ニュース
» 2006年02月03日 11時18分 UPDATE

日本IBM、業界特有のコンプライアンスに対応する開発ツール

日本IBMは2月3日、「IBM Rational Systems Developer」日本語版を出荷開始した。防衛、自動車、航空業界といった業界特有の法令順守に対応するUMLモデリングが可能。

[ITmedia]

 日本IBMは2月3日、開発ツール「IBM Rational Systems Developer」日本語版を発表、同日より出荷を開始した。価格は税別で35万6800円。

 Rational Systems Developerは、Rationalの総合開発基盤「Software Development Platform」の1コンポーネントで、Eclipse 3.0ベースのソフトウェア開発環境。UML(Unified Modeling Language)2.0によるモデリング開発が可能で、開発言語としてC/C++、Java、CORBAをサポート、設計情報から各種コードを生成することができる。

 モデリングにおいて、米防衛業界標準のエンタープライズアーキテクチャであるDoDAF(Department of Defense Architecture Framework)に対応するほか、AUTOSAR、DoD5000、Navy Open Architectureといった自動車、航空宇宙業界のコンプライアンスに対応するツールを搭載する。

 Rational Systems Developerでは、カスタマイズやソフトウェアベンダーより提供されるプラグインによる環境の拡張が可能で、米Wind River、米Pathfinder Solutions、米PTCなどからプラグインが提供されている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ