ニュース
» 2006年05月10日 14時34分 UPDATE

RSS広告社、アフィリエイトを横断表示「Trend Match Combine」を開始

さまざまなアフィリエイトサービスを1つのゲートウェイによってサービス提供する、コンテンツ連動広告がRSS広告社から提供開始された。

[ITmedia]

 RSS広告社は5月10日、同社のコンテンツ解析技術を用いたコンテンツ連動広告サービスを開始した。

 サービス名は「Trend Match Combine」。現在のところα版として位置付けられている。

 「Trend Match Combine」では、各アフィリエイトベンダーがASPから提供するAPIを利用し、横断表示を実現する。アフィリエイト利用者は、「Trend Match Combine」を利用することで自らのブログにさまざまなアフィリエイトのAPIをすべて解釈することなく、容易に広告を貼り付けることができる。このサービスは、当面のところ同社の会員向け機能として提供されるという。

 サービス開始当初は、アマゾン ジャパンの「Amazon Web Service」を始め、ディー・エヌ・エーの「Bidders Web Service」に対応する。以降は、リクルートの「リクルートアフィリエイトネットワーク」、リンクシェア・ジャパンの「リンクシェア」、セプテーニ・コマース・アンド・テクノロジーのアフィリエイト広告、インタースペースの「アクセストレード」にも対応予定だという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -