ニュース
» 2008年04月21日 21時00分 UPDATE

日本通信が携帯向けVoIPサービスを提供、通話料金の低廉化に期待

NTTドコモのFOMA網を利用して、携帯電話でIP電話が利用できるようにする。

[ITmedia]

 日本通信は4月21日、今年第2四半期(7〜9月)中に携帯電話向けVoIPサービスを開始する予定だと発表した。

 同社では、NTTドコモとレイヤ3での相互接続で合意しており、準備が完了次第、ドコモの設備を利用し、携帯電話端末で「050」電話番号が利用できるVoIPサービスを始める。サービスの詳細は未定。

 また、レイヤ2による相互接続についても準備を進めており、2009年度中に多彩なアプリケーションが利用できるサービスを計画しているという。

 同社では、「VoIPサービスにより、携帯電話で低廉な通話料金を提供できる」と説明している。

関連キーワード

日本通信 | NTTドコモ | VoIP | IP電話 | レイヤ2 | レイヤ3


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -