ニュース
» 2008年03月11日 22時04分 UPDATE

日本ビジネスオブジェクツ、BIの機能を統合した最新プラットフォームを発表

日本ビジネスオブジェクツは3月11日、BIプラットフォームの最新版「BusinessObjects XI 3.0」を発表した。

[ITmedia]

 独SAP傘下の日本ビジネスオブジェクツは3月11日、BIプラットフォームの最新版「BusinessObjects XI 3.0」を発表した。

 BusinessObjects XI 3.0は、レポーティング、クエリー/分析、ダッシュボードによる可視化、高度な予測分析などBIに必要とされる機能を単一プラットフォームに統合した。モバイル機能も強化し、オンライン、オフラインに関らず安全な環境でデータにアクセスできるようになる。

shBo.jpg BusinessObjects XI 3.0のイメージ

 データを物理的に統合する機能「BusinessObjects Data Integrator」、データクオリティの管理および向上機能「BusinessObjects Data Quality」も統合し、情報の活用性を高めた。

 統合したのはレポーティングツール「Crystal Reports 2008」、SAP環境および非SAP環境でクエリー、レポーティング/分析機能を提供する「Web Intelligence」、ポイント&クリック操作でデータを対話型ダッシュボードとして共有化できる「Xcelsius 2008」、検索機能とBIを組み合わせた「Polestar」など。その他「BI Widgets」「Voyager」「Mobile」「Live Office」「Dashboard Builder」も含まれる。

 BusinessObjects XI 3.0は、2008年第2四半期(4〜6月)に出荷開始予定。BusinessObjects XI 3.0 MobileとBusinessObjects XI 3.0 Polestarは、2008年後半に出荷を開始する。

関連キーワード

BI | SAP | 検索


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -