ニュース
» 2008年02月20日 17時08分 UPDATE

アンテナハウス、PDF電子署名モジュールをバージョンアップ

アンテナハウスは、PDF文書に電子署名やタイムスタンプを付与できるモジュールの最新版を発売する。

[ITmedia]

 アンテナハウスは2月20日、PDF文書に電子署名やタイムスタンプを付与できる「PDF電子署名モジュール V1.1」を2月末に発売すると発表した。

 最新版となるPDF電子署名モジュール V1.1は、セイコープレシジョンが提供する時刻認証サービスに対応してタイムスタンプの取得・検証が可能となったほか、PFUタイムスタンプおよびアマノタイムサービスに標準対応した。また、米NuanceのPDF電子署名に対応し、アンテナハウスの電子署名と相互運用できるようにした。

 PDF電子署名モジュールは、.NETやJava、C++で作成されたプログラムに組み込むモジュール。Acrobatなどのツールを用いなくてもPDF文書に電子署名やタイムスタンプを付与、検証できる。署名した文書の変更の有無の確認、作成日時の証明ができるようになる。

 価格は、エンドユーザライセンスが15万円、開発者向けライセンスが10万円。対応OSは、Windows 2000/XP/Vista、Windows Server 2003となっている。

関連キーワード

PDF | 運用管理 | 帳票 | 認証


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

あなたにオススメの記事

- PR -

新品より高品質な“中古機器”「第三者保守」のメリットと品質とは?

苦労した点は?実際に導入に携わった情シスに「リアル」な話を聞いてみた

現場の情シスはどう思うか? 生産性を高めるためのデバイス導入のポイント

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -