ニュース
» 2008年05月08日 17時42分 UPDATE

PAN Managerソフトウェアを採用:米Dell、Egeneraの技術でサーバ仮想化を強化

米Dellはサーバ仮想化関連の製品とサービスを大幅に強化する発表を行った。

[三木泉,@IT]

 米Dellは5月7日(米国時間)、サーバ仮想化関連の製品とサービスを大幅に強化する発表を行った。仮想化に最適化したサーバの新機種やサイジング、導入支援サービスの拡充などに加えて明らかにされた興味深い動きがEgeneraの技術の採用だ。

 DellはEgeneraのPAN Managerソフトウェアを「PowerEdge 1950」「PowerEdge 2950」上で動かし、これをDell|EMCブランドのストレージ、シトリックスのXenServerと組み合わせたターンキーのサーバ仮想化支援システムを提供するという。このサーバ仮想化支援システムを一般的なサーバ機と併用することで、仮想サーバ運用の自動化と可用性の向上を実現する。

 EgeneraのPAN Managerソフトウェアは、同社の仮想化サーバシステム「BladeFrame」を支える技術。ネットワークI/OやストレージI/Oを仮想化し、仮想サーバと関連付けた構成情報を管理する。これによって例えば、ある仮想サーバがダウンした場合でも、この仮想サーバのネットワークやストレージの設定を引き継いで、別の仮想サーバを自動的に立ち上げることができる。

 Egeneraは2007年秋に、このソフトウェアをほかのサーバベンダにライセンス提供する方針を明らかにしていた。いままでに富士通シーメンスとDellの2社がライセンス契約を結んでいる。

 標準コンポーネントによるITを旗印にしているDellだが、最近ではストレージ・ベンダのEqualLogicを買収するなど、標準をサポートしながらも特色のある製品の提供に力を入れている。今回のEgeneraの採用も、こうした動きの一環といえそうだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -