特集
» 2005年05月23日 16時07分 UPDATE

Apacheグループ、オープンソースJavaへ向けて大きな1歩 (1/2)

Sunが初めてJavaを世に問うてからちょうど10年になる。そのJavaがようやくオープンソースになるかもしれない。オープンソースJavaは、Sunの最も差し迫った必要に応えてくれるものとなるかもしれない。

[Chris-Preimesberger,IT Infra Portal]
SourceForge.JP Magazine

 Javaコードの少なくとも1バージョン、Java 2 Standard Editionが、悪名高いSun Micorosystemsのライセンス体系から解き放たれる可能性が出てきた。ただ、Sun自体は前向きでも、これまで法外なライセンス料を支払わされてきた大手顧客のなかには、簡単に応じないところがあるかもしれない。

separate-dots.png

 Sunが初めてJavaを世に問うてからちょうど10年になる。そのJavaがようやくオープンソースになるかもしれない。Sunは否定するだろうが、その方向性はここしばらく不可避のものになっていた。オープンソースSolaris 10が2月1日のことであり、今回はJ2SEである。政治的なハードルがいろいろとありそうで、すべてクリアされるまでにはまだ1年程度はかかるだろうが、その次は何だろう。J2 Enterprise Editionか。これはさすがに時間がかかりそうだが、よく考えてみると、J2EE F/OSSの3大プロジェクト、JBoss、Jonas、Geronimoは、いずれもJCP仕様への準拠を確約しており、Sunとの関係もよい。

 Apache開発者12人からなるグループが、Harmonyと呼ぶプロジェクト提案をまとめ、単純なプロジェクト呼びかけという形でApache Incubatorメーリングリストに流したのは、先週金曜日のことである。新しいJavaバージョンを1から作り上げ、Apache 2.0フリーソフトウェアライセンスのもとで提供しようという。現在、Sunの対外的顔として尊敬されているティム・ブレイ(Tim Bray)サイモン・フィップス(Simon Phipps)グラハム・ハミルトン(Graham Hamilton)の各氏がこのプロジェクトに賛意を表明したことから、Javaコミュニティーでもかなりの話題になっている。ただ、ドクターJavaことジェームス・ゴスリング(James Gosling)氏は、ブラジルの開発者会議に出席していて、今のところ、この提案にどう反応しているか分からない。

「Javaに対してApacheが踏み出すべき当然の1歩」?

 最近のハミルトン氏は、Sunの新しい「メディア向けの顔」の1人として定着した感がある。土曜日に自身のブログにこう書いている――「J2SEプロジェクトを立ち上げることは、いろいろな意味で、Javaに対してApacheが踏み出すべき当然の1歩だと思う。個人的には、Harmonyプロジェクトがどう展開するかにとても興味がある。というのも、J2SEの本格的実装がどれほど大変な作業か、SunのJ2SEチームの面々なら誰でも知っていることだからだ。だが、わたしはApacheチームの成功を願っており、今後も見守っていくつもりだ」

 フィップス氏の反応はこうだ――「こうしたことと、v6(Mustang)の新しいオープン性が噛み合うところにこそ、Javaコミュニティーの将来がある。……何のためのJCPルール変更だったのかと言えば、まさに、コミュニティー主導のこうした責任ある発展を促す情況を作り出すことが目的だった」

 ApacheサイトのFAQでは、Harmonyプロジェクトを率いるGeir Magnusson Jr.がこう書いている――「Java 2 Standard Edition仕様の最新バージョンは、J2SE 5だ。これのオープンソース実装を作成し、使用するという目的にメンバーの努力を結集することは、コミュニティー全体として取り組む価値のある作業だと信じる。JCP(Java Community Process)のもとでJSRのオープンソース実装が可能になってから数年になるが、現実はライセンス上の理由があって、Java 5がわれわれの取り上げうる最初のJ2SE仕様となった」

 これはJavaコミュニティーの分裂につながらないだろうか。そうはならない、とMagnussonは言う。「われわれの目的は、人々を結集し、知識を共有し、共通の問題を解決し、協力できることでは協力しようということだ。Javaコミュニティーは、多様性に富んでいてこそ健康を保てる。Java仕様に複数の実装があることこそ、Javaの価値を示すものにほかならない……1つの仕様があって、誰でもそれと整合する実装を作れて、より多くの場所とプラットフォームでJavaコードを実行できる環境が生まれること――それこそがJavaユーザーにとってのJavaの意義である。われわれの努力は、その理想を実現するための1つの力になる」

 Apache Software Foundationのブライアン・ベーレンドルフ(Brian Behlendorf)氏は、自身ではHarmonyに関与していないものの、「アイデアには大賛成だし、見守っていくし、Apache外部の人々にそのアイデアを説いていくつもりだ」と電子メールでITMJに伝えてきた。

       1|2 次のページへ

Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ