ニュース
» 2007年09月06日 18時04分 公開

8月のスパム動向、PDFスパムが急展開

Symantecの調査によると、PDFスパムが8月中に過去最高と最低レベルを記録した。

[ITmedia]

 米Symantecは9月5日、8月のスパム動向についての報告書をまとめた。メール全体に占めるスパムの割合は月間平均69%となり、前月比で3%上昇。PDFスパムは同月中に過去最高と最低レベルを記録した。

 PDFファイルを添付したスパムは6月に出現し、続いてExcelRARを使ったバージョンも登場。8月上旬までに全スパムの20%をこうしたファイル添付スパムが占めるようになった。しかし、その後急速に衰退し、8月下旬の時点で1%以下にまで減少している。

 グリーティングカードを装ってメールに記載されたリンクをクリックさせ、悪質コンテンツを閲覧させようとするスパムは手口を次々に変え、YouTubeを悪用する手口も現れた。

 中国ドメインの「.cn」を使ったサイトにリンクさせるスパムメールは引き続き増加傾向にある。7月から8月にかけ、.cnの利用は7倍に増えたという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ