ニュース
» 2007年10月22日 19時03分 UPDATE

NTT東西、スマートフォンを利用した法人向けVoIPサービスを開始

NTT東西は、法人向けIP電話サービス「ひかり電話ビジネスタイプ」でスマートフォンで利用可能なサービスを新たに開始する。

[ITmedia]

 NTT東日本とNTT西日本は10月22日、法人向けIP電話サービス「ひかり電話ビジネスタイプ」をスマートフォンに対応させると発表した。10月23日から開始する。

 新サービスは、NTTドコモが提供するスマートフォン「hTc Z」(HTC製)に、有償の専用ソフトフォン「モバイルソフトフォン」をインストールして利用できる。これにより、社内では無線LANを経由するモバイル内線端末として利用でき、屋外ではドコモのFOMA網を経由して内線通話ができる。通常の携帯電話端末として外線の発着信やデータ通信も可能。IPビジネスホン「Netcommunity SYSTEM αGX」シリーズの子機にもなるという(一部機種は12月以降に対応)。

nttewvoip.jpg PBX装置など利用しない場合の使用イメージ。(1)オフィス内ではひかり電話ビジネスタイプ端末として発着信、(2)外出先では携帯電話端末として発着信、(3)転送機能により、オフィスへの着信を自動的にhTc Zへ転送可能、(4)データ通信でサーバにアクセス可能

 モバイルソフトフォンの価格は、1ライセンス当たり2万790円(税込み)で、追加ライセンスは1万290円(同)。同ソフトはhTc Zのみで動作する。

関連キーワード

ひかり電話 | スマートフォン | hTc Z | IP電話


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -