速報
» 2005年08月09日 08時19分 UPDATE

VMware、ESX Serverをオープンソース化

仮想インフラソフトのVMwareは自社ソフトのAPIをパートナー各社に公開する。仮想化の豊富なチャンスを最も完全な形で発展させるため、オープン標準に踏み切ったという。

[ITmedia]

 仮想インフラソフトメーカーのVMwareは8月8日、AMD、Dell、HP、IBM、Intelなど業界大手と提携し、VMware ESX Serverのソースコードをパートナー各社に公開すると発表した。

 今回の取り組みは、仮想化のオープン標準普及促進という共通目標を持ったベンダーに向けたものだとVMwareは説明。新プログラムのVMware Community Sourceの下、パートナー企業がESX Serverのソースコードとインタフェースを利用できるようにする。

 仮想化は広範な採用が進んでおり、顧客にもたらされる恩恵には論議の余地がないとVMwareは説明。この分野には豊富なチャンスがあり、オープン標準によって最も完全な形で発展できると見込んでAPIを公開することにしたと述べている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

あなたにオススメの記事

- PR -

新品より高品質な“中古機器”「第三者保守」のメリットと品質とは?

苦労した点は?実際に導入に携わった情シスに「リアル」な話を聞いてみた

現場の情シスはどう思うか? 生産性を高めるためのデバイス導入のポイント

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -