速報
» 2005年11月15日 08時27分 UPDATE

Intel、仮想化対応のPentium 4を正式発表

Intelは仮想化技術をハードベースでサポートする初のPentium 4を発表した。Acer、Founder、Lenovoなどが搭載システムを出荷している。

[ITmedia]

 米Intelは11月14日、仮想化技術をハードベースでサポートする初のデスクトップPC向けプロセッサ「Pentium 4 672」「同662」を正式発表した。

 仮想化技術により、1台のプラットフォームを独立したパーティションに区切り、複数のOSやアプリケーションを実行できる。

 新プロセッサを搭載したデスクトップPCはAcer、Founder、Lenovo、TongFangが出荷を開始。Lenovoは現在、IntelのVirtualization Technologyを搭載した評価システムを一部顧客向けに提供している。2006年1〜3月期中にはほかのメーカーも搭載システムを投入する見通し。

 VMware、Microsoft、Xenなどの仮想ソフトベンダーも、今後のIntelプロセッサ搭載PCとサーバでIntel Virtualization Technologyのサポートを表明している。

 1000個ロット時の価格は672が605ドル、662が401ドル。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -