ニュース
» 2005年01月13日 23時58分 UPDATE

日立、IAサーバにEM64T対応Xeon搭載モデルを追加

日立製作所は、「日立アドバンストサーバ HA8000シリーズ」に、EM64T対応Xeon搭載モデルなどラインアップを強化した。

[ITmedia]

 日立製作所は1月13日、IAサーバ「日立アドバンストサーバ HA8000シリーズ」において、EM64T対応Xeon搭載モデルの追加やメモリ機能を強化し、順次出荷を開始すると発表した。

 今回追加したEM64T対応Xeon搭載モデルは、「HA8000/130W」、「HA8000/110W(1way)」、「HA8000/70W(2way)」、「HA8000/70W(1way)」、「HA8000/50V」の5機種。

 メモリ機能の強化では、HA8000/130W、HA8000/70W(2way)、HA8000/50Vにオンラインスペアメモリ機能を採用し、メモリ障害発生時のシステム可用性を向上した。また、一部モデルではPCI Expressにも対応した。

 このほか、HA8000シリーズ全モデルにおいて、ハードウェア障害情報を管理端末以外の端末からでもWebブラウザで表示可能にするなど、サーバ管理機能を強化した。

 価格は、HA8000/50Vの最小構成で29万7150円(税込み)から。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ