ニュース
» 2007年10月31日 18時59分 UPDATE

SPARC版Solaris上のアプリをそのままItanium版Linuxで稼動させる移行ソフト

ネットワールドは10月31日、SPARC版Solaris上のアプリを無修正でItanium版Linuxで稼動させる移行ソフトを発売した。同日発表された「Itanium 9100シリーズ(Montvale)」でも動作確認済みという。

[ITmedia]

 ネットワールドは、Solaris/SPARC上のアプリケーションを一切変更せずにLinux/Intelプラットフォームで稼動させる「QuickTransit for Solaris/SPARC」のItaniumプロセッサ対応製品「QuickTransit for Solaris/SPARC to Linux/Itanium」を10月31日より販売開始する。

 ネットワールドは昨年12月から、同製品シリーズのx86-64アーキテクチャー向けの製品「QuickTransit for Solaris/SPARC to Linux/x86-64」を国内で提供している。今回、完全64ビットCPUへの需要の高まりに応え、新たにItaniumアーキテクチャー向けの「QuickTransit for Solaris/SPARC to Linux/Itanium」を出荷する。本製品は、10月31日にインテルが発表した新しいデュアルコアのItaniumプロセッサ9100番台上でも動作検証を完了しているという。

 「QuickTransit for Solaris/SPARC to Linux/Itanium」は、開発元である米Transitiveのハードウェア仮想化技術「QuickTransit」により、ソースコードやバイナリに一切の変更を加えることなく、Solaris/SPARCアプリケーションをLinux/Itaniumプロセッサベースのサーバで稼動させることが可能。移行先のインテルベースのサーバでは、Solaris/SPARCアプリケーションのすべての機能を移行前と同様に利用できるため、エンドユーザはプラットフォームの違いを意識する必要がなく、またアプリケーションを一切変更しないため、移行後の動作にも影響を及ぼさない。

 販売価格はオープン価格となる。ライセンス体系については、年間ライセンス(次年度以降更新要)、と無期限ライセンスがあり、コア単位ではなくソケット単位でカウントされる。仮想化用のライセンスも用意されるという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -