ニュース
» 2007年10月04日 08時43分 公開

9月のスパム動向、金融混乱の便乗メールが増大

Symantecが9月のスパム動向報告書を発表。ニュースに即座に便乗するスパマーの動きを伝えている。

[ITmedia]

 セキュリティ企業Symantecは10月3日、9月のスパム動向報告書を発表した。全電子メールトラフィックに占めるスパムの割合は70%となり、前月比で1ポイント増となっている。

 画像スパムは減少を続け、9月の全スパムに占める割合は前月より3ポイント減って7%にまで低下。代わってテキストとHTMLを使ったスパムが台頭した。

 こうしたスパムでは、スパム対策フィルタをかわすため、無料ホスティングサービスのGeocitiesを悪用したり、HTMLメールでJavaScriptを使ってURLを難読化するなどの手口が採用されているという。

 内容を見ると、金融市場の混乱と米連邦準備理事会(FRB)の利下げに便乗し、住宅ローンや借り換え、実際の住宅などを宣伝するスパムが目に見えて増加した。こうしたケースでは、まず審査が必要と称して個人情報を提供させ、別のスパムなどに悪用する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -