ニュース
» 2008年04月15日 13時02分 UPDATE

日本HP、製品とサービスをWindows Server 2008へ対応

日本HPは、HP ProLiantサーバやシステム構築などのサービスをWindows Server 2008に対応させる。

[ITmedia]

 日本ヒューレット・パッカードは4月15日、マイクロソフトのWindows Server 2008の発売に合わせ、同社のサーバやストレージ製品群と各種サービスを対応させると発表した。

 Windows Server 2008に対応するのは、x86サーバ「HP ProLiant」シリーズ、インテル Itaniumプロセッサ搭載サーバ「HP Integrity」シリーズ、「HP StorageWorks」シリーズ。Windows Server 2008向けのシステム構築サービスも提供し、今後は保守や導入支援サービスも実施する予定としている。

 また、HP ProLiantにWindows Server 2008を同梱した「HP ProLiant Windows OSバンドルモデル」なども発売した。価格は、「ML310 G5」モデルの場合で20万7900円から、「ML350 G5」モデルが33万6000円から、「DL360 G5」モデルが36万2250円からで、5月下旬に出荷する。また、プリインストールモデルを5月下旬からオンラインショップ「HP Directplus」で発売する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -