ニュース
» 2008年03月13日 17時32分 UPDATE

日本IBM、アプリのマッシュアップを安全にする技術を開発

日本IBMは、米IBMのWatson Research Centerと共同で異なるWebアプリケーションの合成を安全にする技術を開発した。

[ITmedia]

 日本IBMは3月13日、異なるWebアプリケーションの合成(マッシュアップ)を安全にする技術「SMash」を、同社東京基礎研究所と米IBMのWatson Research Centerが共同開発したと発表した。

 同技術は、各アプリケーション提供元からのコードとデータを分離することで、ブラウザ上でのマッシュアップの安全性を確保する。さらに安全な通信経路を経由してデータの共有を可能にするものだという。SMashの名称は、「Secure Mashup」の略語。これにより、Webアプリケーションコンポーネントの独立性を保ちつつ、相互に情報を交換できるようにすることで、悪意のあるプログラムが企業システムに入り込めないようになるという。

 同社では、SMas技術を米OpenAjax Allianceに寄贈するとともに、今夏までにリリース予定の「Lotus Mashups」にもSMash技術を採用する。技術の詳細は、4月に北京で開催される国際WWW会議で発表するとしている。

関連キーワード

IBM | マッシュアップ | Web2.0 | Lotus


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -