レビュー
» 2008年05月01日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:内部統制のためのセキュリティ管理に求められるもの

内部統制では、IT全般統制にかかわる定期的な監査が求められるが、その作業には負荷やコストが掛かることが課題である。そこで、監査作業を自動化したりPCにセキュリティポリシーを適用する方法について紹介する。

[PR/ITmedia]

 この4月より金融商品取引法(日本版SOX法)の実運用が始まり、企業は財務報告にかかわる内部統制に関して報告や監査が義務付けられた。内部統制の監査では、業務手続きの中のIT全般統制を含む内部統制手続きが有効に運用されているかどうかがポイントになる。

 それに伴い、企業はIT全般統制にかかわるチェックや監査を内部で定期的に実施する必要が出てきた。従って、今度はその作業に掛かる負荷・時間・コストの課題に直面することが予想される。

 こうした課題を解決すべく、本書ではセキュリティポリシー監査ツールの活用による監査作業の自動化、そして、クライアントPCに対して厳格なセキュリティポリシーを適用する仕組みについて紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、700点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -