ニュース
» 2008年01月22日 16時10分 UPDATE

NECとIBMが協業 Lotusからワンクリックで電話発信

コミュニケーションサービス分野に注力するNECは、IPテレフォニーサーバとIBMのコミュニケーション製品「Lotus Sametime」の連携を可能にするソフトウェアを発表した。

[ITmedia]

 NECと米IBMは1月22日、コミュニケーション分野で協業した。NECは同社のIPテレフォニーサーバとIBMのリアルタイムコミュニケーション製品「IBM Lotus Sametime 8.0」を連携するソフトウェア「UNIVERGE gateway module for IBM Lotus Sametime」を開発した。同日から日本、北米、ヨーロッパ、オーストラリアで販売を開始し、出荷は4月1日を予定する。

 同製品は、IPテレフォニーサーバ「UNIVERGE SV7000」、IP-PBX「UNIVERGE APEX7600i」「UNIVERGE APEX3600i」に対応する。Lotus Notesと電話機能が連携することで、メールやWeb会議画面上の電話番号からワンクリックで電話発信したり、通話状態を反映したプレゼンス(所在)共有などが可能となる。

 価格は60万円から。NECは新製品を用いたコミュニケーションサービスを今後3年間で1000社への販売を目指す。既にオーストラリアの官公庁で導入が決定している。

 NECは2007年にMicrosoftの統合コミュニケーション製品「Office Communications Server 2007」とテレフォニーサーバーの連携を発表している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -