レビュー
» 2008年05月09日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:地上回線のバックアップにも使える「衛星」ブロードバンドサービス!

山間部や離島でのブロードバンド接続をあきらめてはいないだろうか? 衛星を経由してインターネット環境の充実や災害時の迅速な対応を可能にするサービスを紹介する。

[PR/ITmedia]

 双方向衛星ブロードバンドサービス「SPACE IP」は、JSAT保有の静止衛星(JCSAT-5A)を利用し、日本国内のどこにおいても双方向の高速インターネット接続およびVPN接続を可能にする法人向けサービスだ。山間・離島などブロードバンド環境が未整備のエリアでのインターネット通信だけでなく、工事現場から社内LANへのアクセス、ダムの遠隔監視、地上回線が利用できない場所からの遠隔医療、TV会議/電話など、さまざまなシーンに対応する。

 さらに、昨今重要視されるようになったBCP(business continuity plan)という観点から、自然災害、ネットワーク障害発生時のバックアップネットワーク回線としても利用できる。衛星自動捕捉アンテナのサテライトキャッチャーをセットで利用すれば、機動性、利便性をより増すことも可能だ。本ホワイトペーパーでは、システム構成を説明するとともに、事例を紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、700点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -