ニュース
» 2007年12月12日 19時46分 公開

レポーティングツールの世界標準、ビジネスオブジェクツが最新版を出荷開始

日本ビジネスオブジェクツは12月12日、レポーティングツール「Crystal Reports 2008」の出荷開始を発表した。

[柿沼雄一郎,ITmedia]

 日本ビジネスオブジェクツは12月12日、同社が販売するレポーティングツールの最新版となる「Crystal Reports 2008」の出荷開始を発表した。

 Crystal Reportsは、ビジネスインテリジェンス(BI)におけるデータのリポーティングを行うアプリケーション。全世界で1500万ライセンスの出荷実績を持ち、レポーティングツールとしては標準とも認知されるほどの市場シェアを持っている。

 今回のCrystal Reports 2008では、主にレポートの視覚的な訴求力の改善と、作成および配布に関する機能強化が図られた。訴求力の面では、Adobe Flashオブジェクト(SWFファイル)をレポート内に埋め込むことが可能となり、動的なコンテンツによる訴求力の向上が期待できる。また、同社のビジュアル分析ツール「Crystal Xcelsius」によって作成されたFlashオブジェクトを埋め込むことで、データを動的に変化させながら予測を行うといったことが可能。

Xcelsiusによって作成されたFlashオブジェクトがレポートに埋め込まれている。2つの丸いメーターの下にあるスライダーを左右に動かすことで丸いメーターの数値が変化し、予測分析を行うことができる

 作成および配布における機能強化では、対話型によるパラメータ/フィルタ機能がある。データの並べ替えや絞り込みの際に利用するパラメータ設定を、データベースへの接続といった手順を踏まずにレポート画面上から行うことができるため、迅速な情報検索が可能。また、一つのレポートで複数の表示パターンを作ることができるため、切り口ごとにいくつもレポートを作成しなければならないといった無駄な時間の短縮もできる。

 XSLTスタイルシートを利用したXMLエクスポート機能によって、さまざまな業界標準あるいはアプリケーションに沿ったXML出力が可能となり、データ利用の幅を広げることもできるようになる。

 ほかにも各国語対応をはじめ、Code39のバーコードフォント内蔵によるバーコード表示や、作成したレポートを同社の企業向けホスティングサービス「CrystalReports.com」へ直接パブリッシュする機能など多くの改良が加えられており、レポートの作成者と利用者の双方への支援が図られている。

 価格は、新規ライセンスが89500円、旧バージョンからのアップグレードが47500円(いずれも税別)。日本ビジネスオブジェクツでは、Crystal Reports 2008の発売に合わせて発売キャンペーンを行う。評価版をダウンロードすると抽選でギフト券が当たるなどの特典がある。詳しくは同社のWebサイトにて。

 なお同社では、Sierなどのパートナーおよび開発者に向けて、情報提供やトレーニングなどの各種サポートを拡充していくことも発表している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -