特集
» 2005年10月25日 10時41分 UPDATE

OpenOffice.org 2.0が変えるオフィスアプリ基準:「StarSuite 8」レビューで見えた対MS Officeへの気合い (1/3)

今や企業内の文書作りにはオフィススイートが欠かせない存在だ。その選択肢の1つとして、新たな商用バージョン「StarSuite 8」が登場した。ショップ販売も開始されている。

[可知 豊,ITmedia]

 「OpenOffice.orgとStarSuiteは、どのように違うのですか?」筆者はこのような質問をされることが多い。また2つのソフトがほぼ同じ機能性であることは、広くは知られていない。そして、この記事で製品レビューをした「StarSuite」(スタースイート)とは、オープンソースのオフィススイート「OpenOffice.org」(関連特集:「OpenOffice.org 2.0が変えるオフィスアプリ基準」)を元に作られた商用版であり、OpenOffice.orgに業務で役立つ追加ツールや素材集、サービスを加えたものということも知っておきたい。

 OpenOffice.orgは、Sun Microsystems(以下、サン)を中心とした開発コミュニティーによって開発されており、その成果がそのままStarSuiteに採り入れられている。

 「オープンソースソフトウェアではいざという時のサポートが心配」「今すぐに使えるテンプレートやクリップアートがほしい」。このような要望を持つ企業ニーズやカジュアルユーザーには、「StarSuite」(スタースイート)がおすすめだといえる。

企業向けエンタープライズ版と個人向けソースネクスト版

 前述のように「StarSuite 8」(スタースイート 8)は、OpenOffice.orgのバージョン2.0(関連特集)を元に作られたオフィススイートだ。欧米では「StarOffice 8」という名で販売されている。この製品名には、アジア圏でStarOfficeという商品名がすでに登録商標だったため、「StarSuite」という名称になったという背景がある。このようなこともあってか、以前はイマイチだった“オフィススイート”という認知度が、ここ2〜3年程度で向上したと感じるのは筆者だけだろうか。

0510ss8.png 画面■StarSuite 8のワープロ「Writer」。OpenOffice.org 2.0と同じ機能/画面になっている

 そして総称するStarSuiteは、さらに次のようにいくつかの製品構成になっている。

  • 「StarSuite 8 エンタープライズ版」(サン・マイクロシステムズが発売元、OEM版、教育機関向け無償提供プログラム)
  • 「スタースイート 8」(ソースネクストが発売元、「超五感プレゼン」、「スタースイート 8」のプレゼンツール単体版は2005年12月9日発売予定)

 サンが扱うエンタープライズ版は、先のように主に中大規模企業向けの製品である(関連リンク)。また、Microsoft Officeで利用されていたVBAによるマクロプログラムをStarSuite 8で利用可能にするために「マクロ移行支援ツール」がバンドルされている。さらにサンのJava Desktop System(関連記事)の管理ツール「Configuration Manager」にも対応している。OEM版は、LinuxディストリビューションやLinuxプレインストール機などに導入されるものだ。さらに、教育機関向けの無償提供プログラムも継続される。

 パソコンショップで購入する個人やSOHOユーザー向けの製品は、「スタースイート 8」という名前でソースネクストから販売されている(関連リンク)。前バージョンのStarSuite 7は、1年間の使用期間限定版ながら、1,980円という低価格が特徴だった。今回のスタースイート 8は、3,970円(初回限定5万本)と価格が高くなっているものの、使用期間制限が無くなった。また、2005年12月にはスタースイート 8用の「プレゼンツール単体版」が「超五感プレゼン」として発売予定だ。プリインストールのWindowsパソコンには、WordとExcelしかプレインストールされていないことが多いため、PowerPointの単体版の人気が高い。「超五感プレゼン」は、これに対抗する低価格なPowerPoint互換ツールとして販売される。

企業ユーザー/カジュアルユーザーに使いやすく

 StarSuite 8とOpenOffice.org 2.0は、ほぼ同じ機能を搭載している。ワープロ/表計算/プレゼン/ドロー/データベース/数式ツールが統合されており、Windowsだけでなく、LinuxやSolaris版も用意されているのだ。また、ファイル形式として「OASIS OpenDocument」フォーマットを採用していることが特徴といえる。

0510ooo2.png 画面■OpenOffice.org 2.0、Writerアイコンのデザインも含めてまったく同じ

 それではもっと掘り下げて、具体的にどこが違っているのか? スタースイート 8では、OpenOffice.org2.0に対して、次のツール、データ、サービスが追加されている。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -