ニュース
» 2008年03月26日 09時01分 UPDATE

音楽SNSのimeem、アプリ作成用プラットフォームを公開

OpenSocialパートナーのimeemが、独自のアプリ開発プラットフォームを無料公開した。

[ITmedia]

 音楽ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の米imeemは3月24日、アプリケーション開発プラットフォーム「imeem Media Platform」の無償公開を発表した。外部の開発者が同社サービス向けのアプリケーションを自由に開発できるようにしたもので、WebサービスAPIとクライアントライブラリからなる。

imeem

 このプラットフォームにより、開発者は4大レーベルと契約しているimeemの音楽ライブラリと2400万人のimeemメンバーのプロフィール、imeemの音楽プレーヤーや検索機能などを利用して独自のアプリケーションを作成できる。

 またimeem向けアプリケーションの開発、動作確認、デバッグが行える「Sandbox Environment」を開発者向けに公開した。

 OpenSocialイニシアチブの創立パートナーであるimeemは、数カ月以内にOpenSocialへの対応を開始する予定だ。これにより開発者は、ほかのOpenSocial対応プラットフォーム向けに開発したアプリケーションをimeemに移植したり、imeemの機能やメディアライブラリを活用してアプリケーションの機能を拡張することが可能になる。

関連キーワード

SNS | OpenSocial | P2P | 音楽配信


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -