ニュース
» 2007年05月01日 17時33分 UPDATE

Microsoftの「ビッグバン」は起きるか?

Longhornの最終版リリースは、ユーザー企業におけるOffice 2007やVistaなどへのアップグレードの起爆剤――ビッグバンを引き起こす可能性が高い。

[Joe Wilcox,eWEEK]
eWEEK

 Microsoftは4月25日、フル機能を搭載した「Windows Server "Longhorn"」のβ3版をリリースした。同社にとって、今回のリリースは重要なマイルストーンとなるものであり、Windows Vistaのリリースよりも重要な意味を持っているかもしれない。

 Microsoftのエンタープライズ製品戦略の核となるLonghornは、Vistaをはじめとする同社製品の導入を促す呼び水となりそうだ。しかしVistaの最初のサービスパックのリリースをめぐる不透明な状況は、将来のアップグレードに対して暗い影を投げかけている。

 β3のリリースに際し、Microsoftは2007年下半期にLonghornを製造工程向けにリリースするという約束を再確認した。しかし同社は、Vista Service Pack 1(SP1)のリリースに関する約束については再確認しなかった。Microsoftのサーバ/ツール部門のボブ・マグリア上級副社長は昨年11月に、米eWEEKの取材に対して、Windows Server LonghornとVista SP1を「同時に」出荷する予定だと答えていた

 「ソースコードのベースは同じであり、これまでのパターンに従えば、両製品をほぼ同時期に出荷する必要がある」とマグリア氏は語った。

 しかしMicrosoftはもはや、同時(あるいはほぼ同時期の)リリースという姿勢を示していない。「Longhornのコードネームで呼ばれるWindows Serverと同時にリリースするかどうかを含め、SP1の提供について話すのは時期尚早だ」とMicrosoftの広報担当者はeWEEKの取材で答えている。

 この発言はマグリア氏の以前の発言と矛盾する。さらに追及しても、同広報担当者は「SP1については時期は確定していない」と言うにとどまった。

 アナリストらによると、LonghornとVista SP1を同時にリリースすることがMicrosoftおよび同社の企業顧客にとって重要だという。Longhornの最終版のリリースは、ユーザー企業の間でのOffice 2007やVistaなどのソフトウェアへの本格的なアップグレードの起爆剤となる可能性が高いからだ。

 Yankee Groupのアナリスト、ローラ・ディディオ氏は、Longhornの出荷で予想されるこの状況を「ビッグバン」と表現している。Gartnerなどのアナリストたちも、この「ビッグバン」理論と同様の考えを抱いている。

 Gartnerでは、Vista導入の最初の波は今年10〜12月期に訪れる見込みだが、ほとんどの企業は2008年4〜6月期まで様子を見るものと予想している。このタイミングは、Windowsクライアントのアップグレードの引き金になる可能性があるLonghornのリリース時期とも重なる。

 ディディオ氏によると、多くの企業のIT部門では、複数のインフラアップグレードを同時期に済ませられるようにするために、Longhornが登場するまで待つ考えだという。

 しかしMicrosoftの著名顧客企業(Intelを含む)の一部は、最初のサービスパックがリリースされるまでVistaの本格導入を見合わせる方針を示唆している。つまりLonghornのリリースは、Vistaの導入に影響する唯一のイベントではないということだ。

 アップグレードのビッグバンは、LonghornよりもVista SP1のリリースにかかっている。Microsoftの最近のOS開発ではWindowsサーバとWindowsクライアントが並んでマイルストーンに到達しており、Vista SP1のリリースが遅れた場合は、このパターンから逸脱する形になる。

 Microsoftは2004年、Windows Server 2003のコードをベースとしてVistaの開発をリセットした。Microsoftはそれ以来、単一のコードベースを用いてクライアントソフトとサーバソフトを並行して開発するようになった。

 このため、Windowsデスクトップとサーバ製品はほぼ同時期にリリースされている。例えば、Windows XPとWindows Serverの各64ビット版が製造工程向けにリリースされたのは、Windows Server 2003 SP1のリリースと同時だった。

 Vistaの開発も、Longhornの開発とほぼ足並みがそろっている。2005年12月、MicrosoftはVistaとLonghornの各β版を同時にリリースした。また2006年5月には、同社はOffice 2007、Vista、Longhornの新しい各β版を同時にリリースした。

 ユーザーはLonghornとVista SP1の同時リリースを期待しているようだ。また、Longhorn β3が好評だったこともビッグバンを促す要因となりそうだが、そのためにはVista SP1のリリース準備が整っていることが条件である。

 独ミュンヘンに本社を置くSiemensでActive Directoryを担当するシニアアーキテクトのヨーゲン・オッター氏は、「β3にとても興奮している。Active Directoryの新機能やTerminal Serverの改良が気に入った」と話している。

原文へのリンク

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -