ニュース
» 2007年12月17日 14時29分 UPDATE

日立ソフト、ログ管理ソフトを使った新サービス

日立ソフトは、米SenSageのログ管理ソフトウェア「SenSage Enterprise Security Analytics」を使用した統合ログ管理ソリューションの提供を始めた。

[ITmedia]

 日立ソフトウェアエンジニアリングは12月17日、従来販売していた米SenSageのログ管理ソフトウェア「SenSage Enterprise Security Analytics」をベースにした統合ログ管理サービスの提供を始めた。今後2年間で30セット、売上30億円を目指す。

 SenSageは、データ圧縮機能を実装し大容量のログデータを長期保管できる。200種類のログ形式に対応するほか、150種類以上のテンプレートによって日本版SOX法などに適応した報告書も作成できる。

 新サービスは、基本サービスとオプションサービスからなる。オプションは、要件定義から運用支援まで顧客の要望に合わせたもので、日立製作所のコンテンツアーカイブ向けストレージ製品「Hitachi Content Archive Platform(HCAP)」との連携も可能になる。HCAPは最大で344Tバイトの容量まで拡張可能で、システム別に分散していた大量のログデータを統合管理できる。

統合ログ管理ソリューション体系 統合ログ管理ソリューション体系(同社サイトから)

 価格は、SenSageが1ノードライセンス当たり1062万円から。基本サービスは単体で200万から300万円程度。

 日立ソフトは今後、情報漏えい防止ソリューション「秘文」などとの連携をオプションサービスに追加する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -