ニュース
» 2008年04月24日 13時47分 UPDATE

日立電サ、ネットワーク機器監視ソフトをSSH対応に

セキュリティ要求の高い顧客向けに「Configvisor」へSSH対応機能を追加した。

[ITmedia]

 日立電子サービスは、SSHに対応したネットワーク機器のコンフィギュレーション管理ソフト「Configvisor」の提供を4月23日から開始した。

 Configvisorでは、設定情報やパスワードの自動収集、設定情報の世代管理、変更通知、履歴参照などの機能を利用できる。従来はソフトとネットワーク間でデータを暗号化せずに伝送していたが、セキュリティを要求する顧客ニーズに対応し、SSHを利用した暗号化通信をできるようにした。

 価格は、50ノードとパスワード変更オプション付きの場合で180万円(ソフトウェアライセンス)から。サポート費が年間27万円から。別途、構築サポート費が必要になる。初年度に3000ノードの販売を見込む。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ