ニュース
» 2008年03月07日 18時00分 UPDATE

ログオフ情報で勤怠管理 蒼天がクライアントPC管理ソフト新版

蒼天は、管理対象のクライアントPCに常駐ソフトをインストールせずに、稼働やファイルの管理、操作ログの収集ができるソフトウェアの新製品を発売した。

[ITmedia]

 蒼天は3月7日、管理対象のクライアントPCに常駐ソフトをインストールせずに、稼働や資産、ファイルの管理、操作ログの収集ができるソフトウェアの新製品を発売した。

 発売したのはクライアント管理ソフトウェア「LogVillage2.0 v2.010」。PCへのログオンとログオフをログ情報として記録することで、クライアントPCごとの稼働時間の参照およびPCユーザーの勤怠管理ができる。旧バージョンでは、ユーザーがログオフをせずにログイン状態でシャットダウンした場合は、ログオフ情報を記録できなかったが、最新版ではシャットダウン後のログオフ情報も取得できる。

 社外へノートPCを持ち出した場合、社内のネットワークへの再接続時に、外出先でPCをシャットダウンした記録を収集できる。プロセス情報も取得しており、WindowsOSの主要プロセスの起動時間もログ化する。PCのスタンバイや休止モードにおいても、稼働時間を把握できるようになった。

 価格は42万5000円(税抜き)から。

関連キーワード

ノートPC


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ