ニュース
» 2007年07月20日 20時33分 公開

コンテンツの配信、管理、分析をワンストップ化した次世代CDNサービス――アカマイ

アカマイは、CDN(コンテンツ配信ネットワーク)上でリッチコンテンツの配信、管理、分析を一括で行うサービスを日本で初めて提供すると発表した。

[藤村能光,ITmedia]

 アカマイは7月20日、CDN(コンテンツ配信ネットワーク)上でリッチコンテンツの配信、管理、分析を一括で行うサービスを日本で初めて提供すると発表した。同社は、複数のキャッシュサーバにコンテンツを置き、負荷を分散させて効率的にコンテンツの高速配信を行うCDNサービスを行っているが、今回新たにコンテンツ管理に対応した「Stream OS」と配信結果を分析する「Download Manager」の機能を追加した。

 アカマイの小俣修一代表取締役社長は「今までリッチコンテンツの配信で成果を上げてきたが、新たに管理と分析機能を取り入れることで、CDNサービスの新たな一面を構築できた。企業はコンテンツ配信の戦略をデータ面から立てることができ、エンドユーザーにとって良質な配信を可能にする」とCDNビジネスの新たな側面とサービスの特徴について説明した。

image 「今回の取り組みにより、アカマイはコンテンツ配信の問題をワンストップで解決する次世代型のCDNサービスを提供する」とアカマイの小俣氏

 Stream OSはアカマイのネットワーク上でストリーミングやメディアの作成、発行などをWebベースで行うリッチメディア管理スイートツール。FlashやWindows Media Player、携帯電話のデバイスなどさまざまなフォーマットのコンテンツを管理し、各企業が所有するデジタル資産の運用を可能にするフレームワークを提供する。従来Excelシートなどを用いた手作業が主流だった管理を自動化した。現在世界で約250社が導入している。

 Download Managerは、インターネット上で配信されたコンテンツを結果分析するコンポーネント。ユーザーがコンテンツをどういう経路でダウンロードしたか、コンテンツがどの地域で利用されたか、コンテンツがどれだけ途切れることなく配信できたなど、コンテンツの利用状況を分析した結果を提供する。

 同社はこれらの機能を一括したCDNサービスを日本で初めて提供する。日本ではブロードバンド普及率が高く、コンテンツをオンライン上で視聴する人の数が急増していること、また携帯電話やWii、PS3などのオンラインゲーム機器が普及し、多くのコンテンツが場所や時間、機器を問わず利用されていること、また日本初のアニメーションやゲームなど、世界が注目する極めて質の高いリッチコンテンツが日本に数多く存在するなどが背景にあるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -