ニュース
» 2008年05月02日 08時00分 UPDATE

Akamai、ダウンロード管理ツールの脆弱性に対処

Akamai Download Managerに深刻な脆弱性が見つかった。

[ITmedia]

 コンテンツ配信サービスのAkamaiは、ファイルダウンロード管理ツール「Akamai Download Manager」に深刻な脆弱性が発見されたとして、この脆弱性に対処するパッチを公開した。

 セキュリティ企業Secuniaのアドバイザリーによれば、攻撃者がこの脆弱性を悪用すると、ユーザーに悪質なサイトを閲覧させ、悪質なプログラムをユーザーのシステムにダウンロードさせたり、実行したりできるようになるため、ユーザーのシステムが乗っ取られる恐れがある。

 Akamaiは、バージョン2.2.3.5でこの問題に対処した。それよりも前のバージョンに脆弱性が存在している。リスクレベルは5段階で上から2番目に高い「Highly critical」となっている。

関連キーワード

Akamai(アカマイ) | 脆弱性 | CDN


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -