
» 2004年10月07日 07時28分 公開

アドウェアを退治するトロイの木馬「Downloader.Lunii」

「アドウェア」を攻撃・削除する新手のトロイの木馬プログラムが出回っている。(IDG)

[IDG Japan]
IDG

 ウイルス対策ソフトメーカーSymantecによると、「アドウェア」と呼ばれる迷惑な広告ソフトを攻撃・削除する新手のトロイの木馬プログラムがインターネットに出回っている。

 このトロイの木馬「Downloader.Lunii」は10月4日に発見された。実行されると、PowerscanやBargainBuddyなどの一般的なアドウェアが使っているコンピュータプロセスを停止してファイルを削除しようと試みる。ただ、いいことばかりではない。ほかのトロイの木馬と同様、Windowsマシンの設定も変えてしまい、リモートからファイルのダウンロードを試みるとして、Symantecは注意を呼びかけている。

 インターネットでは密かな監視やリモートアクセス関連の問題が広がっており、トロイの木馬プログラムもその一つ。こうしたプログラムは「スパイウェア」と呼ばれることもある。ユーザーが電子メールの添付ファイルを開いたり、メールやWebサイトのリンクをクリックしたりすると知らない間にインストールされる可能性がある。

 Luniiは、アドウェアが通信に使っているWindowsのプロセスを中断させ、既知のアドウェアを感染したシステムから削除する。また、Windowsの「ホスト」ファイルに変更を加えて偽Webサイトのリストを追加、これによって特定のWebページへのアクセスが遮断される可能性があるという。

 Symantec4日にLuniiに対応したウイルス定義ファイルをリリース、危険度は「低」評価となっている。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -