ニュース
» 2008年01月28日 16時08分 UPDATE

富士通、国内最大級のコンタクトセンターをSAPのソフトで構築

富士通は個人向けパソコン「FMVシリーズ」向けのコンタクトセンターをSAPのソフトウェアを利用して構築したと発表した。

[ITmedia]

 富士通は1月28日、個人向けパソコン「FMVシリーズ」向けのコンタクトセンターをSAPのソフトウェアを利用して構築したと発表した。購入相談、技術相談、修理サービスといった広範囲にわたり顧客を支援する。席数は1400で、国内の製造業では最大級。オペレーターが顧客をサポートし、顧客の声を商品やサービスの開発、ビジネス戦略に反映させる。

 同システムは、富士通のIPテレフォニーシステム「CL5000」をはじめとする製品、サービスとSAPの顧客管理アプリケーション「SAP Customer Relationship Management(SAP CRM)」を組み合わせた。

 分析・レポートツール「SAP NetWeaver Business Intelligence」を導入することで、センターの指標管理の効率化と業務改善に活用する。また顧客の声を、サービスや商品、パソコンビジネスの戦略立案、経営判断に役立てる。

 今後富士通とSAPは、今回の構築実績を基盤に、製造業を中心としたさまざまな企業のコンタクトセンターシステムについて、システムの提案から、構築、運用・サポートを実施していく。

関連キーワード

SAP | 富士通 | CRM | 運用管理 | 製造業 | FMV


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -