ニュース
» 2007年10月18日 17時33分 公開

千葉・船橋駅前が無線LANの“海”に? ――NPO法人が駅前APを構築

NPO法人の情報ステーションは、公衆無線LANサービスのフォン・ジャパンの協力で、千葉県船橋駅周辺に無線LANアクセスポイントを整備する。

[ITmedia]

 NPO法人の情報ステーションは10月18日、コミュニティー型公衆無線LANサービス「FON」を展開するフォン・ジャパンの協力で、千葉県船橋駅前に無線LANアクセスポイントを整備すると発表した。

専用無線LANルータ「La Fonera」(写真は高機能版La Fonera+)

 今回の計画は、フォン・ジャパンからFONサービス専用の無線LANルータ「La Fonera」の無償提供を受けたもの(台数は非公表)。情報ステーションでは、船橋駅周辺の商業施設にLa Foneraを無償で配布し、駅前の広いエリアで公衆無線LANサービスを利用できるようにする。

 まず、年内に30台程度のLa Foneraを配置し、JR船橋駅から「本町通り」にいたる駅南口一帯をカバーする計画。その後は、船橋市観光協会と共同で北口側の整備を進める計画だという。

 国内のFONサービスは昨年12月に開始され、10月16日現在で会員数は約4万590人、アクセスポイント数は約2万2875カ所となっている。

関連キーワード

無線LAN | FON | コミュニティー | Wi-Fi


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -